岡三オンライン証券で株を始める、「ネットトレーダー」が評判

カメでもわかる投資塾

岡三オンライン証券

岡三ネットトレーダーの使いやすさが評判のネット証券です。

岡三証券と言えば、100年近い歴史をもつ証券会社の老舗です。そのネット証券部門として立ち上げられたのが「岡三オンライン証券」です。

当初は業界最安の手数料でデイトレーダーを中心に高い評価を得ていました。

昨今は取引手数料が安い証券会社というイメージではなくなりましたが(と言ってもまだまだ手数料は格安ですが)、それでも高機能な取引ツールの使い勝手から、岡三オンライン証券を使っている投資家も多いです。

証券会社としての歴史が長いため、IPOの取扱も比較的多く新規公開株(IPO)狙いの投資家にも人気があります。

岡三オンライン証券で使えるサービス

岡三オンラインではどのようなサービスが提供されているのか。
わかりやすくまとめていきます。

99円からの株式取引手数料

手数料が安い

岡三オンライン証券の株式取引手数料は、

  • 定額プラン
  • ワンショット

の2つに分けられます。

定額プランは1日の約定代金合計によって手数料が決まるので、デイトレーダーなど1日に何度も取引をする方におすすめです。

ワンショットは、取引1回ごとに手数料が発生するプランです。たまにしか取引しない方や、1回あたりの取引金額が大きい方はワンショットの方がお得になります。

岡三オンライン証券の場合、アクティブなデイトレーダーを除けば、基本的にワンショットの方がメリットが大きくなる可能性が高いので、選択に迷ったらワンショットを選んでおくことをおすすめします。

手数料プランはいつでも変更できるので、状況に応じてプランを変えていくのも戦略の1つです。

大口信用取引は取引手数料無料

信用取引手数料も現物株と同じく、

  • 定額プラン
  • ワンショット

の2つにわかれます。
しかし、信用取引に限り

  • プレミアゼロ:月間売買代金20億円以上、または投資信託平均残高3,000万円以上
  • プラチナ:月間売買代金5億円以上、または投資信託平均残高1,000万円以上

という特別コース(大口向けコース)が用意されています。
条件を満たすことで信用取引手数料が割引されるため、大口のデイトレーダーで岡三オンラインを使っている方も少なくありません。

ワンショット手数料に割引はありませんが、「定額プラン」に限りプレミアゼロ会員は信用取引手数料が0円になります。

つまり、信用取引を何回やっても取引手数料は一切かかりません。(ただし信用金利は発生します)

また、プラチナ会員の場合も取引手数料が通常の半額近く安くなるのでかなりお得です。

「プレミアゼロ」はハードルが高めのように感じますが、「プラチナ」コースであれば1,000万円分の投資信託を保有していれば達成できます。プラチナコースであればサラリーマンの方でも十分狙えると思います。

初心者におすすめしたい単元未満株(ミニ株)

岡三オンライン証券では、単元未満株(通称:ミニ株)の取扱があります。

通常の取引手数料と比較しても、単元未満株の手数料は割高なのですが初めて資産運用をする方や資金が少ない方にはおすすめの運用方法です。

例えば、任天堂株は最低購入金額が250万円程度となっており、一般の投資家が簡単に手が出せる銘柄ではありません。

しかし、単元未満株(ミニ株)を活用することで、任天堂株を1株から(つまり25,000円から)購入できます。これなら、分散投資も行いやすいです。

また、単元未満株では保有数量に応じて配当金も受取ることが可能です。

さらに、一部の企業からは単元未満株であっても株主優待を受取ることもできます。

個人投資家の人気が高いネットトレーダー

取引ツール

岡三オンライン証券は取引ツールの開発に力を入れていることで知られています。

岡三オンラインの取引ツール「ネットトレーダー」シリーズは、プロの投資家やカリスマ個人投資家の意見を取り入れ、機能の追加が行われてきました。

こうした前向きな開発もあり、本当に欲しい機能がしっかり組み込まれているのが、ネットトレーダーです。

取引ツールの中には完全無料で利用できるのものもありますが、「岡三ネットトレーダープレミアム」のように利用料が有料のものも一部存在します。

ただし、「岡三ネットトレーダープレミアム」のような有料ツールにも無料条件が設定されているので安心です。

例えば、岡三ネットトレーダープレミアムの場合は、初回60日は無料、以降は毎月980円の手数料が必要ですが、毎月の株式取引手数料が980円以上であればツールの利用は無料となります。

無料条件のハードルは低いので、実質的には無料でツールを使っている人がほとんどです。

ネットストックトレーダープレミアムでは、板情報に価格ごとの出来高を表示する機能や、企業分析をグラフィカルに表示し詳細に確認できる機能もあります。

他社のツールでは利用できない機能が非常に多く、おそらく、取引ツールの高機能さでは岡三オンライン証券が1番優れているのではないでしょうか。

「発注は他の証券会社で行うが、取引ツールは岡三オンラインのものを使っている」という人もいるぐらい、ネットトレーダーは人気があります。

IPOの取扱数は意外と多い

東京証券取引所

配分数量は多くないのですが、岡三オンライン証券はIPO銘柄も数多く取り扱っています。

申込時の事前入金が不要な抽選システムを採用しているので、申し込みだけをしてIPO銘柄に当選してから入金という流れでも問題ありません。

また、抽選は投資家ごとに乱数を割り当てる方式なので「たくさん申し込んだ投資家が当選しやすいわけではない、平等な抽選」が期待できます。

証券会社によっては「10,000株申し込んだ投資家は100株申し込んだ投資家の100倍当たりやすい」という大口を優先する抽選方式を取っているところもあります。

しかし、岡三オンライン証券は顧客ごとの抽選なので大口も小口投資家も平等です。

ただし、「大口・小口」の投資家は平等に扱われますが、「岡三オンライン証券を積極的に利用している投資家」に対しては優遇制度を設けています。

IPOの申し込みに際しては、顧客ごとにステージS、ステージA、ステージBの3段階に分け、ステージSほど当選確率が上がるという仕組みです。

ステージS
判定期間中(3ヶ月ごと)の取引手数料が100万円以上、またはその間に一度でも「プレミアゼロ」「プラチナ」ステージになった人

ステージA
判定期間中(3ヶ月ごと)の取引手数料が10万円以上、100万円未満

ステージB
それ以外の人

ここでも、大口投資家やアクティブトレーダーが優遇されていますね。

岡三アセットマネジメントの投資信託がお得に買える

投資

岡三オンライン証券は、取扱投資信託の本数は少なめです。

他のネット証券は投資信託の取扱本数は少しでも増やす方向ですが、岡三オンライン証券の場合は良い投資信託を厳選して扱う方針のようです。

岡三オンライン証券は自社で運用会社もやっているので、岡三アセットマネジメントの投資信託に限り、購入時取引手数料の割引があります。

例えば、購入時手数料3%の投信であれば、50万円以上買うと手数料が1%割引、1,000万円以上買うと2%割引となります。

管理人の岡三オンライン証券に対する意見

ネット証券大手と比べると知名度は低いのですが、優良な証券会社の1つです。

岡三オンライン証券は、とにかく取引ツールが高機能なのでアクティブに取引をしたいデイトレーダー向けの証券会社だと思います。

取引ツール「岡三ネットトレーダープレミアム」の企業分析機能もかなり使えるので、長期投資の投資家にとってもメリットはあります。

しかし、岡三ネットトレーダープレミアムは利用料が月額980円必要です。毎月980円以上の取引手数料が発生している状態であれば、岡三ネットトレーダープレミアムは無料で使うこともできますが、長期投資で普段は取引しないという方にとってはやや不利な条件です。

手数料体系を見てみても、積極的に取引をする人が優遇されている印象を受けるので、個人的には短期売買を行う個人投資家にとって、持っておきたい証券会社かなと思います。

また、配分数量は少ないもののIPOの取扱も行っているので、IPO抽選の穴場となる証券会社としても使えます。