証券マンがおすすめするファンドラップの評判を信じて買って良いのか

カメでもわかる投資塾

評判

「退職金の運用をしませんか?」

そう言いながら、証券会社の営業マンがおすすめしてくる商品。これまでは「投資信託」がその代表例でしたが、最近は「ファンドラップ」が主力商品となっています。

なぜなら、ファンドラップは「資産運用のプロにあなたのお金を預けて、運用代行をしてもらう」という仕組みだからです。資産運用の知識がない人にとっては、非常にありがたいサービスですし、証券会社にとっても自由に売買できるのでやりやすいのです。

しかし、営業マンがおすすめしてくるにはワケがあります。

そのファンドラップ、評判を信じて本当に買っても良いのでしょうか?

今回は、ファンドラップの特色と、メリット・デメリットについてまとめます。

こちらの記事もあわせてご覧ください。

ファンドラップのメリット

ファンドラップのメリット

まずは、ファンドラップがなぜここまで流行るのかという話。

プロに運用を丸投げできる

ファンドラップは、「忙しくて資産運用を考える時間がない富裕層の方」から「知識がなくてどうやって運用すればよいかわからない初心者の方」まで、幅広い方のニーズに対応した商品です。

なぜなら、ファンドラップは実際の資産運用をすべてプロに丸投げできる「投資一任サービス」だからです。

1.自分が希望する運用方針を決定する
余裕資金で投資するので、リスクが大きくてもとにかく大きなリターンが欲しい人もいれば、リスクを抑えて定期預金よりも少しだけ金利が良い程度の運用でいいという方もいます。

こういった、おおまかな運用方針を自分で決定します。もちろん、最適な資産配分などはプロの視点からアドバイスをもらうこともできますので、プロと一緒に運用方針を決めていくことも可能です。

2.プロが運用してくれる
あとは、ファンドラップの口座に運用資産を入金するだけです。

実際の取引、定期的な資産の組み換え、配分比率の調整などはすべて証券会社が自動的にやってくれて、あなたは定期的に送付される運用レポートで内容をチェックするだけです。

3.運用方針の途中変更も可能
もちろん、解約や運用方針の変更は自由です。

ファンドラップの仕組み

投資信託(ファンドに)投資をする投資信託(ファンド)のことを「ファンド・オブ・ファンズ」といいます。ファンドラップをわかりやすく説明すると、「あなただけのセミオーダー形式のファンド・オブ・ファンズ」となります。

一般的に、ファンド・オブ・ファンズは運用方針が決まっています。また、資産の配分比率を変更するのも難しいです。

ファンド・オブ・ファンズでは、あなたが「もう少しリスクを取りたい」と思っても対応できません。しかし、ファンドラップであれば、そういった微調整もできる柔軟性があります。

ファンドラップを販売している金融機関は「野村證券」や「大和証券」「SMBCは日興証券」といった大手ばかりなので、資産運用の腕前に関しては申し分ないでしょう。

また、1つのファンドラップで幅広い投資信託を間接的に購入できるので、リスク分散についても心配ありません。

ランドラップはここに気をつけて

手数料

続いて、ファンドラップのデメリットをまとめます。

実は、ファンドラップは投資家の間で批判的な意見が多いです。その理由は概ね以下のような内容です。

手数料が高すぎる

ファンドラップは、購入手数料は無料です。

しかし、運用報酬としての手数料が毎年発生します。ファンドラップの中には「固定報酬+運用結果に応じた成果報酬」を設定しているケースもありますが、一般的には毎年「固定報酬」をコストとして支払わなければなりません。

この「コスト」なのですが、運用結果が上手く行って利益が出た時はもちろん、市況が悪化して損失が発生しても同様に支払う必要があります

つまり、お金を預けて運用してもらって、その結果資産が減ったにもかかわらずさらに手数料まで取られてしまう。。。という事態も可能性としてはあるわけです。(もちろん、これは他の投資信託などでも同じです)

また、ファンドラップは手数料が高すぎると言われる事が多いです。

投資のプロに一任して、投資信託の売買を行ってもらうサービスなので、「投資のプロ」への報酬と、「投資信託」の報酬がダブルで発生します。

これらを合算すると、手数料率は運用資産の2%~3%に相当することも少なくありません。

仮に手数料が運用資産の3%だとすると、リスクを取って5%のリターンを上げても、実質的にはあなたの利益は2%だけとなってしまいます。そして、損が出てしまった年は、あなたは1円のもらいもないままで、手数料だけが3%取られてしまうのです。

ファンドラップは大変魅力的なサービスですが、ファンドラップでの運用を考える時は、毎年継続的に発生する手数料率に注目することをおすすめします。

もっとも、最近は各社がファンドラップの取扱を初めているので、将来的にはこういった手数料率は下がってくるのではないかと私は予想しています。

特に最近の流れとしては、投資先の選定をロボットに任せるロボアドバイザーも話題となっています。

最低投資金額の条件を満たしているなら

また、ファンドラップは最低300万円~など、最低投資金額が大きめに設定されています。このハードルをクリアするのは難しいのですが、もし投資額を用意できるのであれば、検討してみても良いでしょう。

最近はネット証券を中心に「小額からスタートできるファンドラップ」も登場しています。

これまでのように、ファンドラップで運用するには多額の資金が必要といった考えは、なくなりつつあります。

悩んでいる投資家

この記事が気に入ったらいいね!しよう

購読

ファンドラップについてもっと調べる

1億人の投資術をFacebookで購読