銀行や証券会社が力を入れるファンドラップとラップ口座の違いは?

カメでもわかる投資塾

ラップ口座

最近、銀行や証券会社が力をいれて販売しているのが「ファンドラップ」や「ラップ口座」と呼ばれるものです。

テレビやニュースでもその名前を耳にする機会は増えましたし、対面で金融機関の担当者と取引がある方なら、一度はおすすめされたことがあるでしょう。

基本的には「ファンドラップ」も「ラップ口座」も同じ意味です。

今回は、その違いと「ラップ」がどういったものなのか、わかりやすく紹介します。

ファンドラップとラップ口座の違い

投資一任契約

ファンドラップやラップ口座のわかりやすい表現としてよく使われるのが「投資一任サービス」という言葉です。

文字通り、証券会社などに投資を一任、つまりあなたはお金だけを預けて、その運用はすべておまかせするというのが「投資一任サービス」の基本的なスタンスです。

元々は2004年からスタートした「ラップ口座」が投資一任サービスとして知られていました。

証券会社にお金を預ければ、運用方針やリスクについて、おおまかなヒアリングが行われた後に、あとは証券会社が勝手に株や投資信託などの売買を行ってくれる。

もちろん、状況に応じて資産の組み換えや分散投資も適宜行ってくれるので、あなたは生まれた利益を享受するだけで良いという便利なサービスです。

売買手数料は不要ですが、運用資産残高から毎年一定料率を、報酬として証券会社に支払う仕組みです。

富裕層には会社経営者など忙しい方が多いです。
そういった方々は自身の仕事が忙しく、お金は持っているのに、その運用に時間を割くことができていませんでした。そこで、証券会社がスタートさせたのが「ラップ口座」でした。

ラップ口座は、最低でも「資産数千万円~数億円」が必要となっており、一般の個人投資家にとっては馴染みの薄いサービスでした。

用意する資産はたくさん必要ですが、まさにオーダーメイドの運用サービスという言葉がふさわしいでしょう。

セミオーダーでより身近になったファンドラップ

富裕層向けの「ラップ口座」に対して、一般の投資家にも利用しやすくなったものが「ファンドラップ」です。こちらは、資産300万円~から利用できますが、最近はネット証券を中心に資産規模が小さくても利用できるようになりました。

ファンドラップは、簡単に言うと「セミオーダーの投資一任サービス」です。

ラップ口座は、株式や債券など様々な資産に直接投資を行う運用するサービスです。対して、ファンドラップは投資信託にしか投資しません。どういった種類の投資信託を選ぶか?について、証券会社に一任するというのが、ファンドラップの特徴です。

資産に直接投資をするのがラップ口座
ラップ口座

ファンドラップは投信への投資。実際の運用を行うのは投資信託の資産運用会社。
ファンドラップ

これが、ラップ口座とファンドラップの大きな違いです。

ファンドラップはプロにお任せできるのがメリット

メリット

ファンドラップは運用資産残高を大きく伸ばしている人気商品です。なぜなら、ファンドラップでは下記のような悩みを解決してくれるメリットがあるからです。

  • 忙しくて資産運用を考える余裕がない
  • 資産運用ってどうすればよいかわからない
  • 知識がないので自分で投資商品を選べない

こうした悩みがある時に、その道のプロである証券会社に資産運用をお任せして、利益を得ることができれば、非常にありがたいですよね。

もちろん、「投資一任」と言ってもすべてをお任せするわけではなく、全体的な舵取りはあなたが決められます。

例えば、「余裕資金での運用なのでリスクを取って思い切りお金を増やしたい」方もいれば、「安全重視で定期預金よりも高い利益が得られればそれでいい」と考える方もいるでしょう。

あなたは資産運用のイメージを決めるだけで、証券会社がそれに合わせて売買してくれるのが、ファンドラップの良いところです。

定期的に運用報告も行われるので、あなたの資金をどのように運用しているか?と言ったこともレポートを読めば詳細に把握できます。

ただしデメリットも

これまでの説明だと、ファンドラップは夢のようなサービスだと感じるかもしれません。

しかし、実際にはファンドラップは否定的な意見も多いです。なぜかというと、ファンドラップは報酬となる手数料が高すぎるからです。

プロにお任せをするには、それに見合う報酬を支払う必要があります。

投資の世界では、どれだけプロが運用しても確実に利益が得られる保証はないというのが原則です。

しかし、投資信託などに支払う手数料は、あなたが勝っても負けても継続的に支払わなければならないコストです。よって、運用コストはできる限り低いものを選択した方がいいというのが、投資信託を選ぶ上での基本中の基本となっています。

しかし、ファンドラップはどうしても手数料が高くなりがちです。なぜなら、仕組み上「あなた → 証券会社 → 投資信託の資産運用会社」という構図になっているため、どうしても「証券会社への手数料」と「資産運用会社(投信会社)への手数料」が二重にかかってしまうからです。

これらの手数料を合わせると、毎年運用資産の2%~3%程度が手数料として取られてしまうこともあります。この2%~3%という数字は、投資信託で言うとかなり高い部類に入ります。

ここに、ファンドラップのデメリットがあります。

最後に

ファンドラップは今や証券会社や銀行の主力商品です。

お手軽に資産運用を任せられることから、実際に多くの人がファンドラップを利用して資産運用をしている事実があります。

一方で、ファンドラップは金融機関にとって美味しい商品であることも事実で、毎年少なくない手数料を運用報酬として支払わなければなりません。

今回は、ラップ口座とファンドラップの違いについて紹介しましたが、次回はファンドラップのメリット・デメリットについて詳しく紹介しようと思います。