楽天証券とSBI証券のiDeCo比較、手数料が低いのはどっち?

ローリスクde資産運用

楽天証券とSBI証券の比較

将来の資産形成や節税などで注目されている個人型確定拠出年金(iDeCo)。

2017年のリニューアルによって制度変更となり、私の友人でもiDeCoに興味を持つ人が増えています。

1億人の投資術でもこれまでiDeCoについてさまざまな比較を行ってきました。

その中でも特に注目しているのが「ネット証券の提供しているiDeCo」です。

大手証券会社や銀行と比べても、楽天証券とSBI証券のiDeCoは特にスペックが高く、iDeCoを選ぶ上で大切な「投資信託の商品ラインナップの良さ」と「口座管理手数料の安さ」の両方を兼ね備えています。

今回はiDeCoにおいて2強とも言える楽天証券とSBI証券のiDeCoを比較してみます。

最初に結論を言ってしまうと、

  • SBI証券:商品ラインナップが最強
  • 楽天証券:商品ラインナップは素晴らしいがSBI証券と比較してやや劣る

となります。
楽天証券もSBI証券もどちらも非常に優れた金融機関ですが、商品ラインナップはSBI証券がややリードしている印象です。

iDeCoの口座管理手数料で比較

信頼できる男性

まず最初に、iDeCoを選ぶ上で重要なポイントとなる「口座管理手数料」を比べてみます。

iDeCoは初期費用として2,572円+税(各社共通)、そして掛金ごとに発生する手数料として年間1,872円+税(各社共通)がかかります。

これらの費用はどの金融機関を選んでも同じです。(ちなみに、iDeCOの節税効果を考えるとこれらの手数料を払っても十分過ぎるお釣りがくるので安心です)

しかし、もう一つの手数料として「口座管理手数料」というものがあり、こちらは金融機関によって異なります。

口座管理手数料は高い金融機関だと毎月500円(年間6,000円)もかかってしまうのですが、楽天証券とSBI証券については、口座管理手数料が0円(完全無料)です。

これだけで他の金融機関を選ぶよりも年間6,000円もお得になります。iDeCoは最大で40年の長期運用になりますから、口座管理手数料の差だけで最大24万円も違ってくることになります。

口座管理手数料はどちらを選んでも0円

楽天証券

楽天証券とSBI証券の口座管理手数料は以下の通りです。

楽天証券
完全無料(年間0円)

SBI証券
完全無料(年間0円)

以前はどちらも口座管理手数料が必要だったのですが、両社ともに現在は完全無料となっています。

大手の証券会社や銀行のiDeCoを使うと、30年以上にわたって口座管理手数料を払い続けなければならないことを考えると、楽天証券とSBI証券のiDeCoがいかに低コストで運用できるかがわかります。

iDeCoで人気の高い金融機関の手数料比較はこちらの記事でも行っています

口座管理手数料で比べると、楽天証券、SBI証券ともに0円なので差をつけることはできません。

投資信託の商品ラインナップで比較

比較

続いて、投資信託の商品ラインナップで比較したいと思います。

iDeCoは長期の運用になるため、低コストのインデックスファンドを選択するのが良いというのは、投信ブロガーの間でも定説となっているほどです。

コストが高いアクティブファンドではなく、インデックスファンドを中心としたポートフォリオを組むことで、長期的に安定した運用結果を期待することができます。

特にiDeCoには「DC専用(確定拠出年金専用)」のファンドが用意されており、一般的に販売されている投資信託よりもコストを抑えた運用が可能となっています。

2016年8月時点のデータでは、iDeCoのラインナップの信託報酬が平均0.82%であるのに対し、一般販売されている投資信託の信託報酬は平均1.53%となっており、特定口座やNISA口座で買うよりも約半分のコストで資産運用ができます

投資信託の商品ラインナップで比較すると、記事執筆時点でSBI証券が59種類、楽天証券が28種類となっています。

SBI証券の方が商品数においては圧倒的です。また、今から個別のインデックスファンドを比較していきますが、信託報酬をとってもSBI証券の方が良質な投資信託が多い印象を受けます。

投資信託を選ぶポイントは、信託報酬が低いファンドを選ぶことに尽きます。

信託報酬とは、資産運用会社に支払う手数料のことで、運用資産に対して毎年「年率」で差し引かれる手数料となります。資産運用は複利効果が非常に大きいので長期的に見ると0.1%の信託報酬の差が運用結果に大きく影響していくこともあります。

信託報酬が年率1%違うと運用結果に大きな差が出ます。
100万円を3%の複利で30年間運用した場合、信託報酬0.5%の方は210万円となり、信託報酬1.5%の運用では156万円となりました。運用資産が100万円でも、運用結果に50万円以上の差がつくのです。
信託報酬による運用結果の差

国内株式インデックスファンド

国内株式インデックスファンドには「日経225連動型のインデックスファンド」と「TOPIX連動型のインデックスファンド」があります。

これらはどちらを選択しても良いのですが、TOPIXの方が東証に上場している全銘柄の成長を反映しやすい仕組みとなっているので、個人的にはTOPIX連動型のインデックスファンドを選択することをおすすめします。

証券会社 ファンド名 信託報酬 指標
SBI証券 DCニッセイ日経225インデックスファンドA 0.19%以内 日経225連動
SBI証券
楽天証券
三井住友・DC日本株式インデックスファンドS 0.19% TOPIX連動
楽天証券 たわらノーロード日経225 0.19% 日経225連動

※信託報酬は税抜

国内株式ファンドについては、SBI証券、楽天証券ともに差はありません。

TOPIX連動のインデックスファンドでは「三井住友アセットマネジメント」の「三井住友・DC日本株式インデックスファンドS」という低コストのインデックスファンドがあります。

このファンドはSBI証券、楽天証券ともに導入しており、両方の証券会社が認めた非常に優れた投資信託であることがわかります。

日経225インデックスファンドについては、SBI証券が「ニッセイアセットマネジメント」を、楽天証券が「アセットマネジメントOneのたわらシリーズ」を選択しています。

どちらも年率0.19%の信託報酬となっているので大きな差はありません。

楽天証券はiDeCoのファンドに「たわらシリーズ」を積極的に導入しています。「たわらシリーズ」は「アセットマネジメントOne(旧DIAMアセットマネジメント)」という資産運用会社のファンドですが、みずほグループの大手運用会社なので安心です。

ちなみに、SBI証券は国内株式ファンドとして「ひふみプラス」が選べます。

ひふみプラスはアクティブファンドとなりますが、カンブリア宮殿などでも取り上げられたカリスマファンドマネージャー「藤野英人」さんの運用する投資信託として、個人投資家に人気があります。

国際株式インデックスファンド

国際株式インデックスファンドは、一般的には「MSCIコクサイ・インデックス(配当込み、円換算ベース)」という指数に連動するものを選びます。

この指数は、先進国23カ国に対して分散投資をし、各国の時価総額の85%をカバーできるというものです。つまり、MSCIコクサイ・インデックス連動のファンドを1本購入しておくだけで、世界分散投資が実現できます。

世界分散投資をしておくことで、日本の経済成長が鈍化しても、世界経済の成長の恩恵を受けることができます。

一方で、MSCIコクサイ・インデックスは「新興国を投資対象としていない」ため、中国やインドといった新興国の成長は取り込めません。

新興国は著しい成長が見込める一方で、地政学的リスクが高くなっています。

新興国への分散投資を行う場合は、「MSCI エマージング・マーケット・インデックス(円換算ベース)」という指数に連動するインデックスファンドを購入すればOKです。

先進国に絞って投資をする人もいれば、ポートフォリオにMSCI エマージング・マーケット・インデックス連動のファンドを組み入れる方もいて、ここは個人の判断によります。

個人的には、長期に安定運用をするなら「MSCIコクサイ・インデックス」連動のファンドのみで良いかなと考えています。

証券会社 ファンド名 信託報酬 指標
SBI証券 DCニッセイ外国株式インデックス 0.21% MSCIコクサイ・インデックス(配当込み、円換算ベース)
SBI証券 EXE-i 新興国株式ファンド 0.35% FTSE・エマージング・インデックス(円換算ベース)
SBI証券 三菱UFJ DC新興国株式インデックスファンド 0.55% MSCIエマージング・マーケット・インデックス(円換算ベース)
楽天証券 たわらノーロード 先進国株式 0.225% MSCIコクサイ・インデックス(配当込み、円換算ベース)
楽天証券 日興-インデックスファンド海外新興国(エマージング)株式 0.55% MSCIエマージング・マーケット・インデックス(円換算ベース)

※信託報酬は税抜

「MSCIコクサイ・インデックス」に連動する先進国株式インデックスファンドでは、SBI証券の「DCニッセイ外国株式インデックス」が最も信託報酬が低くなっています。

新興国株式については、SBI証券が三菱UFJ国際投信のファンドを、楽天証券が日興アセットマネジメントのファンドを選択しています。

また、SBI証券には「EXE-i 新興国株式ファンド」という商品もあります。これは、新興国インデックスの指数である「MSCIエマージング・マーケット・インデックス」ではなく「FTSE・エマージング・インデックス(円換算ベース)」を参考指標として運用するタイプの投信です。

信託報酬が低く設定されているのですが、ETFを通じて運用する、いわゆる「ファンド・オブ・ファンズ」のため、実質コストはもう少し高くなります。

国内債券インデックスファンド

国内債券は「NOMURA-BPI総合」という指数に連動するインデックスファンドを選択するのが一般的です。

iDeCoの中には元本確保型の定期預金もありますが、国内債券ファンドは日本国債を中心に安定的な債券で運用されるため、リスクが極めて低いのが特徴です。(一応、債券なので元本保証はありません)

証券会社 ファンド名 信託報酬 指標
SBI証券 三菱UFJ 国内債券インデックスファンド(確定拠出年金) 0.12% NOMURA-BPI総合
楽天証券 たわらノーロード 国内債券 0.15% NOMURA-BPI総合

※信託報酬は税抜

国内債券ファンドについてはSBI証券の「国内債券インデックスファンド」がとても優秀です。

この投資信託は確定拠出年金専用ファンドで、三菱UFJ国際投信が運用しています。

楽天証券のたわらノーロード国内債券も非常に優れているのですが、「三菱UFJ 国内債券インデックスファンド(確定拠出年金)」の信託報酬はさらに0.03%低くなっています。

国際債券インデックスファンド

海外の公社債で運用する投資信託で「シティ世界国債インデックス(除く日本、円ベース)」という指数に連動する投資信託を選ぶのが一般的です。

国際債券インデックスファンドには「為替ヘッジあり・なし」の両方がラインナップされていることが多いのですが、一般的には「為替ヘッジなし」を選びます。

証券会社 ファンド名 信託報酬 指標
SBI証券 三井住友・DC外国債券インデックスファンド 0.21% シティ世界国債インデックス(除く日本、円ベース)
楽天証券 たわらノーロード先進国債券 0.21% シティ世界国債インデックス(除く日本、円ベース)

※信託報酬は税抜

資産運用会社は違いますが、どちらも同じ指数に連動するファンドで、信託報酬も同じです。

インデックスファンドの場合、同じ指数に連動し、信託報酬が同じであれば運用パフォーマンスはほとんど同じとなります。

リートインデックスファンド

基本的には「国内・国際株式、国内・国際債券」の4つで運用するのが一般的ですが、比較的安定性のある「リート(不動産)」をポートフォリオに組み入れる投資家もいます。

このあたりは、お好みでという感じです。

リートインデックスファンドにも、国内リート(東証REIT指数に連動)と国際リート(S&P先進国REIT指数に連動)に分かれます。

証券会社 ファンド名 信託報酬 指標
SBI証券 DCニッセイJ-REITインデックスファンドA 0.25% 東証REIT指数(配当込み)
楽天証券 三井住友・DC日本リートインデックスファンド 0.26% 東証REIT指数(配当込み)
SBI証券
楽天証券
三井住友・DC外国リートインデックスファンド 0.3% S&P先進国REIT指数(除く日本、配当込み、円換算ベース)

※信託報酬は税抜

国内リートはSBI証券のファンドが一歩リードですが、海外リートについては楽天証券もSBI証券も同じ「三井住友・DC外国リートインデックスファンド」という商品をラインナップに加えています。

その他

その他には、バランス型投信やターゲットイヤーファンドなどがあります。

証券会社 ファンド名 信託報酬 指標
SBI証券 iFree 8資産バランス 0.22% バランス型ファンド
SBI証券 日興-DCインデックスバランス(株式40) 0.18% バランス型ファンド
SBI証券 SBI-セレブライフ・ストーリー2055 0.63% ターゲットイヤーファンド
楽天証券 三菱UFJ DCバランス・イノベーション(KAKUSHIN) 0.6% バランス型ファンド
楽天証券 楽天ターゲットイヤー2050 0.86% ターゲットイヤーファンド

※信託報酬は税抜

バランス型ファンド、ターゲットイヤーファンドはお手軽に運用したい人向けですが、それでもSBI証券は非常に低コストの信託報酬の投資信託を揃えています。

特に、DCインデックスバランス(株式40)は信託報酬が年率0.18%+税と圧倒的に低く、これはバランス型ファンドの中でもかなり優秀だと思います。

また、SBI証券が新しくiDeCoで取扱を開始した「iFree 8資産バランス」も投信ブロガーの間では評判の投資信託です。

一般的なバランス型ファンドは、「国内株式・国内債券、先進国株式、先進国債券」の4つに分散投資を行いますが、iFree 8資産バランスはさらに「新興国株式、新興国債券、国内リート、海外リート」も含めた8つの資産に分散投資します。

8つの資産にバランスよく投資するファンドとしては、圧倒的な信託報酬の低さを誇る、低コストファンドです。

まとめ

iDeCoと女性

冒頭でもお伝えしましたが、SBI証券と楽天証券のiDeCoは、

  • SBI証券:商品ラインナップが極めて優れている
  • 楽天証券:極めて優れているがSBI証券にはやや劣る

という結論になります。

ちなみに、(保有している商品を一旦売却する必要はありますが、)iDeCoの金融機関は途中でも変更可能です。

SBI証券 公式サイトはこちら