ロボアドバイザー比較、ファンドラップより低コストで確実な資産運用を実現

カメでもわかる投資塾

ロボアドバイザー

投資の知識は一切不要、最先端のAIがあなたの代わりに資産運用をしてくれる。

そんな夢のようなサービスが現実になりつつあります。

最近、ロボアドバイザーが話題となっており、証券会社や銀行がこの分野に積極的に参入しています。

これまでにも、特定のプログラムを動作させる自動売買や、ロボットによるアドバイスを活用したヘッジファンドの存在は確認されていました。

しかし、人工知能(AI)の発達により、近い将来これまでの自動売買とは比べ物にならないほど、ロボットが賢くなることが期待されています。

なぜロボアドバイザーが注目されるのか、メリットとは?

データーセンター

ロボアドバイザーのメリットはズバリ「コストダウンが期待できるから」です。

ロボアドバイザーが注目されている理由には、「ファンドラップ(ラップ口座)」の人気化と、人工知能の発展による「フィンテック(ファイナンス+IT)」の注目があります。

このうち、人工知能によるフィンテックの人気化は技術的な発展が大きいです。

一方で、ファンドラップは資産運用の新しい形として、証券業界全体で盛り上がりを見せています。

投資家の運用方針は様々で、リスクを取って資産を増やしたい若者もいれば、退職金を低リスクで運用して年金の足しにしたいと考えるお年寄りもいます。彼らはリスク許容度、運用方針がまったく異なっています。

こうした、投資家によって運用方法を変えていく「オーダーメイド型の投資」は、これまでは一部の富裕層向けのサービスとなっていました。この「オーダーメイド型の投資」を一般投資家向けに開放したのが「ファンドラップ」です。

投資一任契約であるファンドラップなら、忙しい方・投資の知識がない方でも、個別に最適なポートフォリオを作ってくれます。また、状況に応じて売買も行い、保有資産のバランスを自動的に保ってくれるメリットがあります。

しかし、ファンドラップには以前からコストが高すぎることが問題視されていました。

投資信託の手数料(信託報酬)に加えて、ファンドラップのアドバイザリー費用が2重のコストとしてかかってくるからです。

アドバイスをロボットが行うことで低コスト化を実現

お金が増える

ロボアドバイザーは、それぞれの投資方針や過去のデータにもとづいて、

  • 最適な投資先の選択
  • 最適な資産バランスを保つ売買

をおこなってくれます。
ロボットがこれらの作業を行ってくれることで、これまで人の手でオーダーメイドしていたファンドラップよりも、より低コストで柔軟な運用が可能となります。

「ロボットに任せて本当に大丈夫なのか?」という信頼に対する不安はありますが、コスト面では確実にロボアドバイザーが勝ります。

こうした理由から、ロボアドバイザーへの注目が高まっています。

ロボアドバイザーの比較

話題となっているロボアドバイザーの特徴をまとめてみます。

ロボアドバイザーの費用は大きく2つあります。

運用手数料(年率)
サービス利用手数料となります。ロボアドバイザーは、為替手数料、売買手数料、口座管理料、外国諸費用等などは無料であることがほとんどです。すべて運用手数料に含まれているので、気にする必要はありません。

信託報酬(年率)
投資対象が投資信託の場合は、それぞれの投資信託が徴収する信託報酬(運用管理費用)がかかります。

また、投資対象をETFに限定しているロボアドバイザーであっても、間接的にETFの信託報酬がかかることになります。ETFの信託報酬は株価(購入価格)に組み込まれており、それが反映された形で市場価格が形成されています。

上記2つを合計したものを、当サイトでは「トータルコスト」と呼んでいます。

楽ラップ

楽ラップ

運用手数料:0.702%未満(年率)
トータルコスト:0.99%未満(年率)
投資対象となるファンド・ETF:15種類
特徴:投資対象となる投資信託においても低コストなものをセレクト

楽天証券が提供するロボアドサービス。ネット証券としては業界で一番最初にサービスをリリースしました。

ネット証券ならではの「低コスト」、「小額からの運用」の2大メリットを提供しています。

楽ラップは「質問に答えるだけ」で誰でも簡単に的確な運用ができることをウリにしています。質問に答えていくだけで、ロボットが最適な資産を構成し、状況に応じて自動売買してくれます。

運用状況はスマホやPCでいつでも確認することができます。

楽ラップは「限界まで引き下げた低コスト運用」ができることで評判です。楽天証券では「コミコミで手数料1%未満」を方針として開示しており、これはこれまでのファンドラップやロボアドバイザーの中でも大きな衝撃となっています。

ロボアドバイザーによって、運用助言の低コストが進んだことはもちろんですが、楽天証券はそこからさらにもう一歩踏み込み、投資対象となる投資信託を低コストなものに限定することを実現しています。

この方針によって、楽ラップの手数料はトータルで最大0.99%となっています。

低コストで人気の「たわらノーロード」シリーズなどが投資対象としてラインナップされていることからも、楽天証券のロボアドバイザーに対する本気が伺えます。

多くのロボアドバイザーは投資対象をETFに限定しています。しかし、楽ラップはインデックスファンドを投資対象にしている部分で他社と大きく異なります。

一般的にはインデックスファンドよりもETFの方がコストが低いと言われていますが、楽ラップのトータルコストを見れば、すでにその常識は覆されていることは明らかです。

楽天証券のデータによると、楽ラップを利用している人の57%が30代・40代の投資家で、特に40代の方に人気です。その中でも、楽ラップで初めて資産運用デビューするという人の利用率が高くなっています。(記事執筆時点)

初めての方にもやさしい楽ラップは、運用資産10万円からの利用が可能となっており、これまでのファンドラップとは比べ物にならないほど小額から資産運用をスタートできます。

楽ラップの利用には、楽天証券の口座開設(無料)が必要です。利用前でも、無料診断ができます。

THEO(テオ)

THEO(テオ)

運用手数料:1.0%(年率)
トータルコスト:運用手数料の1.0%+別途ETFの委託手数料(年率)
投資対象となるファンド・ETF:35~45種類
特徴:世界への分散投資ができるのが強み

数あるロボアドバイザーの中でも、最も開発が進んでいると言われているのが、THEO(テオ)です。

「お金のデザイン」というベンチャー企業が展開しているTHEOは、投資対象を様々な資産に分散し、そして世界中のETFを投資対象としています。例えば、THEOなら世界中の株式、債券、不動産などに分散投資が行えます。

楽天証券の楽ラップに近いサービスで、投資経験がなくても質問に答えるだけで最適なポートフォリオを構築してくれるというもの。また、状況に応じて自動的に売買を行い、資産バランスを保ってくれるという点も同じです。

THEOが投資対象とするのは「海外のETF」であり、現在は国内のETFは投資対象外となっています。つまり、THEOを利用する場合、海外に限定して分散投資を行うことになります。この点は楽ラップと大きく違います

投資対象をETFに限定しているため、大きな失敗をする可能性は低く、比較的安定的な運用が行えます。

35~45銘柄の世界の様々な種類のETFを投資対象としている豊富さから、THEOが提案できるポートフォリオは231種類にもおよびます。この数は他のロボアドバイザーと比較しても圧倒的No.1です。

構築できるポートフォリオの種類を考えると、THEOは本当の意味で「オーダーメイド型の資産運用サービス」と言えます。

手数料は運用資産の1.0%(年率)となりますが、運用資産が3,000万円以上の部分については半額の0.5%となります。ちなみに、運用報酬1.0%+ETFの手数料(信託報酬)が間接的にかかるので、コスト比較をすると楽ラップが上回ります。

MSV LIFE

MSV LIFE

運用手数料:0.648%(年率)
トータルコスト:0.99%未満(年率)
投資対象となるファンド・ETF:6,000種類
特徴:1万円の小額からロボアドバイザーによる資産運用ができる

MSV LIFEはマネックス・セゾン・バンガード投資顧問が提供しているロボアドバイザーです。

ネット証券大手のマネックス証券、独立系のセゾン投信、そして低コストETFとして世界的にも有名な「バンガード」の3社による投資顧問会社のサービスということで、注目を集めています。

MSV LIFEの最大の特徴は最低投資額1万円からスタートできるロボアドバイザーであることです。これまで一部の富裕層に限定されていた投資一任サービスが1万円から受けられることは、もはや価格破壊の領域と言って良いと思います。

MSV LIFEの運用スタイルは「資産形成の目標を設定し、その目標の達成を目指す運用をする」というもの。「ためる」「たのしむ」「そなえる」の3つの運用スタイルから、目標となる資産額を設定します。

その上で、MSV LIFEが自動的に目標設定した資産に到達できるよう、運用を行ってくれます。私たち投資家は、目標達成率の推移を確認しながら資金計画の見直しをしができるようになっています。

投資対象はETFに限定しており、これはTHEOと同じです。具体的にどのようなETFに投資をするかは開示されておらず、ザックリと「流動性が高く、経費率や信託報酬率が低く、分散効果の高いETF」に対して投資が行われます。

また、MSV LIFEはロボアドバイザーの紹介で取り上げられることが多いのですが、実際の運用をロボットや人工知能が行っているわけではないようです。

気になる手数料は、ETFの委託手数料(信託報酬等)といった間接的なコストも含めて、0.99%未満(年率)となっています。楽ラップと同じく非常に低コストでの運用が可能です。

投資対象は国内外のETF6,000種類となっており、ポートフォリオに関してはその中から分散効果の高いETFを200銘柄程度を抽出し、運用を行います。

MSV LIFEは様々な金融機関と提携し商品の提供を行う方針ですが、提携金融機関として最もメインとなるのはマネックス証券です。

WealthNavi(ウェルスナビ)

WealthNavi(ウェルスナビ)

運用手数料:1.0%(年率)
トータルコスト:運用手数料の1.0%+別途ETFの委託手数料(年率)
投資対象となるファンド・ETF:10,000種類
特徴:最低100万円からのスタートとなっており敷居は高め

ロボアドバイザーTHEOのライバルとなるのが、WealthNavi(ウェルスナビ)の存在です。

THEOと同じく2015年に立ち上げられたベンチャー企業であり、世界のETFに限定して投資するという点も同じです。

ベンチャー企業と言っても、三井住友・みずほ・三菱UFJなどの大手金融機関系のベンチャーキャピタルが出資しているので、信頼できる会社です。

ウェルスナビがTHEOと大きく違う部分は、最低投資額が100万円と他のロボアドバイザーと比較して敷居が高いことです。ウェルスナビの独自機能「デタックス(DeTAX)」などを見ても、ある程度資産のある方向けの運用サービスという印象です。

デタックス(DeTAX)とは、ウェルスナビから得られた確定損益や配当によって税金が発生することが予想される場合、保有しているポートフォリオの含み損を確定させる(損出し)ことで利益との相殺を図り、税負担を軽減する機能です。

また、ウェルスナビの面白い機能として、ロボアドバイザーに任せながらも投資の知識が身につくメリットがあります。

ロボアドバイザーを検討している投資家は、これまで一度も投資経験のない方や、資産運用の知識のない方が少なくありません。

しかし、ウェルスナビでは定期的に保有しているETFに組み入れられている企業の情報や、マーケットの情報を知識としてわかりやすく提供してくれます。

実際の運用はロボットにお任せしながらも、運用報告と合わせてお金の勉強にもなる、これがウェルスナビの強みです。

世界のETFに分散投資し、運用状況に合わせて自動的に資産のバランスを整える売買も行ってくれます。

手数料も運用資産の1.0%(年率)(運用資産3,000万円超の部分は年率0.5%)となっており、THEOと同じです。こちらもTHEOと同じですが、年率1.0%の手数料に加えて、ETFの委託手数料(信託報酬)が間接的に発生するので、トータルコストはもう少し高めとなります。

投信工房

投信工房

運用手数料:0円
トータルコスト:松井証券が取扱う投資信託の信託報酬等に準ずる
投資対象となるファンド・ETF:松井証券が扱う投資信託
特徴:利用料0円で運用期間中のアドバイスも行う

松井証券は長らく投資信託の販売を休止していましたが、ロボアドバイザー「投信工房」のリリースをきっかけに、投信販売を再開しました。

投信工房は利用料無料で、最適な資産構成(ポートフォリオ)を提案してくれるロボアドバイザーです。

通常、大手証券会社のファンドラップは「投資助言手数料 + 購入した投信の信託報酬等」の手数料が2重にかかるため、高コストだと言われています。

しかし、投信工房では「投資助言手数料」をロボットで代用することで0円とし、実質的には投資信託の信託報酬等のみがかかる仕組みで低コスト化を実現しています。

また、運用開始後もポートフォリオの見直し提案や、資産配分の調整(リバランス)の提案を行ってくれます。

プロの投資助言に手数料を支払わなくても、ライフスタイルにあった理想的なポートフォリオを作ることができるのが、投信工房の利用メリットです。

松井証券の新しい投資信託は、500円からの積立もできるので初心者にもおすすめです。

SMART FOLIO(スマートフォリオ)

SMART FOLIO(スマートフォリオ)

運用手数料:0円
トータルコスト:i-mizuhoシリーズの信託報酬等として平均0.61%(年率)
投資対象となるファンド・ETF:21種類(i-mizuhoインデックスシリーズ)
特徴:最適なポートフォリオのアドバイスをする無料サービス

手数料無料で使えるロボアドバイザーもあります。

それが、みずほ銀行が提供しているロボアドバイザーのSMART FOLIO(スマートフォリオ)です。

これまで紹介してきた他のロボアドバイザーは「投資一任型」と呼ばれるタイプで、主に証券会社や運用会社が提供するサービスです。投資一任型のロボアドバイザーは、自動的に投資信託の買付や売買を行うことから「投資一任」と呼ばれています。

一方で、みずほ銀行のスマートフォリオは「最適なポートフォリオをアドバイスする」のみに留まります。提案のみとなるため、アドバイス手数料は0円となります。最適な投資信託を紹介する無料診断サービスという感じでしょうか。

「無料診断」とは言っても、スマートフォリオで提供される診断結果は、みずほ第一フィナンシャルテクノロジーが最先端の投資理論・ITを駆使したものであり、他のロボアドバイザーによる判断とは遜色ありません。

利用方法は簡単で、7つの質問に回答するだけで2分程度で最適なポートフォリオを教えてくれます。

一般的なロボアドバイザーがETFを投資対象としているのに対し、みずほ銀行のスマートフォリオが提案するのは低コストのインデックスファンドです。どちらかというと、楽天証券の楽ラップに近いですね。

スマートフォリオに組み入れられるインデックスファンドは、みずほ銀行が展開している「i-mizuhoシリーズ」です。i-mizuhoシリーズは低コストのインデックスファンドで、信託報酬は年率0.41%~1.18%程度となっています。

また、みずほ銀行のインターネットバンキング「みずほダイレクト」を契約していれば、目標資産や複数の投資信託の一括購入・解約などができる機能が提供されます。

スマートフォリオで構築したポートフォリオを継続的に管理していくのであれば、みずほダイレクト契約者向けの「高機能版」の利用をおすすめします。(みずほダイレクトの契約は無料です)

昨今の低金利により、銀行は採算が合いにくくなっている融資業務から、収益性の高い投資信託・保険の販売業務へと、新たな収益の柱を移しています。

そのような中で、自社が展開するインデックスファンド「i-mizuho」シリーズの投資信託の購入を促進する目的で、アドバイザリーサービス「スマートフォリオ」を無料で提供しているというのが、このサービスの目的だと思います。

SBI-ファンドロボ

SBIファンドロボ

運用手数料:0円
トータルコスト:提案された投資信託の信託報酬等のみ
投資対象となるファンド・ETF:350種類(SBI証券が厳選した投資信託)
特徴:モーニングスターによる中立的な評価

SBI証券が提供しているロボアドバイザー「SBI-ファンドロボ」は、無料で使えるウェブサービスです。

みずほ銀行のSMART FOLIOや、三菱UFJ国際投信のPORTSTARと同じで、無料でサービスを提供し、提案した投資信託の信託報酬のみがコストとして発生するという仕組み。

一般的に無料で使えるロボアドバイザーは、提案されるファンドがその運用会社の商品に限られるのですが、SBI証券のロボアドバイザーはSBIグループ以外の投資信託も提案してくれます。

国内には約5,000種類の投資信託があり、そのうちSBI証券が扱っているのが2,300種類程度です。

そこからさらに厳選を行い、ファンドロボの提案対象とした約350種類の投資信託の中から、最適なものを1本ロボットが選んでくれます。

また、提案する投資信託の評価基準にはモーニングスターの評価を採用しているため、中立性が保たれています。提案本数の多さを考えても、無料で使えるロボアドバイザーの中では、かなり中立的なものになっていると思います。

SBI-ファンドロボはSBI証券の口座を持っていなくても試せるので、誰でもすぐ利用できるのがメリットです。

PORTSTAR(ポートスター)

PORTSTAR(ポートスター)

運用手数料:0円
トータルコスト:eMaxisバランスシリーズの信託報酬等として0.54%(年率)
投資対象となるファンド・ETF:5種類(eMaxis最適化バランスシリーズ)
特徴:最適な資産配分をアドバイスをする無料サービス

三菱UFJ国際投信が提供しているPORTSTAR(ポートスター)も、無料で使えるロボアドバイザーです。みずほ銀行の「スマートフォリオ」と同様に、投資信託の紹介を兼ねてアドバイスをするにとどまるタイプで、ポートスターが実際の売買を行うわけではありません。

5つの質問に答えるだけで、最適な資産配分を提案。診断結果に合わせた運用が行えるバランスファンドを提案するという仕組みです。

投資対象(提案の対象)となるのは、低コストで人気のある同社のeMAXISシリーズの中の5つのバランスファンドです。

年1回のりバランス提案も行ってくれるので、ポートスターと提案されるeMAXISのバランスファンドだけでも、常に適切な運用が可能となります。

こういったタイプのロボアドバイザーは無料で利用できるのがメリットです。しかし、あくまでも自社のファンドを最適なバランスでセレクトするというのが目的なので、本来の意味でのロボアドバイザーとは異なると言えるのかもしれません。

もっとも、みずほ銀行のロボアドバイザー「スマートフォリオ」しかり、提案対象となるファンドは低コストなものばかりなので、自動的売買が行われるロボアドバイザーと比較して、劣ることはありません。

FUND ME

FUND ME

運用手数料:0円
トータルコスト:提案される投信によって異なる
投資対象となるファンド・ETF:カブドットコム証券が扱う投資信託(ETFは対象外)
特徴:理想のポートフォリオを無料で診断してくれるスマホアプリ

カブドットコム証券が提供しているロボアドバイザーアプリです。スマホアプリなので、スマホだけですぐに利用できるのが特徴。

FUND MEはみずほ銀行のスマートフォリオや、三菱UFJ国際投信のポートスターと同じで、アプリでの診断(運用手数料)を無料にしているため、選んだ投資信託のコストのみがかかります。

資産運用の経験がある方は、現在保有中の投資信託のリスクをチェックしてくれますし、投資経験がない人でも簡単な質問に回答していくだけで、理想的なポートフォリオを提案してくれます。

FUND MEが提案できるのは資産構成比、地域別構成比、過去・将来チャートの4つのデータです。

資産構成比はどのような資産をどれくらいの比率で組み合わせるとリスクを抑えて運用ができるか、また地域別構成比で国内ではなく海外への分散をどれくらい行うと良いかを提案してくれます。

そして、それらの運用を行った場合、過去のリターンはどれくらいだったか、そして未来のリターン予想までを示してくれます。

評価基準は投信情報として定評のある「モーニングスター」社のデータを採用しているため、中立的なアドバイスが期待できます。

FUND MEが診断結果で提案してくれるのはカブドットコム証券が取扱うすべての投資信託です。

しかし、確認してみたところ提案されるポートフォリオの種類(投資信託の組み合わせの種類)は7・8種類にとどまるとのこと。

8 NOW!

8 NOW!

運用手数料:0.95%(年率)
トータルコスト:運用手数料0.95%+ETFの信託報酬等
投資対象となるファンド・ETF:調査中
特徴:モーニングスター社のアルゴリズムを用いたロボアドバイザー

エイト証券が展開しているロボアドバイザー「8 NOW!」は、主に海外ETFへの投資を中心としたサービスです。エイト証券では、本サービスを「約1万円から始めるETFのラップ口座」と定義しています。

最低投資金額は88米ドル(約1万円)となっており、小額からの資産運用が可能です。

8つの質問に答えると、8 NOW!が資産目的、リスク許容度、投資期間を設定してくれます。そして、その目標を達成できるように自動的に最適なETFを買付、定期的にETFの売却も行いながら、資産配分のバランスを保ちながら運用してくれます。

8 NOW!のロボアドバイザーは、投信業界では世界的に知名度の高いモーニングスターのアルゴリズムを採用しています。投資対象となるETFの詳細は非公開ですが、バンガードやブラックロックといった低コストな海外ETFが中心となるようです。

ポートフォリオの構築・リバランスの手数料として年率0.95%が必要となります。これに加えて、投資するETFの信託報酬が間接的にかかるので、実質的なコストはもう少し高めです。

クロエ

クロエ

運用手数料:0.95%(年率)
トータルコスト:調査中
投資対象となるファンド・ETF:調査中(東証に上場しているETF)
特徴:現在はまだ未稼働

以前からロボアドバイザーを提供していたエイト証券が新サービスとして「クロエ」を開発しています。

ロボアドバイザー「クロエ」の運用手数料は0.88%+税(年率)となっています。これに加えて、投資対象となるETFの信託報酬等が間接的にかかります。

クロエが投資対象とするのは、東証に上場しているETFのみとなっています。東証には海外を投資対象としたETFが多数上場しています。

エイト証券は前述の「8 NOW!」というロボアドバイザーも提供していますが、クロエと大きく異なるのは「投資対象」です。クロエが東証に上場しているETFのみを対象としているのに対し、8 NOW!は海外に上場しているETFが中心です。

クロエが投資対象とするのは東証のETFですが、それらのETFは海外を投資対象とするものも含まれます。つまり、ロボアドバイザーのクロエを通じて国際分散投資が可能となります。

いくつかの質問に答えるだけで、クロエが最適なポートフォリオを提案し、将来の資産目標を設定してくれます。あとは、その資産目標に従って状況に応じて自動的に最適なETFの買付・売却を行い、運用を代行してくれる仕組みです。

最低投資金額は1万円からなので、はじめて資産運用をしたい方にも向いているロボアドバイザーです。

FOLIO(フォリオ)

FOLIO(フォリオ)

サービスの提供開始は2016年の秋頃を予定。

2015年12月に会社を設立したベンチャー企業です。

すでに3億円以上の資本金を集めていますが、今のところサービスは未稼働の状態で、詳しい内容も明らかにされていません。

今後、ロボアドバイザー市場のプレイヤーとして期待される1社です。

ちなみに、みずほ銀行が提供しているロボアドバイザー「SMART FOLIO」とは無関係です。

ダイワファンドラップONLINE(大和証券)

大和証券

サービスの提供開始は2017年の1月を予定。

証券業界大手の大和証券も、ロボアドバイザーを活用したサービスを企画しています。

大和証券といえば、ファンドラップの知名度が高く、運用資産300万円からスタートできる「ダイワファンドドラップ」と、資産3,000万円以上の富裕層向けとなる「ダイワファンドラップ プレミアム」の2つを展開しています。

ダイワファンドラップONLINEがどのようなサービスになるのかはわかりません。

しかし、ロボットを活用することでコスト削減ができるというロボアドバイザーの仕組みを考えると、運用資産300万円以下の方でもより手数料を抑えた運用ができる商品となる可能性は高いと思います。

サービス開始は2017年、詳細の発表に期待したいですね。

野村のゴールベース

野村のゴールベース

運用手数料:無料
トータルコスト:提案される投資信託に準ずる
投資対象となるファンド・ETF:のむラップ・ファンド(5種類)
特徴:ゴールを決めて目標に最適な資産運用の方法をアドバイス

野村證券もロボアドバイザーを提供しています。

利用は無料で、最終的に「投資家としての性格診断」と、野村證券が推奨する「のむラップ・ファンド」が提案されます。

まず最初に、15問程度の質問に回答することで性格診断ができます。

続いて、資産運用の「ゴール」を設定し、最終的に設定したゴールと性格から理想的な資産配分を提案してくれます。

また、運用の結果を「良いケース」「悪いケース」など4つの想定によってグラフ化し、目標とする資産に到達するまでの投資期間を教えてくれます。

ただ、最終的に提案されるのは、5つの異なる運用方針から選択可能な「のむラップ・ファンド」のみなので、あくまでも野村證券のPR用に作られた診断システムという位置づけです。

ロボアドバイザーは未知数だが期待できる運用方法

人間が勝つか、コンピューターが勝つか。

近年では人間とコンピューターの将棋対決「電脳将棋」においても、人間が勝つことが難しくなってきています。

ロボットに資産運用を任せてよいのかどうか、そのパフォーマンスはまだ未知数です。しかし、多くの証券会社が参入していることからもわかるように、期待感が大きい投資方法であることは間違いありません。

今すぐ、すべての投資がロボットに置き換わることはなく、現時点ではまだ人間に優位性があります。

実際、各社が提供しているロボアドバイザーも投資先をリスクの小さいETFに限定したり、あくまでもアドバイスすることが中心となるだけの仕組みです。

それでも、投資のことに関しては素人で何もわからないという人にとっては、魅力的な投資対象になると思います。

私もお試しの意味を込めて、ロボアドバイザーのTHEO(テオ)に投資をし、当サイトで運用結果を定期的に報告しています。