グローバルAIファンドの評価、世界の人工知能に投資をするべきか

カメでもわかる投資塾

グローバルAIファンド

グローバルAIファンド」は三井住友アセットマネジメントが組成している投資信託です。

ファンド設定日は2016年9月9日ですが、記事執筆時点(2017年7月)ですでに2,739億円の純資産を獲得しています。

アクティブファンドとして人気の高いひふみプラスですら純資産が2,000億円程度ですから、1年足らずで2,700億円の資金を集めたグローバルAIファンドがいかに人気かがわかります。

今回は三井住友アセットマネジメントの「グローバルAIファンド」について、その詳細と私なりの評価を交えて分析します。

世界のAI活用企業に投資するファンド

グローバル企業

グローバルAIファンドは、人工知能(AI)を活用し成長している世界の企業に対して投資を行う投資信託です。

昨今、ニュースなどでも報道されているとおり、人工知能(AI)はこれからのテクノロジー業界を大きく変えていくと言われています。

IT業界大手のグーグルも「AIファースト」を掲げ、自社サービスを中心に積極的な人工知能の導入を行っています。

グローバルAIファンドが投資対象とするのはまさに、このような人工知能を活用している企業です。ポートフォリオを見てみると、具体的にどのような銘柄に投資をしているのかイメージがつかみやすいと思います。

  • テスラ
  • セールスフォース・ドットコム
  • ツイッター
  • クリテオ
  • マイクロンテクノロジー

※記事執筆時点(2017年7月)

その他、中国の百度(バイドゥ)やアメリカのアマゾン・ドット・コムなど。

時価総額から考えて米国株が中心となるのは仕方がないと思いますが、米国株に限らずグローバルな企業に投資をしていることがわかります。(例えば、クリテオはフランスの企業です)

AIの技術自体がこれからという段階なので、現時点ではテクノロジー株で最先端を走っている会社に投資をしているという感じでしょうか。

為替ヘッジの有無を選択可能

為替ヘッジ

グローバルAIファンドは、日本株式も組み入れ対象ですが、その比率は極めて小さいです。

ポートフォリオ全体の9割以上は外国株への投資となるため、為替変動の影響を受けます

為替が円安になれば利益が上積みされますが、逆に為替が円安になると利益は目減りしてしまいます。

この問題を解消するために、グローバルAIファンドには

  • 為替ヘッジあり
  • 為替ヘッジなし

の2つの商品がラインナップされています。
「為替ヘッジあり」を選択することで、為替リスクを低減することができます。

ただし、「為替ヘッジあり」はヘッジコストという手数料がかかるため、手数料相当分リターンが落ち込みます。

ヘッジコストは短期金利の差によって変動しますが、三井住友アセットマネジメントによると

  • 2017年3月末現在 約1.15%
  • 過去1年間の平均 約1.63%

とされており、為替ヘッジのコストもリターンに大きな影響を与えることがわかります。

グローバルAIファンドの場合、信託報酬などは「為替ヘッジあり・なし」ともに同じですが、「為替ヘッジあり」は少なからず手数料が余分にかかっていることを頭に入れておきたいところ。

ちなみに、外国株を投資対象とした投資信託では、一般的には「為替ヘッジなし」を選ぶ事が多いです。

実際、グローバルAIファンドを比較しても、「為替ヘッジあり」の純資産は「為替ヘッジなし」と比較して10分の1程度であり、ほとんどの人が「為替ヘッジなし」でグローバルAIファンドに投資をしていることがわかります。

実質的な運用はアリアンツグループが行う

アリアンツ・グローバル・インベスターズ

グローバルAIファンドは三井住友アセットマネジメントによって運用されている投資信託です。

スキームとしては「グローバルAIファンド → グローバルAIエクイティ・マザーファンド → 投資対象」という構造になっています。

このグローバルAIファンドのマザーファンドとなる「グローバルAIエクイティ・マザーファンド」も三井住友アセットマネジメントが運用を行うのですが、運用指図の一部の権限を、「アリアンツ・グローバル・インベスターズU.S.LLC」に委託しています。

これは、「アリアンツ・グローバル・インベスターズ」がAI関連企業の投資に強みを持っているからです。

アリアンツ・グローバル・インベスターズは、世界最大級の保険会社で120年以上の歴史を持つアリアンツ・グループの一員として、グローバルに資産運用業務を行っています。

運用資産残高も59兆円の巨大な資産運用会社です。

グローバルAIファンドの手数料

手数料

グローバルAIファンドは、アクティブファンドなので小さくない手数料がかかります

◆購入時手数料
購入額の3%+税を上限として販売会社が決める。(安く購入する方法をこの後ご紹介します

◆信託報酬
年1.75%+税
内訳は、委託会社0.9%、販売会社0.8%、受託会社0.05%。

◆その他
監査費用や有価証券の売買手数料、外国での資産保管費用。「為替ヘッジあり」を選択した場合は、ヘッジコストもこちらに含まれます。

信託報酬の0.9%のうち、0.6%はアリアンツ・グローバル・インベスターズへの報酬とのことなので、実質的な運用者はアリアンツと考えて問題なさそうですね。

管理人の評価

管理人の評価

私自身、AI(人工知能)には注目しており、これから大きな成長が期待される分野だと思っています。

昨今、ロボアドバイザーなども評判ですが、ロボアドバイザーにもいずれ人工知能が取り入れられるでしょう。

さて、今回のグローバルAIファンドの評価ですが、信託報酬が2%を超えていないという点で、アクティブファンドの中でも悪くないという印象です。

ただし、後述するようにグローバルAIファンド自体に信託期間が定められています。そして成長率が高いということはそれだけリスクも大きいため短期間での売却を考えた投資になると思います。

仮に保有期間が3年~5年と考えた場合、購入時手数料を按分します。

つまり、購入時手数料が3%+税なら、3年の保有なら手数料を年間+1%、5年保有なら手数料を年間+0.6%上乗せしてリターンを予想します。

つまり、グローバルAIファンドを5年間で売却する場合、

  • 購入時手数料:年0.6%
  • 信託報酬:年1.75%

合計で年2.35%を予想リターンから差し引いて考えます。

また、「為替ヘッジあり」を選択する場合は前述の通り過去1年間の為替ヘッジコスト「年1.63%」を上乗せして考えます。

為替ヘッジコストを含めると年間の予想コストが3.98%になってしまいますので、少し選びにくいですね。

グローバルAIファンドのポートフォリオを見てみると、Facebookやテスラなどの大型株が大きいようです。

年間リターンは蓋を開けてみないとわかりませんが、高い成長を見込んで年率8%程度のリターンを想定します。

年8%のリターンに、年2.35%のコストを差し引いて、実質リターンを5.65%として5年間の運用で積立シミュレーションしてみてください。

積立シミュレーター

毎月の積立額万円

利回り(年率)%

積立期間

ヶ月間

計算結果(グラフ)

計算結果(表)

積立をしない場合は、こちらの複利計算シミュレーターを活用ください。

AIの成長に期待を込めて、概ねこのような結果が想定できそうです。

もちろん、リスクが高めの成長投資ですので、リターンが大きく上振れする可能性も、また元本割れで終了してしまう可能性もあります。

信託期間は2026年まで

AI(人工知能)

グローバルAIファンドは信託期間が「2026年9月25日まで」と定められている期間限定のファンドです。

目論見書に記載されているデータを見ると、アメリカの調査会社によると、AI関連企業の売上高の推移予想は「2016年 → 2025年」で年平均成長率が62%に達するとのこと。

これはあくまでも売上高の話で、利益となるとまた別だと思いますが、市場規模が大きく拡大していくことが予測されています。

上記を踏まえ、グローバルAIは、ファンド設定日の2016年から10年間の、まさに人工知能の技術成長が著しい時に新しい技術に投資をできるファンドとなります。

ただし、評価の部分でも触れたように、人工知能の技術そのものが発展途上のためリスクが大きいファンドであることは間違いありません。

リスクが高めの投資信託なので、チャンスがあれば短期的な売却は検討してもよいと思います。しかし、グローバルAIファンドには

  • 購入時手数料
  • 年1.5%を超える信託報酬

がありますので、手数料を考慮すると期待したリターンが得られない可能性もあります。この点には十分注意しましょう。

この投資信託をどの証券会社で買うべきか

財布を持つ女性

グローバルAIファンドは、

  • 信託期間が決められていること
  • リスクの高い成長投資であること

から短期間での売却を想定した運用が求められます。
運用期間を短期間にした場合、購入時手数料が大きな負担となることがあるため、「購入時手数料 ÷ 想定保有期間」を計算し、購入時手数料が年間のリターンに及ぼす影響をシミュレーションしてみましょう。

一方で、グローバルAIファンドの場合、購入時手数料の上限が3%+税となっています。

つまり、手数料の上限は決められているものの、実際の手数料は販売会社によって決定されるので、販売会社によっては購入時手数料を低くすることができます

下記は、購入時手数料が低めに設定されている金融機関のリストです。

ジャパンネット銀行
2018年6月29日 約定分までの期間限定。「コツコツ投資プロジェクト」キャンペーンにより、投信積立の購入時手数料が全ファンド無料。

SBI証券
購入時手数料が大きく引き下げられており、1.6%で購入できる。

フィデリティ証券
新規口座開設者限定の「スタート0%プログラム」により最大3ヶ月間、購入時手数料が全ファンド無料。

多くの金融機関では、購入時手数料は3%+税でしたが、SBI証券であれば1.6%+税での取扱です。

その他、ジャパンネット銀行やフィデリティ証券ではキャンペーンを活用して手数料0円でグローバルAIファンドを購入できます。