証券マンがおすすめするファンドラップの評判を信じて買って良いのか

B! pocket

考える

「退職金の運用をしませんか?」

そう言いながら、証券会社の営業マンがおすすめしてくる商品。これまでは「投資信託」がその代表例でしたが、最近は「ファンドラップ」が主力商品となっています。

なぜなら、ファンドラップは「資産運用のプロにあなたのお金を預けて、運用代行をしてもらう」という仕組みだからです。資産運用の知識がない人にとっては、非常にありがたいサービスですし、証券会社にとっても自由に売買できるのでやりやすいのです。

しかし、営業マンがおすすめしてくるにはワケがあります。

そのファンドラップ、評判を信じて本当に買っても良いのでしょうか?

今回は、ファンドラップの特色と、メリット・デメリットについてまとめます。

ファンドラップのメリット

ファンドラップのメリット

まずは、ファンドラップがなぜここまで流行るのかという話。

プロに運用を丸投げできる

投資のプロ

ファンドラップは、「忙しくて資産運用を考える時間がない富裕層の方」から「知識がなくてどうやって運用すればよいかわからない初心者の方」まで、幅広い方のニーズに対応した商品です。

なぜなら、ファンドラップは実際の資産運用をすべてプロに丸投げできる「投資一任サービス」だからです。

1.自分が希望する運用方針を決定する
余裕資金で投資するので、リスクが大きくてもとにかく大きなリターンが欲しい人もいれば、リスクを抑えて定期預金よりも少しだけ金利が良い程度の運用でいいという方もいます。

こういった、おおまかな運用方針を自分で決定します。もちろん、最適な資産配分などはプロの視点からアドバイスをもらうこともできますので、プロと一緒に運用方針を決めていくことも可能です。

2.プロが運用してくれる
あとは、ファンドラップの口座に運用資産を入金するだけです。

実際の取引、定期的な資産の組み換え、配分比率の調整などはすべて証券会社が自動的にやってくれて、あなたは定期的に送付される運用レポートで内容をチェックするだけです。

3.運用方針の途中変更も可能
もちろん、解約や運用方針の変更は自由です。

ファンドラップの仕組み

投資信託(ファンドに)投資をする投資信託(ファンド)のことを「ファンド・オブ・ファンズ」といいます。ファンドラップをわかりやすく説明すると、「あなただけのセミオーダー形式のファンド・オブ・ファンズ」となります。

一般的に、ファンド・オブ・ファンズは運用方針が決まっています。また、資産の配分比率を変更するのも難しいです。

ファンド・オブ・ファンズでは、あなたが「もう少しリスクを取りたい」と思っても対応できません。しかし、ファンドラップであれば、そういった微調整もできる柔軟性があります。

ファンドラップを販売している金融機関は「野村證券」や「大和証券」「SMBCは日興証券」といった大手ばかりなので、資産運用の腕前に関しては申し分ないでしょう。

また、1つのファンドラップで幅広い投資信託を間接的に購入できるので、リスク分散についても心配ありません。

ファンドラップのデメリット

手数料

続いて、ファンドラップのデメリットをまとめます。

実は、ファンドラップは投資家の間で批判的な意見が多いです。その理由は概ね以下のような内容です。

手数料が高すぎる

ファンドラップは、購入手数料は無料です。

しかし、運用報酬としての手数料が毎年発生します。ファンドラップの中には「固定報酬+運用結果に応じた成果報酬」を設定しているケースもありますが、一般的には毎年「固定報酬」をコストとして支払わなければなりません。

この「コスト」なのですが、運用結果が上手く行って利益が出た時はもちろん、市況が悪化して損失が発生しても同様に支払う必要があります

つまり、お金を預けて運用してもらって、その結果資産が減ったにもかかわらずさらに手数料まで取られてしまう。。。という事態も可能性としてはあるわけです。(もちろん、これは他の投資信託などでも同じです)

また、ファンドラップは手数料が高すぎると言われる事が多いです。

投資のプロに一任して、投資信託の売買を行ってもらうサービスなので、「投資のプロ」への報酬と、「投資信託」の報酬がダブルで発生します。

これらを合算すると、手数料率は運用資産の2%~3%に相当することも少なくありません。

仮に手数料が運用資産の3%だとすると、リスクを取って5%のリターンを上げても、実質的にはあなたの利益は2%だけとなってしまいます。そして、損が出てしまった年は、あなたは1円のもらいもないままで、手数料だけが3%取られてしまうのです。

ファンドラップは大変魅力的なサービスですが、ファンドラップでの運用を考える時は、毎年継続的に発生する手数料率に注目することをおすすめします。

もっとも、最近は各社がファンドラップの取扱を初めているので、将来的にはこういった手数料率は下がってくるのではないかと私は予想しています。

特に最近の流れとしては、投資先の選定をロボットに任せるロボアドバイザーも話題となっています。

管理人より
大手証券会社のファンドラップは手数料が高すぎるという問題が指摘されています。

ファンドラップのような「投資一任サービス(おまかせサービス)」で運用したい場合は、ロボアドバイザーの活用がおすすめです。

ロボアドバイザーの場合、トータルコストは年率1%前後となっており、これも決して低いわけではありません。

しかし、ファンドラップと同様の「完全おまかせ」が実現できるため、コストの安いファンドラップとして個人投資家に人気となっています。

特に、ロボアドバイザー大手の「ウェルスナビ」と「THEO(テオ)」については、中立的な投資先の選定が行われるため、大手金融機関が販売するファンドラップよりも安心して運用を任せることができます。

代表的なロボアドバイザーは以下の通りです。

テオとウェルスナビの比較については「ウェルスナビとテオはどちらを選ぶべき?ロボアドバイザー比較のまとめ」で解説していますので、合わせてご覧ください。

1万円から始められるファンドラップも

楽ラップ

また、ファンドラップは最低300万円~など、最低投資金額が大きめに設定されています。このハードルをクリアするのは難しいのですが、もし投資額を用意できるのであれば、検討してみても良いでしょう。

最近はネット証券を中心に「小額からスタートできるファンドラップ」も登場しています。

上記でも少し触れましたが、ロボアドバイザーのTHEOは1万円から、楽ラップやウェルスナビは最低10万円から始めることができます。

これまでのように、ファンドラップで運用するには多額の資金が必要といった考えはなくなりつつあります。

また、このようなロボアドバイザーの方が中立的でありコストも低いので、これからの「投資おまかせサービス」の業界標準になっていくと思います。

こちらの記事もあわせてご覧ください。

ファンドラップについてもっと調べる

最後まで読んでいただきありがとうございました

15件のコメント

とうこ

ファンドラップを始めるとき相場が高くなっている時に始めるか下がっているときに始めるのとどちらがよろしいでしょうか。

管理人

コメントありがとうございます。
ファンドラップは長期投資での運用になると思いますので、相場が下がっている時に買うことをおすすめします。

とはいっても、今の相場が高い状態なのか安い状態なのかはプロでも見分けられないほど難しいものなので、「ドルコスト平均法」などを使って、毎月積み立てをすることで、相場の動向に関係なく平均的な価格でファンドラップを買うことができます。

ドルコスト平均法についてはこちらの記事もご参照ください。
https://oneinvest.jp/dollar-cost-merit-demerit/

ファンドラップ加入者

3年前退職金の運用先を迷っていたところ、姉がわずか3ケ月経過したところで3%程度の利益があったことことを聞き、すぐ私も加入しました。契約時年2~3%運用が期待で十分リスクの少ないで最低金額で加入した。3ケ月後まで順調な推移をしていたのでさらに増額もう1社にも加入しほぼ退職金の半分以上を投資した。
その直後たった1月で13%も減少その後1度たりと元本に戻りません。
・相場が高いとき買えば大損します。
・「プロのファンドマネジャー投資を管理」してくれると期待したが実際は違い ます。
・元本が減った分で運用されていきますので1度10%近い損がでれば、その後 たとえ2%で運用できたとしても1%~2%高い手数料をとられば元本を取り 戻すことは何10年もかかります。
 確かに長期投資の条件で加入したがストレスがたまります。

どかべん

収入のアテが無くなる高齢者はファンドラップは辞めたほうが良いですね。
相場が下がったとき=買いですので、評価額が減少したときに資金を追加しないといけないのです。
元本を削りたくないのなら、高金利の定期預金が良いです。
リスクをとってリターンを取りに行くのが投資の本質だと思います。

コストが高い

コツコツ貯金して少しまとまった金額になりました。すぐに使う予定はないので、できたら定期預金よりもっと利率がいいものがないか、投資信託を買おうと、相談したところすすめられたのがラップファンドでした。野村証券です。しかし、運用のレポートを見るたびにコストで何万円も取られ、4か月目ですが元金をかなり割り込んでいます。節約しせっかく貯金したのに、どうして…と後悔していますが、証券会社の人は10年ぐらい持てば必ずあがりますからと言います。損を覚悟でももうやめたほうがいいのか、10年ぐらい放置すればいいのでしょうか。店頭で証券会社の人のいいなりになり、その場で断り切れず買ってしまったこと、もっと下調べして勉強すればよかったと反省しています。

管理人

コメントありがとうございます。
まず、「相場に絶対はない」ので「必ず上がります」という保証は誰にもできません。

その上で、いま売るべきか、上がるのを期待して待つべきかという判断ですが、これはご自身で決定する以外にありませんし、またその判断が正しいかどうかは未来になってみない限り誰にもわかりません。

その上で、私の意見を言うとすれば、一度売却して整理してしまうのをおすすめします。

そもそもコストが高い商品ということであれば、(未来の結果がどうなるかは別として)、より低コストな商品に乗り換えることが、現時点で取れる最も合理的な行動かと思います。

三四郎

自分で運用する時間あるか
知識経験あるのか 
自分で運用する意識あるのか

手数料はサービス内容と契約後のフォローで高いか安いかがきまります。
自分に合ったリスク許容度の判定ができる人は少なく事後の定期的なメンテナンス出来ない人がほとんどです。ラップの価値はそこです

Narong

今晩は。現在、野村証券でファンドラップを申し込もうか、迷っているところです。いろいろな情報提供ありがとうございます。もう少し考えてみます。

鈴亀

2年前に野村証券に進められて、約1000万程フアンドラップを購入しました。毎月投資の知らせが来ていましたが、あまりよくわからないので、放置しておきました。
ある日子供が来て、父さんも高齢なのだから債権等が有れば、そろそろ整理した方が良いと言われ、フアンドラップを解約することにしました。係の方が説明に来ると言ってくれましたが、又他の商品を進められると困るので、解約届けを郵送しました。
下がっているとは覚悟していましたが、清算した払い込み金額を見て唖然としました、1千万がたったの5百万ちょっとになっていました。

株が下落した上に手数料が多額なので、減ってしまったようです。
銀行預金より少しもうけよう?と思い証券会社の勧めに乗ってしまったのが間違いでした。
老後の貯金が減ってしまいましたが、「オレオレ詐欺」にかかったと思ってあきらめることにしました。
もし購入を考えておられる方は、私の二の舞にならないように、具体的な説明をよくお聞きになることをお勧めします。

私の二の舞にならないように

加入者

ファンドラップの知識がないままに退職金 900万を全額費やしました。現在 1年たちましたが10万ほど利益があります。知人に相談したところ それは危険だ すぐに売却したほうがいいといわれたのですが。1年で10万。暴落したらどうなるの?と たしかに 長期型といわれたのですが 本当に心臓に悪くて・・・ 

mimi

ファンドラップに野村証券、大和証券に500万ずつ2014年に投資しました。たまたま時期が今より良かった事でマイナスにはならずに両社合わせて1年近くの運用で60万位の利益がありました。一時は倍近くの運用益があったものの、多少の投資経験のあった私には益の確定も自分で出来ず、又、手数料の高さに辟易し我慢出来ずに解約しました。潤沢な資金がありマイナスになっても放置出来る位の余裕がある人の商品だと思います。加入者さんの心臓に悪いと仰るお気持ちよく分かります。解約手続きを申し出た時の両者共の態度の悪さも忘れられず、口座も解約しました。

!!!

プロに任せる、といえば聞こえがいいが、私の50年近い経験によれば、証券会社にプロはいない。なぜなら彼らは売買手数料で儲けることしか考えてない。資産が減っても手数料を取る。こんな詐欺的商法を公共の電波で持ち上げたマスコミの罪は大きい。自分の判断で投資して失敗したら諦めもつくし、長期的に保有すれば利益が出る場合もある。人任せは駄目だと思います。

みやこわすれ

汗を流して一歩ずつ進んでいくのが一番いいのかな!
10数年間夢を見させて貰いました。
60代の私、そろそろ投資から足を洗い、卒業するかな?
人任せでわダメ。ファンドラップが最期の投資と思っていたけど。
よく考えてみたい!

韓世忠

株や投資信託は、ひと言で言えば、一発勝負となります。当たれば、ファンドラップよりも利益は大きくなります。しかし、永遠に保有してよい株や投資信託があるのでしょうか?。世の中が流動的である以上、株や投資信託は、どこかで乗り換えることが多くなってしまいます。結果、どちらが手数料が高いのか、予測は出来ません。

ファンドラップ加入者2回目

この商品は自分での資産を増やすことができると思っていませんか?N・D社によると1兆円近い個人資産を保有しているそうです。この商品は2006年にでき2008年リーマンショックで半分になった人もいるそうです。その後2017年までのグラフを見せ途中の経過がどうあれ右肩上がりになっていますと胸を張って説明をしていますが、1度原資が減るとその後元に戻る時間は相当かかります。この商品は分散型の運用で国内・海外のすべての経済状況が順調でないと増えません。良い状況はいつまでも続きません。手数料が最低3~4%でこれ以上の儲けが無いと増えません。手数料も先取りする会社もあります。退職金をこれで運用したい人は絶対やめてください。

コメントを投稿する