DCニッセイ外国株式インデックスはiDeCo(イデコ)で買うべきか?利回りと評価

カメでもわかる投資塾

DCニッセイ外国株式インデックス

投資信託「DCニッセイ外国株式インデックス」は、確定拠出年金(通称:DC)専用のファンドです。

企業年金・個人型確定拠出年金の「iDeCo(イデコ)」で購入可能となっています。

一般的に、確定拠出年金専用ファンドは、投資信託のコストである「信託報酬」が低めに設定されているため、低コストで運用できます。

数ある外国株式インデックスファンドの中でも、ニッセイアセットマネジメントのDC専用ファンドは人気が高く、評判です。

この記事では、DCニッセイ外国株式インデックスの特徴と評価、そして過去の利回りについて分析します。

世界の国々に分散投資する

先進国株式インデックスファンド

DCニッセイ外国株式インデックスは、「MSCIコクサイ・インデックス」という指数に連動した動きをします。

MSCIコクサイ・インデックスは、先進国23カ国の株式市場から構成されている指数です。

わかりやすく言うと、先進国の経済成長を表す指数であり、DCニッセイ外国株式インデックスに投資することで、世界分散投資を実現できるということです。

国内を投資対象としたファンドや、日本の株式にはなじみがありますが、世界の株式に投資すると、コスト面や情報面でハードルが上がります。

しかし、日本と比較してアメリカや欧州といった先進国は高い経済成長を続けているのも事実です。

世界経済の成長を取り込むためには、「先進国全体に投資をする」DCニッセイ外国株式インデックスのようなパッシブ投資(指数に連動する投資)が適しています。

MSCIコクサイ・インデックスは時価総額加重平均によって組入銘柄が決まるため、投資先の比率は米国が約6割を占めています。

間接的に、マイクロソフトやアマゾン、フェイスブックやグーグル(アルファベット)など、世界に知られる企業にも投資することが可能です。

過去の利回りは約9%程度

利回り

投資信託を購入する上で気になるのは、利回りがどれくらいなのか?ということです。

投資信託では、年率リターン(年換算の複利利回り)によってリターンを計算します。

DCニッセイ外国株式インデックスが設定されたのは、2015年3月末ですので、まだ運用開始してからそれほど年数が経っておらず、実際のリターンが計測できません。

しかし、DCニッセイ外国株式インデックスは「MSCIコクサイ・インデックス」という指数に連動するので、過去の「MSCIコクサイ・インデックス」のリターンを調べることで、将来のリターンを試算できます。

▼MSCIコクサイ・インデックス(円ベース・配当込み)の年率リターン

  • 1年:11.1%
  • 3年:5.1%
  • 5年:12.7%
  • 10年:6.9%
  • 15年:8.8%
  • 20年:4.9%
  • 30年:9.1%

※2018年4月末時点

投資信託は、短期的にはマイナスになることもありますが、長期的には本来の実力を反映すると言われています。

世界の株式市場の動きを反映する、MSCIコクサイ・インデックスは、過去30年において、どの期間で見てもプラスで推移していますね。

過去30年の間には、ITバブル崩壊やリーマンショックなど、数多くの株式市場の暴落がありました。

しかし、それらを含めても、過去30年で年率9.1%程度の利回りを出していることがわかります。

iDeCoの場合、一般的なサラリーマンで毎月2.3万円の積立が上限額となります。

仮に、毎月2.3万円を積立、年率9.1%で30年間運用した場合、資産は4,299万4,676円になります。

iDeCoでは、この投資にかかる税金が非課税です。

もちろん、投資信託には「信託報酬」という手数料がかかりますので、MSCIコクサイ・インデックスのリターンを若干下回って推移する結果になります。

しかしながら、DCニッセイ外国株式インデックスの信託報酬は非常に低いため、その他の外国株式インデックスファンドと比べても、乖離は小さくて済むはずです。

DCニッセイ外国株式インデックスの信託報酬

信託報酬

信託報酬は、投資信託を保有している期間中「継続的に」発生する費用です。

少しでも信託報酬の低いファンドを選ぶことが、将来のリターンにおいて大きな差に繋がります。

DCニッセイ外国株式インデックスファンドの評価が高いのは、信託報酬が極めて低いからです。

信託報酬は現在、年率0.189%+税となっています。

実質コストにも優れている

投資信託の実質コスト

投資信託を選ぶ上で最も重要なのは「信託報酬」です。

しかし最近は、信託報酬に売買手数料や有価証券取引税などのその他費用を含めた「実質コスト」まで確認する個人投資家が増えています。

実質コストは、1年に1度発行される「運用報告書」の費用明細を見ることで確認できます。

DCニッセイ外国株式インデックスファンドの第3期(2016年11月22日~2017年11月20日)の実質コストは、およそ0.3%+税となっていました。

信託報酬の数字と比較しても大きな乖離はなく、信託報酬以外のコストを抑えた状態で運用されていることがわかります。

基本的には、信託報酬だけを見てファンドを選んでも大きく失敗することはありません。

しかし、より低コストな運用を追求したい方は、運用報告書にも目を通しておくことをおすすめします。

ニッセイ外国株式インデックスファンドとの比較

投資利益の比較

名前が紛らわしいのですが、ニッセイアセットマネジメントは、外国株式インデックスファンドをもう一本リリースしています。

実は、こちらのファンドも非常に人気です。両者の違いを比較してみます。

DCニッセイ外国株式インデックス
信託報酬0.189%。確定拠出年金専用ファンド
ニッセイ外国株式インデックスファンド
信託報酬0.189%。一般販売されているファンド

※どちらも購入時手数料0円のノーロードファンド
※信託報酬は税抜きです

実は、上記のファンドは、名前に「DC」とつくかどうかの違いしかありません。

以前は、DCニッセイ外国株式インデックスのほうが、やや信託報酬が高い状態にありました。

しかし現在は、DCニッセイ外国株式インデックスが信託報酬の引き下げを行ったため、両者の違いはなくなっています。

大きく異なるのは、「確定拠出年金専用かどうか」です。

一般販売されている「ニッセイ外国株式インデックスファンド」は、証券会社が取り扱っていれば、条件を問わずに買うことができます。(→ニッセイ外国株式インデックスファンドの詳細はこちら

つみたてNISA対象ファンドですので、NISA口座で買ってもいいですし、通常の特定口座で購入しても構いません。

どちらも、連動する指数は「MSCIコクサイ・インデックス」で同じです。

よって、リターンも基本的にはまったく同じとなります。

一方、「DCニッセイ外国株式インデックス」は、確定拠出年金の口座でしか買えません。

また、ここが重要なポイントなのですが、確定拠出年金で取り扱うファンドは、金融機関によって大きく異なります

つまり、iDeCoなどで「DCニッセイ外国株式インデックス」を買いたいと思っても、申込みをしているiDeCoの金融機関がこのファンドを扱っていなければ、購入できないのです。

DCニッセイ外国株式インデックスを扱う金融機関は少ない

比較

調べてみたところ、現時点で「DCニッセイ外国株式インデックス」をiDeCoで扱う金融機関は3社しかありませんでした

その3社が、

  • SBI証券
  • 岡三オンライン証券
  • 東海東京証券

です。

つまり、上記3社の金融機関でiDeCoの口座を開設しなければ、iDeCoでは「DCニッセイ外国株式インデックス」を購入できません

上記3つの金融機関の違いについて比較すると以下のようになります。

SBI証券
口座管理手数料:無料
岡三オンライン証券
口座管理手数料:189円+税
東海東京証券
口座管理手数料:250円+税

東海東京証券は、一定条件を満たすと、口座管理手数料が無料になります。

SBI証券は、口座管理手数料は無条件で0円となっています。

iDeCoでは、その他にも諸費用がかかります。しかし、口座管理手数料以外の諸費用については、すべての金融機関で共通です。

もちろん、SBI証券、岡三オンライン証券、東海東京証券の3社では、iDeCoで選べる投資信託のラインナップも大きく異なります。

個人的におすすめなのは、私も使っているSBI証券のiDeCoです。

投信ラインナップに優れるSBI証券のiDeCo

SBI証券

SBI証券のiDeCo(イデコ)は、口座管理手数料が無料です。

また、岡三オンライン証券や東海東京証券などと比べても、投資信託のラインナップが優れているのが特徴です。(元本確保型商品も選択可能です)

SBI証券は、この記事で取り上げたDCニッセイ外国株式インデックスファンドが選択できる他、低コストなインデックスファンドとして知られる「iFree」シリーズなどが選べます。

下記の記事では、SBI証券のイデコで選べるおすすめの投資信託を取り上げています。あわせてご覧ください。