初心者におすすめ、投資信託の選び方がわからない時のヒント

カメでもわかる投資塾

先生

投資信託をきっかけとして資産運用を始める人は多いです。

しかし、2,000本を越える投資信託の商品が出回る中で、どれを選べば良いのかさっぱりわからないという方も多いと思います。

資産運用の世界では、正しい知識を持っておかなければ儲かるばかりか逆に損をしてしまうような商品も存在します

この記事は投資歴の長い管理人が中立的な立場で、初心者が投信を選ぶ際のヒントをまとめます。

証券会社には相談するな

ポートフォリオ

まず最初に一番大切なことを書きますが、正しい資産運用をしようと思ったら「証券会社には相談してはならない」と私は思っています。

相談のできる証券会社とは、名前の知られた業界大手の証券会社のことで、いわゆる対面証券と呼ばれる会社です。

こうした会社は、コンサルタントと名乗る営業チームがいます。

資産運用のセミナーなどに参加したり、口座開設をして大きなお金を入金すると、その情報を元にして営業マンが自宅に訪問してくれることも少なくありません。

しかし、証券会社の営業マンは「自社の商品を販売して営業成績を伸ばすことが目的」なので顧客目線ではなく、その時証券会社が売りたい(証券会社にとって手数料の大きい)投資信託をすすめてきます。

中には、「本当にお客さまのためを思って営業したい」という人もいるかもしれませんが、そういう人は証券会社では生き残るのが難しいというのが事実です。

私も証券会社の営業とは何度も話をしたことがありますが、彼らは投資について特に深い知識を持っているわけではなく、あくまでもビジネスとして商品を売るための「営業マン」であることを頭に入れておくべきです。

当然、自分たちの利益が優先されるので、中立的な資産運用のコンサルティングなどは期待できません。

年収1億円の保険レディが存在する理由

保険レディ

業界は変わりますが、似たような話が1つあります。

生命保険の営業は、通称「保険レディ」と呼ばれる人が行っているのですが、中には年収1億円を稼ぎ出す保険レディも存在すると言われています。

ここで問題になるのが、「保険レディが手にする1億円の年収はどこから生まれているのか?」ということです。

彼女たちはたいてい成果報酬で働いているので、保険レディの収入は顧客が支払う保険料で成り立っています。

私たち顧客の話を親身になって聞き、良い商品を提供しているように見えて、実は大きな収入を得ているというのが金融業界です。

なぜ、銀行、証券、保険などの金融業界で働く人達の年収が高いのか。それは紛れもなく顧客から多くの手数料を獲得しているからです。

ただ、証券会社の営業担当にお任せしてお金を預ければ簡単にお金が増える、そんな甘い話があるわけないのですが、多くの人が資産運用の方法に困ったら、証券会社の言いなりになって大切なお金を失ってしまうという事例があとを絶ちません。

これは、正しい資産運用の知識を身につけるうえでまず最初に知っておきたい大切なポイントです。

ロボアドバイザーを活用する

ロボアドバイザー

どの投資信託を選んで良いのかわからない方は、ロボアドバイザーを活用することをおすすめします。

ロボアドバイザーには大きく

  • 無料で使えて自社が取扱う投信を紹介する
  • 運用を自動で行う有料のロボアドバイザー

という2つのタイプがあります。

無料で使えて自社が取扱う投信を紹介
投信工房、SBI-ファンドロボ、PORTSTAR(ポートスター)、FUND MEなど。

運用を自動で行う有料のロボアドバイザー
楽ラップ(楽天証券)ウェルスナビ、テオ、MSV LIFEなど。

まったくわからないから手っ取り早くお任せで資産運用したいという方には、ウェルスナビやテオといったロボアドバイザーがおすすめです。

テオやウェルスナビは、年率1%の手数料を支払うだけで、海外の低コストETFに投資をするため、バランスの取れた世界分散投資で堅実な資産運用が可能となっているサービスです。

自分で投資信託を選びたい方は、無料で使えるロボアドバイザーツールがおすすめです。

松井証券の投信工房は、低コスト投資信託のラインナップが豊富で、資産運用の方針決定から見直しまでをトータルでサポートしてくれるので使いやすいです。ただ、取り扱っている投資信託の種類が少ないのがネックです。

無料で手軽に使えて、自分にあった投資信託を幅広いラインナップから選べるのは、SBI証券の「SBI-ファンドロボ」やカブドットコム証券の「FUND ME」です。

これらはいずれも無料で利用できるので、試しに使ってみることをおすすめします。

一方で、三菱UFJ国際投信が提供する「PORTSTAR(ポートスター)」や、みずほ銀行のロボアドバイザー「SMART FOLIO(スマートフォリオ)」は、あくまでも自社商品の範囲内で最適なものを選び出すツールなので、使い勝手はよくありません。

もし無料のロボアドバイザーを使うなら、幅広いナインナップから中立的な立場で最適な投資信託を選んでくれる、SBI証券またはカブドットコム証券のものが良いと思います。

低コストなバランス型投信を選ぶ

投資

投資信託の中で1本選ぶとすれば、「バランス型投信」と呼ばれている、さまざまな資産を投資対象とした投資信託を購入することをおすすめします。

投資信託を選ぶ上では、購入時手数料だけでなく「信託報酬」が安いものを選択した方が、長期的な運用成果が高まります。

中でも多くの投信ブロガーが注目しているのが大和投資信託の「iFree 8資産バランス」という商品です。

大和投資信託のiFreeシリーズはこれまでの常識を覆す低コストなインデックスファンドで評判です。

iFree 8資産バランスとは?

8バランス

iFree 8資産バランスは、値動きが違う8つの資産にバランス良く分散投資を行うタイプの投資信託です。

「iFree 8資産バランス」を1本買っておくだけで、

  • 国内株式
  • 先進国株式
  • 新興国株式
  • 国内債券
  • 先進国債券
  • 新興国債券
  • 国内リート
  • 海外リート

にバランス良く国際分散投資ができるように設計されています。

気になるのが手数料がどれくらいかかるのかということですが、iFreeシリーズは業界屈指の低コストファンドなので、

購入時手数料:0円(ノーロード)
信託報酬:年率0.23%(税抜)
信託財産留保額(解約手数料):0円

となっています。
このうち最も重要なのは「信託報酬」ですが、他の同じ種類の投資信託と比較しても、iFree 8資産バランスよりも低い信託報酬を提示しているファンドはないと思います。(記事執筆時点)

信託報酬の中には販売会社の手数料が含まれています。顧客目線に立って設計されたiFreeシリーズは、販売会社の手数料が大きく抑えられているのが特徴です。

証券会社や銀行の営業マンから投資信託をおすすめされた場合、信託報酬を確認してください。まず間違いなく、上記の手数料よりも高コストであり、顧客が支払うその高いコストは、すべて営業マンの利益になっているわけです。

iFreeシリーズはネット証券でしか買えない

iFree

多くの投信ブロガーから高い評価を得ている投資信託「iFreeシリーズ」は、残念ながらネット証券でしか取扱がありません

対面営業を中心とした大手証券会社は、こうした商品を販売しても儲からないので、取り扱わないのです。

iFreeシリーズを購入できる証券会社は以下の通りです。

その他、銀行では静岡銀行だけがiFreeシリーズの投資信託を販売しています。

上記の中では、投資信託の取扱本数が最も多いSBI証券が個人的にはおすすめです。SBI証券は常時2,000本以上の投資信託を取り扱っています。

SBI証券の公式サイトはこちら

続いては、「証券マンがおすすめするファンドラップの評判を信じて買って良いのか」です。