配当金を出さない上場企業は悪い会社である

投資のまるばつ

ばつ

黒字の会社なのになぜ無配当なの?

このように考えたことはないでしょうか。また、配当金を出している会社の場合も「これだけ利益が出ているのになぜ配当金が少ないんだ?」と感じたことはないでしょうか?

アメリカでは、大手企業でも配当金を出していないことが結構あります。しかし、日本人の投資家は配当金が欲しいと感じる人が多く「配当金を出さない上場企業は悪い会社だ」という風潮があります。

しかし、この答えは「✕」です。
配当金を出していないからといって、そのお金は決して無駄遣いされることなく企業の成長に活用されています。著名投資家のウォーレン・バフェットも、配当金を出す企業を嫌うことで知られています。

配当金を出さない会社はどうなるのか

配当金

そもそも、配当金の源泉となるのは何なのでしょうか。この答えは簡単で、「企業が生み出した最終利益」です。

株式会社は投資家からお金を出資してもらい、事業を展開します。そして事業で生み出された最終利益を配当金という形で投資家に還元するというのが、株式会社のお金の動きです。

しかし、現実には企業の配当に対する考えは下記の4つに分かれます。

黒字で配当金を出す会社
通常は事業で利益(黒字)が出たらその利益を投資家に配当します。

黒字なのに配当金を出さない会社
本記事の議論となる会社。配当金を出さずに黒字を会社に内部留保して貯め込みます。

赤字なのに配当金を出す会社
安定的な配当を方針として掲げている会社は、赤字に陥っても内部留保している資金を取り崩して配当金を支払います。

赤字で配当金が出せない会社
言うまでもありません。赤字なので配当できない会社です。

配当しなかったお金は内部留保される

内部留保

黒字が出たけど配当金として投資家に還元しなかったお金は、内部留保といって会社の中に貯めこまれます。

そして、会社の中に貯めこまれた内部留保金は新規事業の創出や既存事業の強化、研究開発などに使われるのが普通です。また、会社内に貯め込んだ現金が大きくなると「自社株買い」をすることで投資家に還元するケースもあります。

  • 配当金を出す(投資家に還元)
  • 研究開発などに使う(さらなる会社の成長に使う)
  • 自社株買い(投資家に還元)

会社のさらなる成長のために利益を貯め込み、新規事業の創出や既存事業の強化、研究開発に使うことは、配当や自社株買いと同じく投資家への還元と言うことができます。

なぜなら、会社が新規事業を成功させ、会社を成長させることは、株価の上昇要因になるからです。

配当金という形で還元するか、株価の上昇で還元するか。という違いなのです。

成長が著しい会社は配当しない方がいい

ベンチャー企業

上記の理由から、成長が著しいベンチャー企業などは配当金を出さない方が良いです。

黒字で得た利益を配当金に回してしまうことは、逆に言うと次の成長のために使うガソリンを減らしてしまう行為です。黒字なのに配当金が0円ということは、生み出したガソリンをフルに会社の成長に使っていることを意味しています。

ベンチャー企業のような伸び盛りの会社は、資金需要が旺盛ですから、新規事業や既存事業をもっともっと大きくして、将来的に大きな配当や株価の上昇によって還元してもらえることを期待すれば良いのです。

逆に、ある程度の大企業になって、ベンチャー企業のように毎年業績が2倍3倍で成長するようなことがなくなれば、カネ余りの状態になりますので、安定的に配当を出していく方向にシフトしていきます。

アメリカでは無配当だった企業が配当金を出すと「成長に限界がきた、成長が鈍化し始めた」と捉えられることもあるようです。

実際、iPhoneで有名なアップルですらつい最近まで無配当を続けていました。

配当金を出すと税金がかかる

税金

毎年税金を支払ながら再投資をしていくのと、税金を一度も支払うことなく長期投資をするのとでは、複利効果の点から考えて大きな差がつくという話を、長期投資はデイトレードよりも税金面で有利であるという記事でお話しました。

かの有名な投資家「ウォーレン・バフェット」が配当金を出す会社を嫌う理由は、上記の話に通ずるものがあります。

仮にA社に長期投資をしている場合、A社が毎年配当金を出していると、私たち投資家が配当を受け取ったタイミングで課税されます。

逆に、配当金を一切出さずにすべて会社の成長に使った場合、私たち投資家はA社の株式を売却して利益を確定するまで、一切課税されません。長期投資で保有し続ければ、複利効果の恩恵を最大限に享受できます。

つまり、資本を外部に流出させたり、投資したお金を現金化してしまうと、その時点で税金が発生するため、本来なら再投資に回せたはずのお金が、税金として奪われてしまうのです。