コモンズ投信の評判、コモンズ30ファンドとザ・2020ビジョンの違い

カメでもわかる投資塾

コモンズ投信

コモンズ投信は、渋澤 健氏が設立した独立系の資産運用会社です。

渋澤 健氏は、渋沢栄一の孫の孫としても有名な人物。ちなみに、渋沢栄一は東京証券取引所の設立などを担い「日本資本主義の父」と言われている著名人です。

独立系の資産運用会社というのは、野村・大和・三井住友といった大手金融機関とは関係がなく、直販口座を中心に投資信託の販売を行っている運用会社のことです。

独立系資産運用会社は、運営担当者が投資先となる銘柄を詳細に分析して投資する「アクティブファンド」でありながら、信託報酬(手数料)が極めて低いという特色があります。

今回は、コモンズ投信が運営する「コモンズ30ファンド」、「ザ・2020ビジョン」という2つの投資信託について、その違いや特徴をまとめます。

コモンズ30ファンド

家族

コモンズ投信を象徴する投資信託が「コモンズ30ファンド」です。

コモンズ30ファンドは「日本株の長期集中投資ファンド」と言われるように、30銘柄程度の少数の日本企業に対して集中的に投資を行います。

一般的に、投資信託と言えば100銘柄以上に分散投資を行うのが普通ですが、コモンズ30ファンドでは「厳選した30銘柄程度」を投資対象としている点で、一般的な投資信託と考え方が大きく異なります。

また、投資対象とするのは「真のグローバル企業」としており、30年スパンで考えて成長できる質の高い企業を選定します。

組入比率の上位銘柄は、記事執筆時点(2017年7月)で、

  • ディスコ
  • 東京エレクトロン
  • クボタ
  • 信越化学工業
  • 資生堂

といった銘柄で、大型株中心の構成となっていることがわかります。

信託報酬の一部を社会貢献に活用

育成

コモンズ30ファンドでは、「コモンズSEEDCap」という社会貢献活動のプログラムを取り入れています。

これが、コモンズ投信が個人投資家から指示される理由のひとつでもあります。

コモンズSEEDCapは、コモンズ30ファンドの直販口座から得られる信託報酬の1%相当を社会起業家の育成団体へ寄付するというプログラムです。

コモンズ30ファンドの信託報酬は年率1.15%+税ですので、コモンズ30ファンドを100万円分、直販口座で購入した場合、11,500円が信託報酬となり、そのうち115円が「コモンズSEEDCap」として寄附に回されます。

コモンズ30+しずぎんファンドとの違い

静岡銀行

コモンズ投信には、「コモンズ30ファンド」の他に「コモンズ30+(プラス)」という投資信託が存在します。

これは、「コモンズ30+◯◯」という形で特定の企業や地域金融機関と提携したファンドを指します。

現在は、静岡銀行との提携ファンドとなる「コモンズ30+しずぎんファンド」のみが展開されています。

ただし、「コモンズ30+しずぎんファンド」はおすすめできる投資信託ではありません。

なぜかと言うと、「コモンズ30+しずぎんファンド」は、ファンドの純資産のうち、

  • 90%を通常のコモンズ30ファンドに投資
  • 10%で静岡銀行の株を保有

という何のために存在しているのかよくわからないファンドだからです。

地元静岡銀行を応援したい投資家にとってはうってつけの投資信託ですが、静岡銀行の株式をただ保有するだけなのであれば、「コモンズ30ファンド」を単体で購入し、あとは自分で「静岡銀行」の株を買えば良いだけの話です。

おそらくこれは、上記のファンドを組成する代わりに、静岡銀行が店頭窓口などでコモンズ30ファンドを積極的に販売するための商品として作られたものではないかと思います。

純資産総額を見てもコモンズ30ファンドと比較して圧倒的に小さく、人気のなさがひと目でわかります。

コモンズ30ファンドの手数料

計算する女性

コモンズ30ファンドの手数料は以下の通りです。

手数料は、「コモンズ30+しずぎんファンド」も同じです。

  • 購入時手数料:0円(ノーロード)
  • 信託報酬:年率1.15%+税
  • 信託財産留保額:なし

※販売会社(銀行・証券会社など)経由で購入する場合、購入時手数料が生じる場合があります

信託報酬は、純資産が一定額を超えるごとに段階的に引き下げられます。

  • 300億円まで:1.15%+税
  • 300億円~500億円の部分:1.05%+税
  • 500億円~1,000億円の部分:0.94%+税
  • 1,000億円~3,000億円の部分:0.84%+税
  • 3,000億円を超える部分:0.73%+税

ただし、記事執筆時点でのコモンズ30ファンドの純資産総額は97億円なので、当面の間は標準の信託報酬が適用されると考えて問題ないでしょう。

コモンズ30ファンドの販売会社

◆ネット証券
楽天証券、マネックス証券、SBI証券、岡三オンライン証券

◆ネット銀行
ソニー銀行、イオン銀行

◆地方銀行
秋田銀行、足利銀行、栃木銀行、横浜銀行、北海道銀行

◆その他
PWM日本証券、エース証券

コモンズ30ファンドを買うのであればSBI証券がおすすめです。

理由としては、SBI証券が展開している「投信マイレージサービス」によって、年率0.1%(1,000万円以上なら年率0.2%)のSBIポイントが毎年還元されるからです。

投信マイレージサービスを活用することで、SBI証券でコモンズ30投信を保有すれば、実質的に信託報酬を最大0.2%引き下げることができます。

もちろん、コモンズ30投信の直販口座であれば「コモンズSEEDCap」の対象となりますので、信託報酬の一部が社会貢献活動に充てられるというメリットもあります。

TOPIXとの運用結果の比較

下記は、記事執筆時点(2017年7月)における、コモンズ30ファンドとTOPIX(東証株価指数)のリターン比較です。
コモンズ30ファンドとTOPIXの比較

コモンズ30ファンドの組入銘柄は大型株が中心となっているため、TOPIXと大きな差をつけるには至っていません。

「コモンズ30ファンド」と「ザ・2020ビジョン」の比較については後述します。

ザ・2020ビジョン

投資

コモンズ投信が運営するもう一つの投資信託「ザ・2020ビジョン」は、5年~10年というスパンで投資をすることをコンセプトとしています。

「コモンズ30ファンド」が30年先を見据えた投資であったのに対し、「ザ・2020ビジョン」は5年~10年先を考えた投資となりますから、より短期間での運用を目指していることがわかります。

また、「ザ・2020ビジョン」という名前から2020年に信託期間が終了するのではないか?と思ってしまいますが、このファンドは信託期間は無期限で運用されます。

コモンズ投信によると、2020年を起点として日本は大きく変わると考えていることから、「ザ・2020ビジョン」という名前にしたのだとか。

ザ・2020ビジョンは、運用方針もコモンズ30ファンドと大きく異なります。

リターン追求型の投資信託

企業分析

コモンズ30ファンドが、

  • 30年という長期視点に基づいた戦略
  • 真のグローバル企業という社会性を重視したコンセプト

であったのに対して、ザ・2020ビジョンは企業の業績向上などを重視した方針を打ち出しています。

下記が、ザ・2020ビジョンの投資方針です。

◆企業の変化に着目
企業が時代の流れに合わせて、新しいビジネスモデルに変化しようとしているなど、変化に着目して投資をする。

◆厳選した50銘柄に投資
50銘柄程度に分散投資する(コモンズ30ファンドは30銘柄への分散投資だった)

◆小型株も投資対象にする
コモンズ30ファンドは大型株中心だったが、ザ・2020ビジョンでは小型株も投資対象にする。

◆バリエーション評価に基づいた投資
利益成長率やROE、PER、PBRといったバリエーション評価の指標を活用し、投資・売却を判断する

◆株式組入比率を50%程度までコントロール
相場が過熱状態にある場合など、下落リスクが高いと判断した場合は利益確定を優先させ、現金比率を最大50%程度まで落とす。

参考までに記事執筆時点(2017年7月)の組入比率の上位銘柄です。

  • トヨタ自動車
  • 三菱商事
  • 三菱UFJフィナンシャルグループ
  • クボテック
  • 三菱重工業

大型株中心の構成ですが、「クボテック(7709)」は時価総額80億円程度の小型株です。

クボテックのような小型株は、コモンズ30ファンドに組み入れられることはないと思いますが、ザ・2020ビジョンにはこうした銘柄も積極的に組み入れを行います。

ひふみ投信を意識している?

ひふみ投信

「ザ・2020ビジョン」の投資方針を見てみるとわかるのですが、個人投資家に人気の投資信託「ひふみ投信」の方針に酷似しています。

ひふみ投信はテレビ番組「カンブリア宮殿」などで人気となり、純資産総額が急拡大しているファンドです。さらに、リターンもTOPIXを大きく上回っています。

こうした流れもあって、コモンズ投信がリターン追求型の「ザ・2020ビジョン」を組成したのではないかと私は考えています。

ただ、ポートフォリオを見ている限り「ひふみ投信」の方がより小型株の組入比率が高いので、ハイリスク・ハイリターンになると思います。

下記は、ひふみ投信とザ・2020ビジョンの3年間のリターン比較です。
ひふみ投信が圧勝ですが、逆に言うとザ・2020ビジョンのような大型株主体のポートフォリオでひふみ投信と同等のパフォーマンスを出すことは難しいとも言えます。
ザ・2020ビジョンとひふみ投信の比較

現時点では、ザ・2020ビジョンはTOPIXのパフォーマンスを下回っている状況で、今後に期待という感じですね。。。

社会貢献プログラム

コモンズ30ファンドで実施されていた社会貢献プログラムは、ザ・2020ビジョンにも取り入れられています。

ザ・2020ビジョンでは、「コモンズPOINT」という名前で「障がい者スポーツ応援プログラム」を実施しています。

コモンズ30ファンドと同じように、信託報酬の1%を「障がい者スポーツの応援団体」に対して寄付しています。

ザ・2020ビジョンの手数料

計算

ザ・2020ビジョンとコモンズ30ファンドの手数料はどちらも同じです。

  • 購入時手数料:0円(ノーロード)
  • 信託報酬:年率1.15%+税
  • 信託財産留保額:なし

※販売会社(銀行・証券会社など)経由で購入する場合、購入時手数料が生じる場合があります

信託報酬は、純資産が一定額を超えるごとに段階的に引き下げられます。

  • 300億円まで:1.15%+税
  • 300億円~500億円の部分:1.05%+税
  • 500億円~1,000億円の部分:0.94%+税
  • 1,000億円~3,000億円の部分:0.84%+税
  • 3,000億円を超える部分:0.73%+税

販売会社は以下の通りです。

◆ネット証券
楽天証券、マネックス証券、SBI証券、岡三オンライン証券

◆地方銀行
静岡銀行

◆その他
宇都宮証券、エース証券

販売窓口は少ないですが、ネット証券であれば取扱がありますね。もちろん、ザ・2020ビジョンはコモンズ投信の直販口座でも購入することができます。

コモンズ30ファンドとザ・2020ビジョンはどちらが良いか

比較

コモンズ30ファンドとザ・2020ビジョンのリターンを比較してみます。

ザ・2020ビジョンが設定後5年を経過していないので、過去3年間でのパフォーマンス比較となります。
コモンズ30ファンドとザ2020ビジョンの比較

  • 赤:ひふみ投信
  • 緑:コモンズ30ファンド
  • 黄:TOPIX
  • 青:ザ・2020ビジョン

ひふみ投信は別格として、コモンズ30ファンドはTOPIXを超過する運用成果をあげています。

一方で、ザ・2020ビジョンはTOPIXを下回っており今後の挽回が期待されますね。

ちなみに、3年間の年率リターンは「ひふみ投信:18.81%」、「コモンズ30ファンド:12.18%」、「ザ・2020ビジョン:8.07%」となっています。