お金のデザイン社が作ったロボアドバイザーTHEOの実力は本物か

カメでもわかる投資塾

THEO(テオ)

IoT、AI、フィンテックなどテクノロジーの進化とともに新しく話題のキーワードが登場します。

これからは特に、人工知能(AI)の分野が伸びると言われており、機械学習を用いた「人工知能を使ったソフトウェアやサービス」が多数登場しています。

金融の世界でも、フィンテックと呼ばれる大きな潮流がやってきています。そのような中で登場したのが、ロボアドバイザーのTHEO(テオ)です。

THEOは「お金のデザイン」というベンチャー企業が開発しているサービスで、SBIと提携しているWealthNavi(ウェルスナビ)と同様に、ロボットにお金の運用を任せるタイプの投資信託です。

投資信託には信託報酬や購入手数料などのコストが少なからずかかります。しかし、THEOは運用担当者をロボットにすることで、従来よりも小さなコストでプロ並みの運用をすることができ、その結果パフォーマンスの向上が期待できるというもの。

もちろん、THEOのロボットは機械学習によって時間の経過とともに賢くなっていきます。現在はまだ未成熟な部分もあると思いますが、将来的にあらゆる知恵を獲得したロボットが資産を運用したら、、、想像するとワクワクしますよね。

ロボアドバイザーTHEOの特徴

ロボットアドバイザーのTHEOは具体的にどのような凄さを持っているのか。その特徴やスペックをまとめてみたいと思います。

投資対象となるのは世界のETFのみ

ETF

THEO(テオ)が投資対象とするのは世界に上場しているETF(上場投資信託)です。個別株式や未上場の投資信託などには投資をしません。

ETFに限定して投資を行うため、ポートフォリオを大きく毀損する確率は低く、安定した運用ができます。投資対象は株価指数の他にも金や原油などすべて含まれます。

THEO[テオ] は、世界中のさまざまなインデックス——香港の株式や、米国の債券、金や原油など——に連動するETFを組み合わせたポートフォリオを構築することで、国際分散投資を実現します。過去9年のシミュレーションによる年あたり平均リターンは5.0%と、世界の経済成長率に近い水準です。

THEO自体がロボット型の投資信託ですが、投資対象としているのがETF(上場投資信託)に限定されるため、いわゆるファンドオブファンズの形式となります。

つまり、間接的にはETFの信託報酬もコストとしてかかるので、「THEOの手数料1%+ETFの信託報酬」が実質的な負担となります。

分散投資をしっかりと行う

分散投資

THEOは運用資産を2倍、3倍にするようなハイリスクハイリターンの投資ではなく、安定した成長ができる資産運用を目指したロボットアドバイザーです。

しっかりとした分散投資を行い、リスクを最小限にしながらパフォーマンスの最大化を目指します。

地理の分散
日本国内だけでなく東南アジアや欧米など幅広い国に分散投資します。

アセットクラスの分散
株式のETFだけでなく、債券や金・原油といった商品市場、またリートや不動産など様々な資産クラスに投資。

自分だけのポートフォリオを作ってくれる

ポートフォリオ

THEOは投資一任サービスなので、いわゆる「ラップ口座」に近いスタイルの投資方法です。

一般的な投資信託は、そこに投資したすべての人が同じポートフォリオを持つことになりますが、THEOはまず最初に9つの質問に応えることで、自分だけの最適なポートフォリオを提案してくれます。

その内容に同意したら、THEOの証券口座を開設し、後はお金を入金するだけで、ETFの買付から運用まですべて自動で行ってくれます。

ラップ口座と同様に、定期的なポートフォリオの組み換えやリバランスを実施し、その内容はすべて毎月の運用報告書で通知してくれます。

たしかに、多くの証券会社が積極的に販売しているラップ口座やファンドラップと同じだと考えると、手数料はかなり安いと言えますよね

THEOの手数料は安いのか?

手数料が安い

投資信託には信託報酬をはじめとするコストがかかります。

THEOの手数料は以下のようになっています。

  • 年率1%(預かり資産3,000万円まで)
  • 年率0.5%(預かり資産3,000万円以上)

手数料はライバルとなるウェルスナビと全く同じです。

この中にETFの売買手数料や口座の出金手数料などはすべて含まれているので、あなたが支払うのは上記のコストのみです。

これらのコストは別途請求されるわけではないので、例えばTHEOが年率6%のリターンを出せば、あなたが支払うリターンは5%となり、THEOが年間2%の損失を出してしまった場合でも、手数料は差し引かれるので実際は3%の損失を計上することになります。

手数料だけを見ると決して安いとは思わないのですが、THEOと比較すべきは「ファンドラップやラップ口座」となります。

THEOに支払う手数料はあくまでも「投資一任報酬」だからです。

仮にラップ口座やファンドラップとTHEOを比較した場合、だとコストはかなり抑えられます。また、ファンドラップと同等のサービスが10万円から受けられると考えるとTHEOの優位性が見えてきます。

どんな人が利用しているの?

20代

すでに多くの投資家に愛用されはじめているTHEO。
では、THEOを利用しているのはどういう人たちなのでしょうか。

THEOを利用している人の約半数は、資産運用経験がほとんどない方です。

お金のことについてよくわからない、どうやって資産運用をすればよいかわからない人が、話題のロボットアドバイザーを試してみようという気持ちでTHEOに投資をしていると推察されます。

全体の47%、30代以下の若い方の54%が投資経験がほとんどない方々です。THEOは新しい顧客層の開拓に貢献しているといえますね。

ロボットによる資産運用に抵抗がないのか、30代の投資家が全体の43%となっており、20代・30代が全体の57%を占めます。

「投資」や「資産運用」というと40代以上のご年配の方がやっているイメージですが、THEOに関しては20代・30代の若い方が多いです。

理由として考えられるのは、THEOは少ない金額から手軽に始められるメリットがあるということ。もう一つは、20代や30代の方は仕事やプライベートを含めて一番充実している年代ですから、そもそも投資について学ぶ時間もない。

そういった状況のなかでロボットが代わりに資産運用をしてくれるという選択肢が、しっくりくるのでしょう。

THEOの評判は?

口コミ

現在公表されているTHEOのパフォーマンス(2007年7月~2015年6月)は期待リターン5%となっています。

ただしこれは、配当再投資、運用報酬控除前、税金・取引手数料等控除前となっているので、実際の期待リターンはそこまで良いとは言えないような。。。

THEOは安定した資産運用を目指すファンドなので、あくまでもインデックス通りの成長を目指す方針であることを考えると、5%でも妥当なリターンと言えるのでしょうか。

スマホがあればすぐに口座開設できます

スマホで取引

THEO(テオ)は、まず最初に9つの質問に回答することで、あなたに最適なポートフォリオを提案してくれます。ここまでは口座開設をしなくてもお試しできるので安心です。

その結果と期待収益率を見たうえで、THEOで運用しても良いと判断したら、口座開設を行います。

THEOの口座開設は簡単で必要事項をフォームに記入して送信し、その後本人確認書類(運転免許証や健康保険証など)を携帯カメラで撮影して、そのままアップするだけです。

スマホがあれば誰でもその場ですぐに口座開設の申込ができます。(口座開設は無料です)

その後、最短2営業日で口座開設が完了します。

現在、証券口座の開設にはマイナンバー登録が必要なので、オンラインでマイナンバーを登録し、あとは口座にお金を入金すれば、お金の運用はすべてTHEOが自動で行ってくれます。

早速、口座開設してみました

本当に期待利回りが得られるのかな、、、と不安になりつつも早速口座開設してみました。

まずは、無料診断で9つの質問に答えます。質問内容は誰が何回やっても同じです。質問内容に従って項目を埋めていきます。

項目をすべて埋めると、診断結果が表示されます。
私がやってみたところ、THEOに「配当・利息重視」と診断されました。債券などのインカム系の商品を中心に投資した方が良いとのこと。

具体的なアセットクラスと国分散のデータが表示されます。先進国株式の大型株を持つのが良いみたいです。

過去のシミュレーションと未来のリターン予想も表示されます。この運用方法で過去を遡ると、期待収益率は3.6%となりました。債券中心の運用でこの利回りならまずまずでしょうか。

また、THEOに100万円投資した場合、5年で約133万円になるとのシミュレーションが出ました。もちろん将来のリターンを保障するものではないので、77万~218万円というレンジで示されています。

診断は無料なのですが、せっかくなので口座開設をしてみました。メールアドレスを登録します。

届いたメールのURLをクリックし、必要事項を入力します。最後に、本人確認書類(運転免許証や健康保険証など)を携帯のカメラで撮影してアップロードします。

アップロードが完了したら口座開設申込は完了。ここまでの所要時間は5分ぐらいでしょうか。

審査が完了し、最短2営業日、平均3営業日で審査結果が届きます。
theo-9

私の場合は、木曜日に申込を完了し、土曜日に口座開設の通知書(住所確認)が届き、翌月曜日には口座開設が完了しました。休日を挟んでいましたが、3営業日で口座開設がデキるというのは本当です。

その後、マイナンバーのアップロードを行い、口座にお金を入金すればTHEOでの運用開始です。

THEOの運用状況を報告します

2016年8月17日
マイナンバーの手続きでトラブルがあったものの、本日ようやくTHEOによる運用を開始することができました。運用結果については随時報告していきたいと思います。

運用状況や保有銘柄、カテゴリごとの収益率など、グラフィカルで見やすいです。
THEOの運用状況 2016年8月17日

カテゴリごとの収益率。
THEOのポートフォリオ

保有銘柄(こちらをクリックしてください

2016年10月12日
THEOでの運用を開始してからもうすぐ2ヶ月が経ちます。

一時期はマイナス圏で推移していましたが、再び浮上して1.61%のリターン。インデックスファンドでの運用となるので、数ヶ月~数年単位の長い目でみることが大切だと思います。
運用報告2016年10月12日

2016年12月1日
トランプ相場の恩恵も受け、トータルリターンは8%を超えました。ポートフォリオを見てみると、グロースが12%のリターンを出しており、インカム・インフレが3%程度のリターンとなっています。
THEOの運用成績2016年12月

2016年12月31日
年納めということで、THEOの運用報告です。すでに14%のリターンが出ている状態です。2017年にも期待したいです。
運用結果20161231

それではまた、気が向いたら報告します。