ビットコイン投資詐欺が流行っているので気をつけたい手口

投資詐欺から身を守る方法

ビットコイン

投資家や情報感度の高い方は、最近注目されている「ビットコイン」についても気になっているかと思います。

しかし、すでに仮想通貨を使った「ビットコイン詐欺」と呼ばれるようなものが横行しているので注意してください。

ビットコインは「暗号通貨」や「仮想通貨」とも呼ばれるデジタル通貨です。

10円玉や千円札のような現物は存在せず、あくまでもコンピューター上の通貨となります。ネットゲームで使うアイテムを購入するための「コイン」のようなものだと考えるとわかりやすいと思います。

なぜビットコインが注目されているのかというと、理由は2つあります。

1つめは、ビットコインは仕組み上とても高い堅牢性を誇っており、事実上改ざんすることができません。つまり、コピーされやすいデジタルなものでありながら、現物のお金のように偽造通貨を発行することができないのです。

2つめは、ビットコインはあらかじめ流通する総量が決められており、これは誰かの手によって増やしたり減らしたりすることはできません。時間の経過によって増え続け、一定の発行量に達した時点でそれ以上、新しいビットコインは発行されなくなります。

現物の通貨であれば、円の流通を制御する日本銀行や米ドルの流通を制御するFRBが、世の中に出回る通貨の量を増やしたり減らしたりしています。しかし、一度作られたビットコインは製作者の手を離れるため、特定の政府機関などによってコントロールされることはありません。

前述の日銀やFRBは紙幣の流通量をコントロールすることで通貨の価値を操作しています。(コントロールできる変動相場制)

また、ネットゲームで使うコインはゲーム開発会社が1コイン=1円などと決めています。(固定相場制)

しかしビットコインは特定の機関によってコントロールされないので、あくまでも相場で通貨の価値が決まります。(コントロールできない変動相場制)

これらをわかりやすくまとめると、ビットコインは現物として存在しないものの、コンピューター上ではたしかに存在している信頼できるお金ということになります。

Wikipediaによると、仮想通貨は

仮想通貨(かそうつうか)とは法定通貨に対して特定の国家による価値の保証を持たない通貨のこと。

のように定義されています。

ビットコイン長者の誕生

右肩上がり

仮想通貨ビットコインはその仕組みから、時間の経過とともに流通量が増え、一定の流通量に達した時点で新規発行ができなくなります。

ビットコインの発行量が増えると、その通貨を利用する人も増えますが、その後発行量に歯止めがかかるので、一定の価値が保たれるようになっています。

これをビットコインの価値に置き換えると「誰も使っていないのでほとんど価値がない → 使う人が増えると価値が上がる → 多くの人が使っているが一定数に達するとそれ以上は新規発行されないので(多くの人が使い続ければ)価値が保たれる」というようになります。

こうした理由から、まだ流通量が少ない段階でビットコインを入手し、多くの人が使うようになって価値が上がった段階で売却すれば大きな利益を得ることができます。

実際、ビットコインが誕生し、まだ世に知られていない時に1,000円分のビットコインを買っておいた人が、ビットコインの価値の値上がりによって、現在は億万長者になっているという話があります。これは本当の話です。

こうした「ビットコインドリーム」を手にした人が出始めた頃から、ビットコイン詐欺は始まりました。

ここからが本題、恐ろしい真実をお伝えします。

ビットコイン詐欺に騙されないために

詐欺師

「将来、多くの人が使うようになる仮想通貨がまだ世に知られていない段階で投資しておき、価値が上がったところで売却して大儲けできる」

このような謳い文句でビットコイン詐欺を働いている人がいます。

話題のテーマでもあるビットコイン、そして本当に値上がりによって億万長者が誕生しているビットコインだけあって、その仕組みを理解しないままに、詐欺商品を買わされてしまうケースがあります。

前置きが長くなりましたが、ビットコイン詐欺の手口と、なぜ怪しい仮想通貨を買ってはいけないのかについて説明します。

アルトコインの誕生

イーサリアム

ビットコインというのは「仮想通貨(暗号通貨)」の1つの種類のことを指します。

例えば、通貨といえば「日本円・米ドル・ユーロ・中国元」などがありますよね。

仮想通貨も同様に「ビットコイン・イーサリアム・リップル・ライトコイン」など、多くの種類が存在しています。

仮想通貨の中で最も知名度が高いのが「ビットコイン」であり、上記で挙げたようなその他の仮想通貨のことを総称してアルトコイン(派生通貨・代替通貨)と呼びます。

いわゆるビットコイン詐欺の手口とは「値上がりを謳って価値のないアルトコインを売りつける」ことです。

アルトコインの中にはイーサリアムやリップルのように、流通量が拡大し実際に誕生してから現在に至るまで、価値が大きく値上がりしたものも存在します。

しかし多くのアルトコインは投資するに値しないゴミであることを忘れないでください。

アルトコインは誰でも簡単に生み出せる

プログラマー

冒頭で、仮想通貨のことをWikipediaでは

仮想通貨(かそうつうか)とは法定通貨に対して特定の国家による価値の保証を持たない通貨のこと。

と定義していると述べました。

日本円や米ドル、ユーロなどの通貨は政府が価値を保証しており、政府機関が発行し流通量をコントロールしています。

しかし、仮想通貨は「特定の国家による価値の保証を持たない通貨」なので、その価値は「多くの人が使っているかどうか?」という点に集約されます。

多くの人に取引されている「ビットコイン」は高い価値を誇りますが、取引量が少なく知名度のない「アルトコイン」は当然、価値も下がります。

そして、日本円や米ドル、ユーロなどは政府が厳重な管理の元で紙幣を印刷し発行しています。もちろん、偽造したり紙幣をコピーすれば犯罪です。

しかし、仮想通貨はプログラムの知識が少しある人なら、誰でも「アルトコイン」を作ることができます。デジタル通貨なので、製造原価もかかりません。

例えば、「山田コイン」「田中コイン」「東京コイン」「大阪コイン」のように、いくらでもビットコインと同じ仕組みを持つ仮想通貨を作れるのです。

しかしこれらはあくまでもコンピュータープログラムによって生み出された仮想通貨であり、政府などの保証を持たない通貨です。

当然、プログラムの知識があるどこかの小学生が自分で作った仮想通貨にビットコインと同等の(改ざん・偽造されないなどの)安全な仕組みがあっても、その通貨を他の多くの人が使わなければ、1円の価値もないただのゴミです。

  • アルトコインは誰でも簡単に生み出せる
  • 誰も使わない仮想通貨は無価値

この原則を頭に入れておくことが、ビットコイン詐欺から身を守る第一歩です。

大抵のビットコイン詐欺は「生まれたばかりのアルトコインに投資すれば値上がりして稼げる」といいますが、誰も使わない仮想通貨は値上がりすることはありません。

アルトコインをサクッと作って、「値上がりしますよ!」と言って誰かに売りつけてお金を奪う。これがビットコイン詐欺の手口です。

ビットコインにすら将来性があるかわからない

疑問

ビットコインはデジタル通貨なので、「為替の両替」を必要とせずにスマホだけで世界中の人と通貨のやり取りができます。

インターネット通信を使って、ビットコインというデジタルデータを送るだけなので、東京の友人に送金するのも、オーストラリアの友人に送金するのも、コストはまったく同じだという点が、仮想通貨の素晴らしいところです。

通常であれば、オーストラリアの友人に海外送金すると多額の手数料が発生しますが、仮想通貨であればそうした心配はありません。

しかし、ビットコインは送金目的としてはメリットがあるものの、実際の商品購入の決済手段として利用されているケースはとても少ないです。

最近、東京などの一部の店舗で「ビットコイン支払いOK」のお店も誕生しています。

しかし、実際にビットコインを現金と同じように、日常生活の支払手段として使っている人がどれほどいるのでしょうか?少なくとも、あなたの周りの友人でそのような人はいないと思います。

また、自国通貨を信頼できない中国人がビットコインを爆買いしているという意見もあります。

しかし、よく考えてみると、自国通貨が信頼できないならビットコインではなく、信頼できる米ドルに替えれば良いだけの話だと思いませんか?

ビットコインの取引量の9割が中国という意見はあります。しかし一方で、ビットコインの取引量が日本で急増しており、すでに中国を抜いたという報道もあります。

実は、中国でも日本でも「ビットコインを日常生活の支払い手段に使っている人はいない」のに、将来性や自国通貨が信頼できないといった様々な理由をつけて取引量だけが増えているというのが事実です。

つまり、日本人も中国人もみんな、ビットコインの売買によって儲けるための「投機目的」としてビットコインを買っているだけなのです。

また、ビットコインの時価総額(流通しているビットコインの価値の総額)は記事執筆時点の2017年2月で2兆円ほどです。

この2兆円という数字ですが、ビル・ゲイツの個人資産が約9兆円ほどなので、実はビットコインの価値はビル・ゲイツの個人資産の4分の1にも満たない小さなものとなっています。

つまり、「中国人が爆買いしている」とか「将来性がある」などと言っても、所詮は小さな世界で取引が活発になっているだけにすぎないのです。

わかりやすく言うと、「遊戯王のゲームカードの取引が活発になっている、レアカードは1枚何十万円もの価値がついている」と言っても、それはごく一部の人たちだけの世界であって、日本全体でみればどうでもいいレベルの小さな話です。

仮想通貨の王様である「ビットコイン」ですら、

  • 日常生活で使っている人を見たことがない
  • 時価総額がビル・ゲイツの資産の4分の1程度しかない

という事実を冷静に考えると、将来性があるかどうかはわからないのです。

まして、アルトコインなどというのはビットコインの価値のさらに何十分の1の世界ですから、詐欺師のセールストークに騙されて「将来値上がりする」などと期待することすら大きな間違いなのです。

ネット有名人が平気で詐欺をしている

スマホで動画を見る男性

つい先日、たまたまアルトコインの紹介をしている動画を見ました。

いわゆるYoutubeなどでネット有名人と言われている人が、平気で「アルトコインが値上がりするので今が購入のチャンスです」などと言っている事実を見ると、残念な世の中になったものだなと思うわけです。

彼らは日本の法律から逃れるために、東南アジアに住んでいる事が多いのですが、Youtubeを使えば海外にいながら日本人に向けて価値のない仮想通貨を売ることができます。

「有名なあの人が紹介しているからこの仮想通貨はきっと値上がりする」などと思うのは間違いです。

この記事をここまで読んだ方は頭の良い方だと信じています、くれぐれもビットコイン詐欺に合わないように気をつけてください。

さらに恐ろしい投資詐欺の話をしています

特集:投資詐欺から身を守る方法はこちら。