PER(株価収益率)のやさしい説明、3分でわかる投資の基礎

株式投資の虎

PER

現在の株価が割高か割安かを簡単に判断できる指標に「PER(株価収益率)」というものがあります。(読み方はピーイーアール、たまにパーと言う人もいる)

PERは株式投資で銘柄について語る際、必ずといってよいほど出てくる定番の指標です。

企業のファンダメンタルズ分析をするなら、その入口は「PER」からといっても間違いではありません。しかし、初心者向けの定番指標と言っても、PERはとても使える指標です。

今回はPERをどのように計算するのか、また実践での活用方法についてもわかりやすく解説します。

PERの大まかな見方

PERの基準

一般的に、PERが高いほど割高で、PERが低いほど割安と言われます

例えば、PERが8倍だからこの株は割安、PERが100倍だから割高だと言った具合です。

一般的に言われるのは、

  • PER10倍以下:割安
  • PER15倍:適切
  • PER30倍以上:割高

という認識を持っている投資家が多いように思います。

実はPERは個別銘柄だけに適用されるものではなく、TOPIX(東証株価指数)のPERというものも存在します。つまり、東証一部全銘柄の平均値です。

TOPIXのPERは日本経済新聞のサイトなどで閲覧できますが、この数値を見て平均よりも割安か割高かを判断することもできます。

計算方法

計算する女性

PERの計算方法は主に3つあります。

PER = 現在の株価 ÷ EPS(1株あたり利益)

PER = 時価総額 ÷ 当期純利益

PER = PBR(1株あたり純資産) ÷ ROE(株主資本利益率)

上のものほど一般的に用いられます。

現在の株価は、時価総額を発行済み株式数で割ったものであり、EPS(1株あたり利益)は当期純利益を発行済み株式数で割ったものです。

よって、「PER = 現在の株価 ÷ EPS(1株あたり利益)」で計算しても「PER = 時価総額 ÷ 当期純利益」で計算しても結果は同じとなります。

また、上記3つの計算式はバラして組み替えることができ、「1株あたりの利益 × PER(株価収益率) = 株価」と表すこともできます。

PERを単純に計算するだけでなく、様々に組み替えてそれぞれの関係性をイメージすることが大切です。

PERの計算で使われる、EPS(1株あたり利益)や当期純利益などは、会社四季報を見れば過去の数値も含めて掲載されています。

もちろん、決算短信や有価証券報告書を見ても載っています。

利益何年分で投資額が回収できるか

時間

PERは、投資金額を何年分の利益で回収できるか?を知るための指標としても使えます。

例えば、PER10倍の銘柄だったら、現在の純利益が10年続けば実質的には投資金額と同じだけの利益を手にすることができます。

なぜかというと、「株価1,000円・PER10倍」の銘柄を1株買った場合、上記の計算を元にすると「EPS(1株あたり利益) = 100円」になります。

つまり、1,000円を投資すれば、理論上はその企業は毎年100円の利益を生み出すため、10年経てば1,000円の利益が得られるという理屈です。

しかし実際には、企業の利益は毎年変化します。業績が向上して利益が増えることもあれば、その逆もあります。

また、1株あたり利益の全額が配当金として株主に払い戻されるのではなく、実際に株主に配当されるのは1株あたり利益の30%程度(配当性向30%の銘柄の場合)なので、残りは企業の中に内部留保として蓄積され、株価の上昇をもって還元するという扱いになります。

しかしながら、株価の動きは景気などの外部環境によっても影響をうけるので、PER10倍の銘柄に投資して10年で投資額相当の利益を得るというのはあくまでも「理論上」となります。

PERを見る上での注意点

PERの数値によって割高か割安かを判断する。

一般的にはこの知識だけでも十分なのですが、ここからはもう少し深く解説をしていきたいと思います。

そもそも、PERの数字を見ただけで割安か割高か判断できるなら、株式投資で簡単に儲かるはずです。しかし実際にはそう簡単にはいかないのが株式投資です。

PERが高い株ほどよく上がる

急上昇

PERが高ければ割高、低ければ割安と聞けば、多くの投資家がPERの低い銘柄を狙うことを考えると思います。

誰だって、割高な株を高値づかみはしたくありませんからね。。。

しかし、実際の株式市場ではPERが高い株ほどより上昇する傾向が見られるのも事実です。

なぜこのような現象が起こるのでしょうか。

それは、PERは「割高・割安」を測る指標である一方、「投資家の期待値(企業の将来の成長期待度)」を測る指標でもあるからです。

例えば、PER50倍の銘柄を買った場合、これまでの認識だと「投資金額を回収するのに50年もかかるのか・・・」と考えてしまいがちです。

しかし、PER50倍の株価が付いているということは、投資家がそれだけその銘柄の成長性に期待している(人気株)と言い換えることができます。

なぜ、PER50倍の株がさらに上がるのかというと、現在のPER50倍は将来のPER10倍かもしれないからです。

たとえば、先ほどの「1株あたりの利益(EPS) × PER(株価収益率) = 株価」の公式を使って考えてみます。

「EPS100円 × PER50倍 = 株価5,000円」の銘柄があったとします。PERは50倍ですから現在の株価は高いと感じるのが普通です。

しかし、現在はEPS100円でも、すでに2年後に新製品の発表が予定されていて、その製品名が「iPhone」と呼ばれる携帯電話だったとします。

現時点で「iPhone」という製品は発表されていないので、当然企業のEPSには貢献していません。

しかし、2年後にiPhoneが発表されれば、爆発的に売れる可能性が高い、それくらいのポテンシャルがある製品ではないか?と投資家は未来を予想するわけです。

その結果、2年後にiPhoneが発表され、iPhoneが爆発的に売れ、その銘柄のEPSが500円まで急成長したとすればどうでしょうか?

「EPS500円 × PER50倍 = 株価25,000円」となります。

つまり、現時点で「EPSが100円、PER50倍、株価5,000円」の銘柄でも、「iPhoneは爆発的に売れるのではないか?」という前提を置くと、近い将来その銘柄は「予想EPS500円 × PER50倍 = 理論株価25,000円」、もしくは株価が思った以上に上がらない場合でも「EPS500円 × PER10倍 = 株価5,000円」のPERが超割安の銘柄に見えてくるわけです。

iPhoneがこれからも売れ続けると考える投資家が多く、期待が続くのであれば、引き続きその銘柄はPER50倍を付けるので株価は上昇します。EPSが5倍に成長しているため、PER50倍だと理論株価は25,000円に上昇します。

つまり、株価が5,000円、PER50倍の段階で将来のEPS5倍を予想してその銘柄を買っていた投資家は、5倍のリターンをあげることができるわけです。

一方で、株価がまったく動かない場合でも「EPS500円 × PER10倍 = 株価5,000円」となるため、高い成長期待のあるPER10倍の割安株を入手できます。

低PER株は成長期待がない

右肩下がり

逆に言うと、PERが低く「割安」とされている銘柄は、投資家が将来の成長を予想していないことになります。

PERが低い銘柄は、

  • 将来の業績悪化が予想されている
  • 成長期待がない安定銘柄

だと投資家に判断されている可能性が高いです。
つまり、「不人気株」ということになり、株価の大幅な上昇が見込みにくい銘柄となります。

安定的に配当金を得たい場合はそういった銘柄に投資しても良いのですが、PER10倍の株を買って、10年かけて投資資金を回収するとなると気の遠くなる作業であることも事実です。

わかりやすく言えば、リスクは高いが手っ取り早く儲けたいなら高成長で高いPERが付いている銘柄、安定運用でじっくりと配当が得られれば良いという場合は低PER銘柄を狙うと良い、どちらも投資家のスタイルによって判断する形となります。

特別損益で異常値が出る場合も

上昇

PERはEPS(1株あたり利益)によって大きく変化します。

1株あたり利益とは、税金や突発的な損益(特別損益)を含めた最終利益です。

企業の中には、子会社の売却などによって得た売却益が大きく、それが一時的な利益として計上されることも少なくありません。

このような場合、今期だけEPSが跳ね上がることになり、PERが一時的に大きく下落します。

PER5倍で割安だと思っても、実はそれは特別利益によるEPSの一時的な増加が原因で、来期になってEPSが通常の値に戻ると、PERが20倍となり、割安とは言えなくなっているということもあります。

逆に、赤字の会社はPER0倍として表示される事が多いのですが、なんとかギリギリ黒字転換をして、EPSが1円だけ出たとします。

このような場合は、PER100倍などの異常な数値が出ますが、一度黒字転換した後は来期になるとEPSが一気に高まる可能性もあり、翌年にはPERが20倍になっているということも少なくありません。

まとめ

個人投資家は、ただPERの数字だけを見て銘柄を割安か割高か判断してしまう人が多いように思います。

しかし、重要なのはそのPERが付けられている理由を探り、中身を見ることです。

また、それと合わせてPERの変化に着目することで、将来の株価を予想することができるようになってきます。