楽天・全米株式インデックスファンドをイデコ・つみたてNISAで購入、利回りと評価は?

カメでもわかる投資塾

楽天・全米株式インデックスファンド

楽天・全米株式インデックスファンドは、1本の投資信託でアメリカの株式市場にまるごと投資できるのが特徴です。

約3,500銘柄に分散投資し、間接的に、マイクロソフト・アップル・アマゾン・フェイスブックなど、米国を代表する企業にも投資できます。

これまでの米国株式ファンドと違うのは「圧倒的な低コスト」を実現していることです。(記事執筆時点でダントツの最安コスト)

また、イデコ・つみたてNISAで購入可能で、これから長期の資産形成を目指す方にもおすすめできるファンドです。

この記事では、楽天・全米株式インデックスファンドの特徴をわかりやすく解説するとともに、想定利回りについても評価します。

楽天・全米株式インデックスファンドの強み・弱み

楽天・全米株式インデックスファンドの仕組み

楽天・全米株式インデックスファンドは、バンガード・トータル・ストック・マーケットETF(ティッカー:VTI)という海外ETFに投資を行います。

「バンガード・トータル・ストック・マーケットETF」は、「CRSP US トータル・マーケット・インデックス」という指数に連動する動きをします。

少しわかりにくいですが、「CRSP US トータル・マーケット・インデックス」という指数こそが、全米の株価の動きを平均化した指数です。

株価指数として有名なものには「ナスダック」「NYダウ」「日経平均株価」などがあります。

(知名度は低いですが)CRSP US トータル・マーケット・インデックスも、こうした「株価指数」の中の1つとなっています。

バンガード・トータル・ストック・マーケットETFの特徴
  • ティッカーコード:VTI
  • CRSP US トータル・マーケット・インデックスに連動
  • 米国株式市場に上場している大型株・中型株・小型株に分散投資
  • 投資可能な銘柄のほぼ100%をカバーしている
  • 約3,500銘柄を組み入れている
  • 圧倒的な低コストを実現

上記の内容から、VTIが米国株式市場全体の成長を取り込むのに適したETFであることがわかります。

楽天・全米株式インデックスファンドは、VTIへの投資を代行してくれるファンドと考えるとわかりやすいと思います。

ちなみに、VTIを自分自身で直接購入することも可能です。

そのメリット・デメリットは後ほど詳しく解説します。

年率7%程度の利回りが期待できる

利回り

楽天・全米株式インデックスファンドの長期的な利回りは、年率7%程度になると考えられます。

もちろん、将来のリターンは誰にもわからないので、保証はできません。株価暴落によって一時的なマイナスになることもあるでしょう。

しかし、バンガード・トータル・ストック・マーケットETF(VTI)の過去の推移を確認すると、年率7%のリターンは遠からず近からずの結果になると思います。

VTIの設定日(初取引日)である2001年6月10日から、直近の同じ日である2017年6月10日までの価格で、16年間の年率リターンを計算すると「年率5.08%」になりました。

しかし、これはETFの価格推移だけで得られるリターンなので、分配金は含まれていません。VTIは四半期ごとに分配金を出しています。

分配金利回りを2%程度と考えると、およそ7%のリターンが期待できます。分配金を再投資するともう少しリターンは上振れします。

参考値として、米国の有名な株価指数「S&P500」の2001年6月~2017年6月までの年率リターンを調べてみると、年率4.312%でした。分配金を再投資した場合のリターンは年率6.367%です。

VTIとS&P500の価格推移はほぼ同じである(過去10年ではVTIがやや上回っている)ことからも、分配金再投資後の年率リターンは、やはり7%程度に落ち着くのではないでしょうか。

未来のリターンは誰にもわかりませんので、将来のリターンが5%だろうと9%だろうと、大きな問題ではありません。

唯一言えるのは、2001年~2017年の間には100年に一度の大不況と言われるリーマンショックがあったという事実です。

リーマンショックによる株価暴落を含めても、年率7%程度のリターンが得られるという過去の実績は、将来のリターンを占う上でも価値があると思います。

ちなみに、ここで試算した利回りは米ドル換算です。

楽天・全米株式インデックスファンドの基準価格は、円換算で推移しますので、為替変動の影響を受けます。

為替が円安になるとリターンは上振れし、円高になれば下振れすることも覚えておきましょう。

ファンド・オブ・ファンズでも低コストを実現

ファンド・オブ・ファンズ

楽天・全米株式インデックスファンドは、ETFという投資信託に投資をする「ファンド・オブ・ファンズ」です。

私たち投資家

楽天・全米株式インデックスファンド(手数料発生

バンガード・トータル・ストック・マーケットETF(VTI)(手数料発生

アメリカの約3,500銘柄の株式

VTIに投資するだけの、楽天・全米株式インデックスファンドは、悪く言えば「中抜き」をやっているだけです。

この仕組みによって2重のコストが発生しています。

しかし、楽天・全米株式インデックスファンドは2重のコストを含めても、これまでにない信託報酬を実現しています。

楽天・全米株式インデックスファンドのコスト

購入時手数料・信託財産留保額:0円

  • バンガードETFの信託報酬:0.04%程度
  • 楽天投信投資顧問の信託報酬:0.12%
  • トータルコスト:0.157%程度

※信託報酬は税抜きです

そもそも、米国の大型株から小型株までの全体に投資するファンド自体、これまでなかったという状況です。

米国株式を投資対象にしている低コストな投資信託と比較しても、

楽天・全米株式インデックスファンド
信託報酬:0.157%程度
連動指数:CRSP US トータル・マーケット・インデックス
iFree S&P500インデックス
信託報酬:0.225%程度
連動指数:S&P500
たわらノーロード NYダウ
信託報酬:0.225%程度
連動指数:NYダウ

となっており、楽天・全米株式インデックスファンドが、より幅広く分散投資でき、かつ最も低コストになっています。

楽天投信投資顧問による「中抜き」を避けたい方は、自分自身でVTIを購入できます。

しかし、自分でETFを買うと、円・米ドルの為替取引、定期的なETFの買付、分配金の再投資などをすべて自分でやらなければなりません。

これらの作業は、初心者や資産運用に時間を使いたくない人にとっては大きな問題です。

一方、楽天・全米株式インデックスファンドを買っておけば、為替取引や分配金の再投資、自動積立は、すべて資産運用会社が行ってくれます。

つまり、この投資信託は良い意味で「ETFの買付を代行してくれる」ファンドと言えます。

私自身、以前は自分でETFを買っていましたが、現在は楽天・全米株式インデックスファンドに切り替えています。

コストの増加を考えても、「お任せできる」ことに価値を感じたのが、切り替えの理由です。

イデコ・つみたてNISAで買う方法

iDeCoとつみたてNISAの違い

これから資産形成をはじめるなら、

  • iDeCo(個人型確定拠出年金)
  • つみたてNISA

の利用はとてもおすすめです。どちらも投資利益が非課税になる制度です。

つみたてNISAはいつでも自由に売却でき、年間40万円(月3.3万円)の積立ができます。非課税期間は最長20年間です。

一方で、iDeCo(イデコ)は、原則として60歳になるまで引き出しせません。毎月の投資額は職業によって異なりますが、一般的なサラリーマンで年間27.6万円(月2.3万円)の積立が可能です。

非課税期間が設けられておらず、また掛金の拠出額が全額所得控除になるため、節税効果が大きいのがイデコの特徴です。

実際、イデコをはじめると毎年の所得税・住民税が下がります。これが60歳になるまで続くので、大きな節税効果が期待できます。

節税効果の大きさから、専門家は「イデコから始めたほうがいい」という意見を持つ方が多いです。(私もこの意見に概ね賛成です)

もちろん、つみたてNISA・イデコは両方やっても良いですし、どちらも優れた制度です。

2つの制度を活用することで、毎月5万円程度の非課税投資ができます。一般的なサラリーマンの方は、毎月5万円の非課税投資枠があれば十分足りると思います。

楽天・全米株式インデックスファンドは、「つみたてNISA」を展開しているネット証券・ネット銀行を中心に販売されています。

例えば、楽天証券なら投資信託の保有残高10万円ごとに毎月4ポイント(年間48ポイント)の楽天スーパーポイントがもらえるので、少しお得です。

つみたてNISAを活用して、毎月3.3万円を20年間、年率7%で運用した場合、20年後の資産は1,719万円になっています。

もし、楽天証券で1,719万円分の投資信託を保有していると、毎月684ポイント(年間8,208ポイント)の楽天スーパーポイントが、何もしなくても自動的に獲得できる計算になります。

これは楽天証券の大きなメリットです。

楽天証券のNISA 公式サイトはこちら

楽天・全米株式インデックスファンドをイデコで買うには?

iDeCo

専門家が「つみたてNISA」よりも推奨する「iDeCo(イデコ)」は、金融機関によって選べる投資信託のラインナップが大きく違います。

イデコでは、金融機関えらびを間違えると、長期の資産形成でとても不利になります

ここでも、楽天証券は非常に力を入れています。楽天証券のイデコは、口座管理手数料が0円であり、優れた投資信託が充実しています。(→楽天証券のイデコでおすすめの投資信託はこちら

中でも、イデコで楽天・全米株式インデックスファンドが買えるのは楽天証券だけという大きな強みを持っています。

イデコでも楽天・全米株式インデックスファンドを購入したい場合は、楽天証券のイデコがおすすめです。

将来の年金作りを目的としたイデコは、つみたてNISAよりも運用期間が長期に渡るので、リスクはやや抑えた運用をする方が多いです。

楽天証券のイデコでも、低コストな債券ファンドや、元本確保型商品として「定期預金」をラインナップに加えています。

仮に、イデコでの運用利回りを年率4%とし、毎月の2.3万円の積立を30年間おこなった場合、30年後の資産は1,596万円になっています。

先ほどのつみたてNISAのシミュレーションで得た1,719万円と合算すると、3,315万円になります。これなら、老後の生活も安心して暮らせそうです。

毎月5.6万円の積立を継続するのは大変です。しかし、イデコには節税効果もありますし、将来を見据えてコツコツ資産運用をはじめる価値は十分な結果が期待できます。

もちろん、積立金額を半分にしても、十分な資産形成が可能です。イデコ・つみたてNISAはこうした運用で得た利益が非課税になる、メリットの大きい仕組みです。

私自身、数年前から両方を利用していますが、個人投資家の一人として、自信を持っておすすめできる制度です。

人気No.1 楽天証券のiDeCo