Tポイント投資のSBIモバイル証券を斬る、楽天ポイント投資との比較

B! pocket

Tポイント

ネット証券業界大手のSBI証券は「Tポイント」を運営するCCCマーケティング(カルチュア・コンビニエンス・クラブ)と提携し、SBIネオモバイル証券を設立しました。

SBIネオモバイル証券は、Tポイントとスマホで資産運用ができる、ポイント投資に特化した証券会社です。

また、SBI証券ならではの「格安の手数料体系」でサービスを提供します。

これまで資産運用をしたことがない若年層や初心者にとって、ポイント投資は大きなきっかけとなるはずです。

現在は設立準備段階であり、2019年春にサービス開始予定となっています。

ポイント投資ではすでに、楽天証券などが先行しているため、SBIネオモバイル証券がどのようなサービスをリリースしてくるのか、楽しみです。

この記事では、現在判明していることをまとめます。初心者向けです。

Tポイントではじめる資産運用

サラリーマンの男性

SBIネオモバイル証券は、スマホだけで取引を完結できるので、PC操作が苦手な人でも安心です。

また、1円もお金を出すことなく、これまで貯めていたTポイントを使って少額投資ができるので、経済的な実損が心配な方にも向いています

ポイントであれば最悪の場合、損をしてしまっても納得できるという方も多いと思います。

SBIネオモバイル証券では、すでに保有しているTポイントで投資ができる他、取引に応じて新たなTポイントの付与も行います。

現在、投資可能商品として決まっているのは「国内株」と「ロボアドバイザーのウェルスナビ」の2つです。

株式に投資する

株式投資

国内株式はこれまで、安い銘柄でも最低数万円を用意しなければ買えませんでした。

しかし、1,000円ではじめられる「ワンタップバイ」や、テーマ型投資の「FOLIO(フォリオ)」が登場したことで、少額投資が行いやすい環境が整ってきています。

数万ポイントはもちろん、1,000ポイントも持っていな人がほとんどでしょうから、SBIネオモバイル証券では「数ポイント単位」で国内株式に投資できるものと思われます

国内株式といえば、NTTドコモやソフトバンク、トヨタ自動車や任天堂などが思い浮かびます。

任天堂の株式に投資しようと思ったら、最低でも300万円以上は必要ですが、Tポイント投資を活用することで、こうした銘柄も数ポイントから購入できるようになります。

少額投資は株主優待の対象外になることがほとんどです。

しかし、株主配当金は保有株数にしたがって提供されるケースが増えています。(確定ではありません)

最近は、LINEも少額投資の分野に進出してきています。

ロボアドバイザーに投資する

ウェルスナビ

ロボアドバイザーは、より手軽に資産運用をしたい人におすすめの商品です。

SBIネオモバイル証券では、ロボアドバイザーの「ウェルスナビ」を投資商品として選定しています。

ウェルスナビは、最初に簡単な質問に答えるだけで最適な資産運用方針を、ロボアドバイザーが提案してくれます。

ロボアドバイザーの提案に同意した後は、方針に従って商品の買付から運用、資産の管理までをすべてロボットが代行してくれるサービスです。

年率1%の手数料がかかりますが、資産運用に必要なほぼすべての作業を自動化しているため、私たちは何もせず放置しておくだけで構いません。(その分、面白みがないという方も多いですが)

  • どんな銘柄を選べばよいかわからない
  • 資産運用に時間を割きたくない
  • 資産運用に興味はないが、お金は増やしたい

このような方でも、的確な運用ができるのが「ロボアドバイザー」の利用メリットです。

投資や資産運用にはできる限り時間をかけず、もっと充実した人生を過ごしたい。自分のやりたいことに時間を割きたい。

このような若年層の方に、ウェルスナビは特に人気があります。

ウェルスナビの詳細は下記で解説しています。あわせてご覧ください。

楽天ポイント投資との違い

楽天スーパーポイント

ポイント投資では、すでに楽天証券(楽天スーパーポイント)が先行している状態です。しかし、両者には大きな違いがあります。

SBIネオモバイル証券は「国内株式」と「ロボアドバイザー」が主な投資先であると解説しました。

一方、楽天証券は貯めたポイントを使って「投資信託を購入する」というのが中心のサービスです。

楽天のポイント投資は大きく2種類あります。

1つが、口座開設が必要な「楽天証券での投資信託購入にポイントを使う」、もう一つがより手軽な「楽天ポイント運用」となります。

楽天証券 ポイント投資
楽天証券が取り扱うすべての投資信託を、楽天スーパーポイントで購入できる。100ポイントから始めることが可能。
楽天ポイント運用
楽天スーパーポイントを使って「アクティブコース」と「バランスコース」のいずれかに投資可能。口座開設不要で始められる。
SBIネオモバイル証券
Tポイントを使って国内株やロボアドバイザーに投資できる。(口座開設はおそらく必要)

投資信託とロボアドバイザーの違いは?

ロボアドバイザー

また、投資信託やロボアドバイザーの違いは以下の通りです。

国内株式
企業の株式に直接投資。自分で銘柄選択をする必要あり、分散投資が行いにくい。
投資信託
プロが資産運用を代行、分散投資ができる。ただし、投資信託そのものを自分で選ぶ必要あり。
ロボアドバイザー
最初に簡単な質問に答えるだけで、あとはすべての作業を自動的におこなってくれる。

本気で投資・資産運用を始めたい方は株式投資か投資信託がおすすめです。

より手軽に資産運用でお金を増やしたいという方は、ロボアドバイザーの方が向いています。

▼テーマ投資で知名度の高いFOLIO(フォリオ)もロボアドバイザーに参入

ポイント投資で投資業界は盛り上がるか?

スマホを使う若い男女

ポイント投資をはじめ、少額投資は徐々に浸透してきています。

例えば、1円から投資可能な貸付ファンドのオンラインマーケット「Funds(ファンズ)」も、その中の1つでしょう。

投資や資産運用業界にはこれまで、「最低でも100万円以上の資金がなければ始められない」というイメージがありました。

そして、100万円超の預金を持つ人は30代や40代の人がほとんどであり、「投資は大人の趣味」といった感覚で捉えていた方も多いと思います。

事実、周りの20代や女性の方で、投資・資産運用をしている人は驚くほど少ないです。

投資には元本割れのリスクがあります。一生懸命100万円を貯めて投資をし、もし損失を出してしまったら20代にとっては計り知れないダメージです。

これまでの投資は「ある程度お金に余裕のある人だけのもの」だったのです。

しかし、ポイント投資によって敷居が下がることで、若年層の方々が気軽に資産運用を始められるようになります。

ネット証券業界大手のSBI証券ですら、総合口座数は445万口座です。ちなみに、ネット銀行業界トップの楽天銀行の口座でも700万口座しかありません。

一方、Tポイントを1年間に利用している人の数は6,788万人にものぼります。

楽天銀行の約10倍、SBI証券の約15倍もの人が、Tポイントを1年に1度以上は利用しているのです。

なお、Tポイント会員のうち20代の方は1,000万人以上おり、これは国内の20代の8割をカバーしている計算になります。

SBIネオモバイル証券がスタートすることで、国民の約2人に1人の人が、気軽に資産運用を始められる体制が整います。

私は、ポイント投資が「貯蓄から投資へ」の本命になりうるのではないかと考えています。

SBIネオモバイル証券 公式サイトはこちら

ポイント投資の詳細記事はこちらです。

ポイント投資に関する記事

最後まで読んでいただきありがとうございました

0件のコメント

コメントを投稿する

こちらの記事にコメントが投稿されました