DCF法シミュレーター

1億人の投資術 Tools

DCF法シミュレーター

企業価値・資産価値・株式価値の算定をDCF法(ディスカウント・キャッシュフロー法)でシミュレーションできます。

一般的に、ファイナンスの知識がなければ計算が難しいとされるDCF法ですが、このシミュレーターは専門的な知識を持たない株式投資の初心者でも扱えるように作っています。

DCF法の詳しい解説は「DCF法の世界一わかりやすい解説、割引率の決め方やエクセル計算方法」をご覧ください。

(2回目以降の利用の際にはブックマークがおすすめです)

▼シミュレーターの使い方はこちら▼

DCFシミュレーター

読み込み中...

使い方

データ分析

最初に「円・千円・百万円」から規模に見合うものを選択してください。

・割引率
一般的には「WACC(加重平均資本コスト)」が用いられますが、自分で自由に決めて良い数値です。

割引率は「リスク(不確実性)」、「期待する利回り」などと言い換えることができます。

一般的に、TOPIX(東証株価指数)の平均的な期待収益率は6%程度になると言われています。この数値を基準として、M&Aの実務ではDCF法の割引率を4%~7%に設定することが多いです。

上記を基準とし、ハイリスク・ハイリターンだと判断する場合は高い数値を、ローリスク・ローリターンであると判断できる場合は低い数値を入力します。

割引率の入力値がDCF法の結果を決定づける大きな要因です。

・永久成長率
その企業の永久的な成長率を自由に決定し入力します。たいていは0%か1%(インフレ率相当)が設定されます。

・フリーキャッシュフロー
今後5年間のフリーキャッシュフローの予測を入力します。6年目以降は任意で追加できます。

簡易的なフリーキャッシュフローは「営業キャッシュフロー + 投資キャッシュフロー」で計算できます。

・現金
現金または現金同等物の値を入力します。0円でも動作します。

・有利子負債
借入金や社債など、利息が発生する負債の合計値を入力します。0円でも動作します。

DCF法の詳しい解説は「DCF法の世界一わかりやすい解説、割引率の決め方やエクセルでの計算方法」をご覧ください。

割引率や永久成長率の考え方について詳しく説明しています。

▼シミュレーターへのご意見ご感想はTwitter・Facebookまでお願いします▼

Twitter Facebook