GMOクリック証券は口コミでも高い評価を維持する手数料No.1ネット証券

カメでもわかる投資塾

GMOクリック証券

GMOクリック証券は業界最安の手数料で多くの個人投資家から支持されているネット証券です。

ネット証券の代表格であるSBI証券や楽天証券と比べると、中堅の証券会社という印象です。しかしその分、取引手数料などはNo.1の安さを誇っています。

GMOクリック証券は持株会社(GMOクリックホールディングス)が単独で上場していますし、大和証券の資本も入っています。また、親会社であるGMOインターネットはインターネットのドメイン事業で圧倒的シェアを誇っている会社なので、信用面に関しては問題はありません。

株式投資の手数料が安いというメリットと、もう一つはFX業者としては業界トップレベルの知名度であり、主にFXトレーダーから評価を得ている証券会社です。

GMOクリック証券で使えるサービス

GMOクリック証券が提供しているサービスをまとめます。
投資信託やIPOなどのラインナップにはまだまだ問題がありますが、取引手数料の安さとFXには定評があります。

業界No.1の株式取引手数料を実現

No.1

GMOクリック証券はとにかく株式取引手数料が安いです。

1約定ごとプランは、約定代金に応じて1回の取引ごとに手数料が発生する仕組みです。株主優待や配当目的の長期投資が中心で、あまり積極的に売買をしない方はこちらのプランがおすすめです。

1日定額プランは、1日の約定金額を合計し、その日の約定代金に応じて手数料を設定するプランです。デイトレーダーや短期売買を手掛ける方にとってメリットのある手数料体系です。

一応、電話注文も受け付けているのですが、手数料が非常に高いのでおすすめしません。

信用取引も同様に「1約定ごとぷらん」と「1日定額プラン」に分かれるのですが、信用取引については特定の条件を満たすと「VIPプラン」が使えるようになります。

VIPプランでは信用取引手数料が完全無料となり、信用取引にかかる金利のみの負担で売買することが可能です。

ただし、VIPプランの昇格条件は「毎月20日大引け時点で信用建玉残高が5億円以上」または「1ヶ月間の信用新規建玉の約定代金合計が5億円以上」となっているので、ある程度資産のある方やよほど取引回数が多い方でなければ、VIPプランは利用できません。

GMOクリック証券は信用金利も低めに設定されているので、株式信用取引を積極的に活用してアクティブにトレードする方にとってはメリットの大きい証券会社です。

一方で、GMOクリック証券は海外株式の取扱がありません。また、IPOもサービスとしては存在していますが、取扱本数は極めて少ないです。私が過去に見た例だと、GMOグループの会社が上場する際に、その銘柄のIPOを取り扱っていた程度です。

海外株式の代わりとして「外国株CFD」の取扱があります。こちらは、証拠金取引としてレバレッジをかけながら、米国株・中国株の売買ができる仕組みです。

20種類以上の多機能ツールが使い放題

モバイルツール

GMOクリック証券はとにかく取引ツールの種類が多いのが特徴です。

株式やFXなど、それぞれの商品ごとにPC版、モバイル版のツールが提供されています。

中でも、発注機能に特化した「はっちゅう君」シリーズはGMOクリック証券の人気ツールとなっており、チャート分析は他の証券会社で行って、発注は手数料が安くツールが使いやすいGMOクリック証券で行うという投資家も少なくありません。

また、合計20種類以上もあるこれらの取引ツールは無料の口座開設をするだけですべて無料で使うことができます。

一般的に証券会社の取引ツールは有料で提供されることが多いのですが、GMOクリック証券はこういった高機能ツールを無料で使えるという点でも優れています。

業界知名度No.1のFX取引

FX

GMOクリック証券の知名度を一気に拡大したのが、FX取引です。今でも、「GMOクリック証券はFX業者である」と思っている人が多いです。それくらいFX業界にはインパクトを与えた証券会社で、多くのFXトレーダーがGMOクリック証券でFX取引を行っています。

GMOクリック証券のFXには、

  • FXneo
  • 外為オプション
  • 365FX(くりっく365)

の3つがあります。
最も定番で人気なのは「FXneo」で、業界最狭水準のスプレッドと使いやすい取引ツールで知られています。

FXネオのスプレッドは米ドル円で0.3銭原則固定、ポンド円は1.1銭原則固定、取引手数料はすべての通貨ペアで0円です。GMOクリック証券のFXは非常に多くの方が利用しているので、最初の口座としてもおすすめです。

外為オプションはFXの値動きを使ったオプション取引で、簡単に言うと将来の為替レートが円安に動くか、円高に動くかを予想する取引です。予想が当たると、投資額が数倍になる可能性も秘めた新しいサービスです。

365FXは取引所を介してFX取引を行う「くりっく365」となります。FXネオよりもより透明性の高いマーケットで、為替を売買することが可能です。

CFDで外国株も商品や指数も24時間取引

CFD

GMOクリック証券は、外国株式や商品先物を取り扱っていません。

しかし、他の証券会社が扱っていない「CFD」というサービスを提供しているという特徴があります。

例えば、FXは外国為替の証拠金取引です。実際に為替の現物を売買しているわけではないので、ロングだけでなくショートができたり、レバレッジをかけることができます。

FXが為替を取引対象としているのに対して、CFDは外国株式や商品、指数などあらゆるものが取引対象です。

米国株や中国株の主要銘柄が売買できるほか、金や原油、大豆、海外の指数ETF、日経平均株価指数、インドの株価指数などを24時間いつでも売ったり買ったりできます。

もちろん、取引手数料は無料です。

外国債券の取扱も

債券

GMOクリック証券の中では地味な存在ですが、外国債券の取扱もあります。

種類は決して多くはないのですが、トルコやブラジルの外債を購入できます。

外債をGMOクリック証券で購入するメリットとしては、為替手数料が業界最安に設定されていることです。外国債券は為替変動を伴うため、購入時に一定の為替手数料を支払う必要があります。

これが、対面の大手証券会社などでは非常に高く、せっかく外債の利回りで利払が行われても、手数料負担が大きく中々投資額を回収できないという問題になりがちです。

しかし、FXに強みを持つGMOクリック証券であれば、為替手数料を抑えた状態で外国債券を購入できるので、本来の利回りを反映しやすいです。

オーストラリアドルの債券で片道50銭、南アフリカランドは片道20銭の為替手数料となっており、これはネット証券同士で比較しても最安となっています。

GMOクリック証券の口コミ

口コミ

GMOクリック証券を実際に使っている個人投資家の口コミをまとめました。

管理人のGMOクリック証券に対する意見

短期売買やデイトレードなど、アクティブに株式取引をする場合は、手数料の安いGMOクリック証券を使うとメリットがあります。

私も短期取引はGMOクリック証券を使うことが多いです。(最近はあまりデイトレやらなくなりましたが、GMOクリック証券は空売りや増担保の規制は厳し目だった気がします)

一方で、他社のように投資信託やIPOが充実していたり、投資情報が多いという印象はありません。特に、投資信託の取扱が少ないというのは、GMOクリック証券のデメリットです。

手数料重視の投資家にとってはおすすめですが、右も左もわからない方は、投資情報が充実している他のネット証券の口座も同時に開設しておくことをおすすめします。

実際、投資情報や取引ツールは他社のものを使い、実際の発注は手数料の安いGMOクリック証券でやるという方も少なくありません。

私はCFD取引はやったことがないのですが、株価指数や商品などのラインナップが豊富なので、経済情勢に合わせて最も値動きのある銘柄を積極的に売買できる点で魅力があります。

また、FXではGMOクリック証券の知名度は抜群に高く、おそらく多くのFX投資家がGMOクリック証券の口座を持っていると思います。

実際、取引ツールの使いやすさやスプレッドの狭さといったスペックが高いので、FXをやる上では競争力を発揮します。

ツールが重い、スプレッドが拡大して使えないといった口コミも見かけるのですが、私自身は特にそういったデメリットを感じたことはありません。

最も、為替相場が急変動している時は、他のFX業者も取引できなかったり、スプレッドが拡大することが多いので、様子見に徹するのが良いと思っています。

GMOクリック証券の公式サイトはこちら