松井証券の投信工房の実力は?中身を見ると本気度が感じられる内容

カメでもわかる投資塾

投信工房

松井証券は、大正時代に創業した歴史を持ちながら、ネット取引や革新的なサービスを提供し、大手ネット証券の中の一社に変革をとげた証券会社です。

様々なサービスを充実させる松井証券ですが、投資信託の販売においては長らく休止状態となっていました。

しかしここに来て新しく「投信工房」というサービス名で投資信託の取扱を再開し、最先端のロボアドバイザー技術を導入した運用サポートをはじめました。

投資信託のラインナップ数においては他社に劣る印象があるのは事実ですが、中身を見てみると「松井証券の本気度が感じられる内容」で、個人投資家として注目する価値があると思ったので紹介します。

投資信託のラインナップがすごく良い

管理人によるコメント

投資信託の種類が豊富な証券会社は一見魅力的に見えますが、松井証券の投資信託は決して品揃えが多いとは言えません。投資信託の品揃えだけで選ぶなら、2,000種類以上の投信を扱うSBI証券などの方が良いと思います。

しかし、ただ取扱数が多いだけでなく本当に良いものだけを厳選しているのが、松井証券の投資信託だと私は思っています。

購入時手数料0円のノーロード投信のみ

ノーロード投資信託

松井証券の投信工房で扱う投資信託は、すべて購入時手数料0円の「ノーロード」のみです。

投資信託の中には、購入時にかかる手数料が運用額の3%程度となるものも多いです。3%の手数料というのは運用結果にも大きな影響を与えるレベルの数字です。

投資信託では、0.1%でも低コストなものを選択することが重要であることは、多くの投信ブロガーの意見を見ても共通しています。

松井証券の投資信託は徹底して低コストにこだわりぬいているため、どの投信を選んでも購入時に手数料がかかることはありません。

信託報酬の低い人気投信ばかりが揃う

コストが低い

投信工房のラインナップを見てみると、信託報酬やトータルコストが低い良質な投資信託が揃っていることがわかります。

ここで言う「良質な投資信託」というのは、証券会社がおすすめしている人気の投信ではなく、投信ブロガーなどが推奨している「本当によい投資信託」のことです。

つまり、ある程度投資経験がある人が見れば、投信工房は顧客目線で設計されたサービスだということがすぐにわかります。

投信工房の主なラインナップ

  • たわらノーロードシリーズ
  • 三井住友・DCシリーズ
  • ニッセイインデックスファンド
  • インデックスeシリーズ
  • SMTシリーズ
  • eMAXISシリーズ
  • i-mizuhoシリーズ

初心者の方が見るとピンとこないかもしれませんが、「本当に顧客視点の良い投資信託だけを集めてきたなー」というのが正直な感想です。いずれも資産形成には有利な低コスト投資信託ばかりです。

厳選しているとは言え、松井証券の投信取扱本数は90本以上となっているのでどれを選べば良いのか迷ってしまうのも事実です。そこで投信工房の提供するもう一つの強み「ロボアドバイザー」が鍵になってきます。

投信工房 公式サイトはこちら

ロボアドバイザーが最適なポートフォリオを提案

ロボアドバイザー

松井証券の投信工房が取扱う投資信託は、低コストで良質なファンドが多いのですが、その数は90種類以上にものぼります。

90本の中から自分の運用方針に従って、良いものを選び抜くのは簡単なことではありません。そこで活用したいのが、投信工房の「ロボアドバイザー」による提案です。

投信工房では、8つの質問に答えるだけで自分に最適なポートフォリオ(投資信託の組み合わせ)を提案してくれます。

最適な運用をするためには、1つの投資信託に集中して投資するのではなく、複数の投資信託をバランスよく保有し分散投資することが重要です。

しかし、どの投資信託をどれくらいの比率で組み合わせば良いかは、ある程度投資経験のある人でも難しい判断かと思います。

ロボアドバイザーを活用することで、ミスがなく一人ひとりの運用方針に則った合理的な判断がリアルタイムで可能となります。

ファンドラップの運用報酬は0円に

ファンドラップの仕組み

上記の図を見てもらえるとわかりますが、このロボアドバイザーの機能は大手証券会社がファンドラップサービスで手作業でやっている仕事です。つまり、人間の手で投資信託を選定する分、運用報酬が高コストになります。

しかし、松井証券の投信工房は人が手作業で行う「投信の選定」をロボットが行うため、低コストです。(利用料が一切かからない)
投信工房の仕組み

わかりやすく言うと、「最適な投資信託を選ぶお手伝いは無料でおこないますし、(良い投信ばかりを集めていますので)松井証券で投資信託を買ってくださいね」ということです。

これが投信工房の本質です。

知らないと大損してしまいます

ファンドラップ(投資一任サービス)は、オーダーメイドで運用先の選定を行い、実際の運用もすべて代行できる「おまかせサービス」として便利です。

ここ数年でファンドラップの利用者数は大きく伸びていますが、一方で「手数料の高さ」が指摘されています。

ファンドラップでは、
・投資先の選定にかかる手数料(運用報酬)
・投資先となる投資信託に支払う手数料(信託報酬等)

の2つのコストがかかります。
この2つのコストを、大手証券会社のファンドラップと松井証券の投信工房で比較した結果が下記です。

大手証券会社
運用報酬:手作業で投資先を選ぶので高コスト
投資信託:自社グループのファンドからセレクトするため、高コストな投資信託をポートフォリオに組み入れられることが少なくない(証券会社にとって都合が良い)

投信工房(松井証券)
運用報酬:ロボットが行うので低コスト(というか無料)
投資信託:低コストの良質な投信だけが投資対象

※投信工房はファンドラップに近い内容ですが、厳密には投資一任サービスではありません。

ロボアドバイザーにお任せして本当に大丈夫なのか?

投資理論に基づく計算

投資信託の選定をロボットに任せて本当に大丈夫なのか?手作業の方が安心できるのではいか?と思うかもしれません。

しかし、私個人の意見としては「手作業よりもロボアドバイザーの方が安心できる」と思っています。その理由は2つあります。

1つめの理由が、ロボットはプログラムで動くので合理的です。証券会社に有利になるようにポートフォリオを組むようなことはなく、中立性が保たれています。

2つめは、手作業で投資信託を選んだからと言って運用結果が良くなるわけではないということです。

運用の世界は複雑な計算結果で成り立っています。プロの証券会社が自分の裁量やセンスで、適当に運用先の投資信託を選ぶことはありません。

プロの証券マンもロボットも、あくまでも一定の計算結果(現代ポートフォリオ理論など)に基づいて投資信託の選定を行うので、手作業でもロボットでも結果は同じになります。

投信工房では、ポートフォリオに組み入れる投資信託の選択根拠として、「現代ポートフォリオ理論の「平均分散アプローチ」をベースとした手法」を使うとしています。

この手法は最も定番の方法で、金融業界では幅広く使われている方法です。

モデルポートフォリオは、数理的・統計的にリスク分散効果を計算し、最適なポートフォリオを導き出す、現代ポートフォリオ理論の「平均分散アプローチ」をベースとした手法で構築します。

平均分散アプローチは、富裕層や世界の機関投資家(年金基金やソブリンウェルスファンドなど)が利用する代表的なポートフォリオ運用手法です。

むしろ、人間の手が介在しない分、中立的に判断してくれるロボットの方が安心です。

あとは、前述のように低コストで最適なポートフォリオが組めるというのが大きいですね。

投信工房 公式サイトはこちら

自分の裁量を加えることもできる

投資判断

投信工房では、ロボアドバイザーの提案してきたポートフォリオに自分の裁量を加えることができます。

「ロボアドバイザーの作ったポートフォリオには基本的に賛成だけど、もう少し外国株投信の比率を上げたい・・・」など、自分でポートフォリオをコントロールすることが可能です。

ただ、ポートフォリオの設計は一定の投資理論に基づいて最適化されているので、私としては素直にロボットのアドバイスに従っておく方が無難だと思います。

もし「外国株投資の比率を上げたい」などの意見があれば、投信工房とは別に自分で投資信託を買い付けた方が良いと思います。

リバランスや運用方針の見直しも自由

リバランス

実際に資産運用を続けていると、徐々にポートフォリオの見直しが必要となってきます。

ポートフォリオの見直しが必要なタイミング

①運用方針の見直し
運用方針の見直しタイミングは大きく2つあります。

1つめは、実際の運用が上手くいっていない時です。これはできれば起こらないほうが嬉しい、見直しタイミングです。

運用で大きな損が出ている状況では見直しもやむを得ません。ただし、ロボアドバイザーによるポートフォリオの構築では、現代ポートフォリオ理論に基いた資産構成を行うため、大きな失敗は起こりにくいと思います。

2つめは、人生のステージが変わるタイミングに合わせての運用方針変更です。

例えば、若いうちは資産運用で失敗しても取り返しが効くので、リスクを取って運用することができます。

しかし、会社を退職する年齢になると、リスクを抑えた運用を重視し、リターンは少しでも得られれば良いという考え方に変わってきます。資産を「増やす」というより、生活資金のために「取り崩しながら少しでも増やせれば良い」という考えになります。

こうした、人生のステージが変化する過程でも、運用方針を見直すことがあります。

②リバランス
例えば、運用開始時に、不動産25%、債券25%、株式25%、金25%というポートフォリオでバランスを取っていたとします。

しかし、この比率は運用を続けているうちに少しずつ崩れてきます

例えば、株式が極端に値上がりし、その他の資産が値下がりすると、ポートフォリオ全体に占める株式の比率が高くなってしまいます。

こうなるとバランスの取れたポートフォリオとはいえなくなってしまうので、定期的にポートフォリオを元の配分に戻す「リバランス」という作業が必要となります。

つまり、値上がりした資産を売却して、その利益で値下がりしている資産を買い増すという作業です。

上記の画像を見ていただければ、リバランスがどのようなものかイメージしやすいと思います。

松井証券の投信工房では、リバランスを一括で行ってくれる機能があるので、投資家が手間をかける必要がありません。

また、運用状況についても、経済の変化に合わせてポートフォリオの見直しを提案してくれる機能があります。

積立投資は100円から

積立投信は100円からできます

積立のペースも毎月・毎週・毎日から選択できるので、コツコツと資産運用を始められるのがメリットです。

投信工房ではロボアドバイザーが様々な情報をくれるので、お子さまの投資教育にも使えるのではないかと思いました。

また、松井証券が特許出願中としている投信工房ならではの機能が「リバランス積立」です。

リバランス積立とは、定期的な投信積立の中で自動的にポートフォリオの比率を保つような買い方をしてくれる機能です。

例えば、今月株式が大きく値上がりしたら、翌月の積立は株式系投資信託の購入は控えて、その他の資産(不動産系投資信託など)の購入比率を増やすといった具合です。

常にバランスを維持しながら運用資産を積み立てて行くことができます。このようなサービスはこれまでありませんでした。

こうしたきめ細かいサービスは、ロボアドバイザーでなければ提供が難しいと思います。

こちらの積立シミュレーターで運用リターンを試算できます。毎月100円を積み立てる場合は積立金額を「0.05」としてください。

積立シミュレーター

毎月の積立額万円

利回り(年率)%

積立期間

ヶ月間

計算結果(グラフ)

計算結果(表)

投信工房のまとめ

スマホを見る女性

松井証券の投信工房は、低コストな「本物志向の投資信託」ばかりを取り揃えたサービスです。

すべてノーロード投信(購入手数料無料)であり、信託報酬等のコストが低く、投信ブロガーなどの評価が高いものばかりがラインナップされています

そして、ラインナップの中から投資家それぞれの資産設計に合わせて最適なポートフォリオ(投資信託の組み合わせ)を提案してくれます。

ポートフォリオの構築は、ロボットが提案してくれるため、提案にかかる費用(運用報酬)は0円です。

ロボアドバイザーの提案は、現代ポートフォリオ理論に基いて、中立的かつ合理的に行われます。(現代ポートフォリオ理論は富裕層や世界の機関投資家が使う代表的な運用手法)

投資家はロボアドバイザーの言うことに従うこともできますし、自分で裁量を加えたポートフォリオを作ることも可能です。

運用方針の見直しはいつでも行うことができます。そして、ポートフォリオの資産構成が崩れてきた時は、一括でリバランスを実施することができます。

また、毎月・毎週・毎日の積立投資が100円から可能で、バランス良く積立ができる「リバランス積立(特許出願中)」も無料で利用できるので、投資初心者でも利用しやすい設計になっています。

松井証券は、投資信託としては後発ですが、かなり研究し尽くされたサービスになっていますね。

投信工房 公式サイトはこちら