多くのサラリーマンにとって最高の投資法は入金投資法である

投資のまるばつ

まる

正解は「◯」です。

少し本題からそれますが、金融業界で働く人は全体的に収入(年収)が多いです。この理由について考えたことがあるでしょうか

「頭がいいから年収が高い(または学歴が高いから年収も高い)」というのは間違いです。正確には「金融業は数字の掛け算で利益が増える仕組みなので年収が高くなる」というのが正しい理解だと私は思っています。

例えば投資に関して言えば、投資金額100万円で株価が2倍になると利益は100万円です。投資金額が1億円なら、株価が2倍になると利益は1億円に膨らみます。

しかし理論上、両者の労力は変わりません。個人投資家の中にも1人で1億円、10億円の資金を運用している人はたくさんいますし、実際、数千億円・数兆円を運用するようなファンドでも、実はたった数名のチームで構成されていることは珍しくありません。

これが、「金融業界で働く人の年収が全体的に高い」理由です。

私がここで言いたいのは、投資を含む金融の世界では金がモノを言う、つまり原資は多いほど良いということです。

入金し続ける入金投資法が億万長者への近道

入金投資法

よく、証券口座にお金を入金することで残高が増えていくことを「入金投資法」などと言いますが、サラリーマンや一般の方にとって、入金投資法はとても意味のある有効な手段です。

なぜなら、一般のサラリーマンにとっては、100万円の運用資産を準備するだけでも大変なことだと思います。しかし、原資となる100万円を使って投資で20万円の利益を稼ごうと思ったら、20%のリターンをあげる必要があります。

これはとても大変なことです。
なぜなら、あのウォーレン・バフェットですら平均年間リターンは20%程度だからです。仮にあなたが1年で20%以上の利益を手にすることができたとしても、それを長年に渡って継続することは難しいです。

しかし、入金投資法によって毎月の給料をほぼ全額、証券口座の入金に回せば、あなたの証券口座は確実に20%程度増加します。(それも毎月です)節約志向で実家暮らしのサラリーマンなら、毎月20万円を投資に回すことも不可能ではないはずです。

そして、ある程度原資が増えてきた時にようやく「金が金を生む状態」となり入金投資法による影響が小さくなってくるのです。

投資をやるなら1,000万円程度は貯めたい

貯金

原資が少ないうちは「入金投資法」によって口座残高を増やすのが得策です。投資でお金を稼ごうなどとは思わずに、しっかりと節約をして、少しでも多くのお金を入金する。これが最高のリターン(口座資産の増加)になります。

原資が増えてくると徐々に「入金投資法」の効果は薄くなってきます。例えば原資が1億円ある投資家の場合、1%の変動だけで100万円が動くことになるので、20万円ぽっちを入金しても損失はカバーできません。

では、入金投資から「金が金を生む状態」状態になるにはどれくらいの原資が必要かというと、個人的には1,000万円程度は貯めるべきだと思います。

実際、成功した投資家の話を聞いても、300万円~1,000万円くらいまでは、兼業投資家として入金を続けながら投資をしていたという人が多いです。

運用資産が1,000万円になると、年間2%のリターンで20万円、6%のリターンなら60万円が稼げるようになります。これでもまだ、投資だけで食っていく状態には程遠いですが、「金が金を生む状態」になるのはこの辺りからだと思います。

投資で食うにはどれくらいの資金が必要か

個人投資家

では、「投資だけで食う」にはどれくらいの運用資産が必要なのでしょうか。

デイトレードなどの短期投資であれば、1,000万円くらいあれば専業トレーダーになれます。ただしこれは、デイトレードで勝ち続けられる投資家であるという前提です。また、デイトレードには常にリスクがつきまといます。

一般的な資産運用で投資だけで食べていくには、やはり1億円程度の資産が必要になると思います。1億円あれば、株式投資よりリスクの小さい不動産投資で5%程度のリターンが出せれば年収は500万円程度になるので、十分食べていくことができます。