特定口座源泉徴収なしを選択することは無意味なことである

投資のまるばつ

ばつ

はじめて証券口座を開設する時に、特定口座の「源泉徴収あり・なし」のどちらにするか迷いませんでしたか?

私は周りに投資をやっている友人がいなかったので、どの口座を選択すればよいか父親に聞きました。今はそれぞれの証券口座がにどのような意味があり、それぞれのメリット・デメリットも把握しています。

はじめて証券口座を作る時は「特定口座 源泉徴収あり」を選択しておけば間違いありません。

源泉徴収ありを選択しておくと、株式売却益にかかる税金を証券会社が自動的に徴収して国税に納めてくれます。逆に、株式で損失が出た時は、証券会社が自動的に納めた税金を還付してくれます。

すべて証券会社が自動的にやってくれるので、あなたは確定申告はおろか、何も手続きをする必要がありません。すごく簡単です。

一方で、「特定口座 源泉徴収なし」の場合、自分自身で確定申告をする必要があるので、かなり面倒です。。。ほとんどの人が選択する必要はないと思います。

一見、メリットが感じられない「特定口座 源泉徴収なし」ですが、1つだけメリットがあります。今日は、「特定口座 源泉徴収なし」を選ぶメリットについて書いてみたいと思います。

プロの投資家なら特定口座 源泉徴収なしを選ぶべき

検討中

私が考える「特定口座 源泉徴収なし」のメリットは、資金効率を高められることです。

「源泉徴収なし口座」を選択することで、期中(毎年1月~12月)の間に発生した売却益にかかる税金を徴収されることなく、フルに投資資金に使うことができます。

いずれにしても確定申告の段階で納税する必要はあるのですが、税金の支払いを翌年3月の確定申告時期まで延ばすことによって、期中の複利効果を最大化できるということです。

■源泉徴収ありの場合
メリット
証券会社が自動的に税金の納付・還付をおこなってくれるので確定申告をしなくて良い。とにかく楽。

デメリット
株式売却益が発生するとその都度、税金を差し引いた分の利益だけが口座に残る。差し引かれた税金分が投資資金に回せない分、複利の観点から考えて資金効率が悪い。

■源泉徴収なしの場合
メリット
期中(毎年1月~12月)にどれだけ株式売却益が出ても、税金は一切差し引かれない。税金は翌年3月の確定申告時にまとめて支払うので、納税するまでは得た利益を全額再投資に回すことができ、資金効率が良い。

デメリット
自分で確定申告する必要があるので手続きが面倒。

わかりやすく言うと、100万円の利益が出た場合「源泉徴収あり」だとすぐに税額20%に相当する20万円が差し引かれて、手元には80万円しか残りません。しかし、「源泉徴収なし」を選んでおけば税金の20万円は確定申告時期まで支払う必要がないので、それまでの間、定期預金にでも入れておけば利息分得する。という感じです。

これはビジネスにも同じことが言えるのですが、資金効率を語る上では「もらいは早く、払いは遅く」が基本です。

最も、税金の支払いを遅らせることで恩恵が受けられるのは「毎年勝つのが当たり前の投資家」に限定されます。その中でも特に、アクティブな売買で税負担が重くなってしまうデイトレーダーなどの「短期トレーダー」ほど、「源泉徴収なし口座」選択のメリットが活かせます。

初心者の方はコンスタントに勝てるかどうかわからないので、最初は「源泉徴収あり口座」を選んでおくことをおすすめします。特定口座の源泉徴収「あり・なし」は毎年1回変更できるので、後からでも変更可能です。

まずは「源泉徴収あり」を選択し、コンスタントに勝てるようになり必要性を感じた時にのみ「源泉徴収なし」に切り替えればよいでしょう。

ちなみに、ネットで有名な個人投資家の「BNFさん」と「cisさん」ですが、cisさんは「源泉徴収あり」、BNFさんは「一般口座(源泉徴収なし)」を選択されていたと思います。

いま現在は不明ですが、過去にそういった情報があったのをどこかで見たのを記憶しています。

他に「特定口座 源泉徴収なし」のメリットなどがあれば、アドバイスをください。個人投資家同士の交流、コメントをお待ちしています(^_^)