過剰なリスクを取って投資で一攫千金を狙うことも時には必要だ

投資のまるばつ

まる

リスク分散をしてアセットアロケーション(資産配分)を考えて…

投資家は自分の資産を守りながら増やしていくことが大前提ですので、考えることがたくさんあります。私たちがお金を投じるマーケットは常にリスクに晒されています。

無理なリスクをとってしまうと、全財産を失ってしまう危険すらあります。

しかし、多くの投資家にとって、投資を始めたきっかけは「一攫千金を目指して大金持ちになりたい」という願望ではないでしょうか。

そこで、今回の答えはあえて「◯」にしました。
時には破産を覚悟してでも過剰なリスクをとることは大切だと私は思っています。

過剰なリスクをとらなければ一攫千金はない

一攫千金

上記のように、投資はリスクを抑えながらお金を増やすというのが正しい姿勢です。過剰なリスクを取って一攫千金を狙う行為はもはや投資ではなく、バクチと言っても間違いではありません。

しかし、リスク分散をして数多くの資産に分散して「安全な資産運用」をしていても、「一攫千金」は絶対にありません

例えば、退職金の1,000万円を長期投資に回して1,500万円や2,000万円にすることは、正しい投資のあり方です。また、貯金して作った100万円で株主優待を得ながら、ゆっくりと200万円を目指す。これも良い投資の方法と言えます。

しかし、元手の100万円を使って資産1億円を目指すとすれば、過剰なリスクを取る以外に方法はないです。少ない資金で高みを目指すのであれば、無理な投資は避けては通れない道です。

少ない元手で高みを目指すか目指さないか、それは結局投資家自身の判断に委ねられる自己責任の世界なので、どちらも間違った判断ではありません。

リスクについてもう一度考える

リスクマネジメント

「リスク」というものについてもう一度整理して考えてみます。

基本的に、投資においてリスクとリターンは1:1と考えられます。投資が失敗して損する可能性が50%、上手くいって利益が出る可能性が50%ということです。

この、1:1のリスクリターン比率をわずかでも変えること。これがすべての投資家が行っていることです。自分が持つ情報や知識を使って、本来は1:1であるリスクリターンを、リスクを0.9、リターンを1.1にすることができれば、投資では成功します。

これは投資の原則と言えますが、過剰なリスクを取るということはリスクリターン比を「1:1」から「100:100」にするという行為です。

大きなリスクを取る代わりに大きなリターンを狙う。一見、「1:1」も「100:100」も変わらないように思いますが、「100:100」にすると破産リスクが高まります。よって、投資の世界では「100:100」よりも「1:1」の方が良い投資と言えます。

つまり、過剰なリスクを取って大勝負をすること自体、負けに行くようなものであるという認識は持つべきだと思います。

有名なネット投資家は皆バクチを打っている

有名人

しかし、いわゆる「億り人」と呼ばれているようなネットで有名になった個人投資家の多くは、「過剰なリスクを取った一攫千金狙い」を経験しています。

着実に利益を積み重ねて億万長者になった投資家もいますが、一般の多くの人にとって多額の原資を用意することは難しいので、億り人になるためにはどうしても、初期段階で大勝負をせざるを得ないのです。

億り人の方々が優れているのは「一攫千金を狙った大勝負はベースとなる資産を築く段階で、その後はしっかりと安定運用に切り替えていること」です。

投資資金1,000万円を用意するのは難しいので、まずは100万円で大勝負をして一気に1,000万円まで増やす。しかしその後はしっかりとリスクを抑えた運用に切り替えて、着実な資産形成をしている。

これが、成功している個人投資家に共通するスタイルだと思っています。

しかし多くの人は、一度100万円を1,000万円にすることに成功すると、その勢いで1,000万円を1億円にしようと、過剰なリスクを取り続けます。そしていずれ「ハズレクジ」を引いてしまい、全財産を失ってしまうのです。

ネットでは、「両津」という個人投資家の方が特に有名です。

スーパーうんこ級トレーダー 資産175万→7億→大震災で3万円→アベノミクスで1.1億→225先物で特大大損で2円→PUT買いで大当たり3.4億→大損して190万円。 【足りない知能は気合でcover! 魅せろ、浪速のド根性】 10回入場10回退場。

両津@Twitter

また、著名投資家であるジェシー・リバモアのような人も、成功と破産を繰り返していました。

輝かしい「億り人」が有名になる裏側には、レバレッジ中毒を克服できずに築いた資産を失ってしまった人が数多くいることを忘れてはいけません。

リスクを取れる年齢かどうかを考える

おじいさん

すべての投資家が過剰なリスクを取るべきではないと思います。

例えば、長年働いて得た退職金で一攫千金を狙うのは危険すぎます。また、もう定年退職して余生も限られているのに、一攫千金を狙って資産を築いても、もお金を持て余してしまいます。

逆に、20代の若いうちなら、投資でリスクを取って失敗し、なけなしの100万円を失ってしまっても再起できますし、成功して資産を築くことができれば、人生に与える影響はとても大きいはずです。

投資は、

  • 年齢を重ねるに従ってリスクを小さくしていく
  • 運用資産が増えるに従ってリスクを小さくしていく

これが基本スタンスです。
現在の自分がリスクを取った運用をすべきなのかどうか、将来的な資産設計を考えた上での決断が必要です。

私の個人的な話

ちなみに、私の個人的な話をしておくと、私も過剰なリスクをとって資産を築いた投資家の一人です。

リーマンショックが終わってからの景気停滞局面で私は、「いずれ近いうちに相場の回復期が来る。その時に大勝負をする」と考えていました。

そして、大勝負をするには原資となる資金が必要だったので、その時が来るまでお金を貯め、さらに当時保有していた事業を売却することで投資資金を捻出しました。

相場が回復し始めたタイミングで大きくレバレッジをかけて株を買い漁り、結果的には上手く利益を出せました。今考えると運が良かっただけなのですが、大勝負をしかけたタイミングがいわゆる2013年の「アベノミクス相場」でした。