Kindle Oasisを愛する私が電子書籍の魅力をすべての投資家に伝えます

B! pocket

Kindle Oasis

電子書籍の普及は着実に進んでいます。

以前は「紙の本にこだわりたい」と言う人も多かったのですが、最近は若い方を中心に「電子書籍の方が便利」という意見をよく聞くようになりました。

(今でも紙の本を買う時もありますが)私は初代iPadが発売された時から、基本的に電子書籍派です。これまでに、様々なタブレット端末や電子書籍リーダーを利用してきました。

中でも、昨年に購入した「Kindle Oasis(キンドル オアシス)」は決定的に良い買い物になったと感じています。

Kindle Oasisを購入したことで、読書時間が飛躍的に伸びました。知識の幅が広がったことで、投資活動にも良い影響を与えています。(かのウォーレン・バフェットも、読書量と投資結果は比例するとが言っています)

今回は、私が思うKindle Oasisの良いところをまとめます。この記事が、すべての投資家にとって「新しい読書体験と投資結果の向上」につながることを期待しています。

Kindle Oasis 8つの利点

Amazon Kindleの便利な使い方

繰り返しとなりますが、Kindle Oasisは私の読書量を飛躍的に向上させてくれました。

読書時間が延びた理由は、Kindle Oasisが持つ様々な機能にあります。

風呂場で読める

防水機能

Kindle Oasisの最大のメリットは「防水機能」がついていることです。(後述する、新しいKindle Paperwhiteにも防水機能が付いています)

風呂場で湯船につかりながらゆっくりと本が読めるのは、電子書籍リーダーならではの利点だと思います。

iPhone・iPadなどは、最新機種でも「生活防水の範囲」にとどまります。風呂で使う時は専用の防水ケースに入れなくてはなりません。

また、紙の本を風呂場に持ち込むと、本がヨレヨレになってしまいます。

しかし、Kindle Oasisであれば「ケースに入れなくても、そのまま風呂に持っていける」のです。もちろん、本がヨレヨレになることはありません。

  • 入浴・半身浴のとき
  • 温泉に行く時
  • 外出する時

どこにでも持っていけるのので、これまでの退屈な時間が「読書に集中できる時間」に変わります。

Kindle Oasis(または新しいKindle Paperwhite)の防水性能は「IPX8等級」です。

これは、水深2メートルの真水に60分沈めても問題ないレベルの防水性能となっています。

もちろん、プールやビーチに行った時も、そのままの状態で読書することが可能です。

もし、落下や水没による故障が不安な方は、若干の追加料金を支払うことで、2年間の延長保証をつけることもできます。

目に優しい・暗い場所でも読める

賢明なる投資家(電子書籍)

意外と知らない人が多いのですが、Kindleのような「電子書籍専用リーダー」は、目に優しい設計なので、目が疲れません

例えば、iPhone・iPadといったスマホには、鮮やかなカラーを映し出すために「液晶ディスプレイ」が使われています。

液晶ディスプレイは、裏側から「強力なバックライト」で液晶を照らすことで、画面の文字や写真を表示する仕組みです。(この光が、私たちの目に直接入ってきます)

こうしたバックライトが、私たちの目の疲れの原因になっていることも多いです。また、液晶ディスプレイの光に含まれる「ブルーライト」には、私たちの眠気を妨げる可能性があると指摘されています。

私は十代の頃からパソコンを頻繁に利用していたため、普通の人の何十倍もコンピューターのディスプレイを見続けてきました。

結果、30代になってから目の疲れが気になり、明るいコンピューターの画面の見続けるのがしんどくなってきたのです。

最近はディスプレイの明るさを下げるなどしていますが、これは明るい画面を見続け、その疲労が蓄積された結果だと思っています。

しかし、Kindleには「眼精疲労の原因になる明るい液晶ディスプレイ」も「ブルーライト」も一切ありません。

Kindleの画面には、E-ink社製の電子ペーパーが使われています。

電子ペーパーは液晶ディスプレイと違い、紙と同じように文字を表示します

液晶ディスプレイは太陽の光などに反射するため、公園のベンチで本を読むのに適していません。しかし、電子ペーパーを使ったKindle Oasisは、太陽光の下でも、はっきりと画面の文字が見えます。

紙の本を読んでいるのと同じ感覚で、何時間でも目に優しい読書を継続できるのです。

Kindleに搭載されている電子ペーパーにはデメリットもあります。

太陽光などの反射がない「明るい場所」では読みやすい一方、バックライトがないので、暗い場所では読みにくくなります。(この点も紙の本と同じです)

しかし、現在のKindle Oasis(または新しいPaperwhite)には、手動でON・OFF可能なライトが付いているので安心です。

普段はライトはオフにしておくことをおすすめします。暗い場所で読書をする時、画面が見にくいと感じたら、必要最小限のライトをオンにしてください。

これで、目の疲れを最小限にしながら、暗い場所でも読書が楽しめます。

また、スマホのような高機能な端末ではないので、画面のページめくりはサクサクではありません。(電子ペーパー独特の動きですが、ストレスはありません)

アプリを追加して機能拡張するといった機能もないので、スマホやタブレットの代わりにはなりえません。あくまでも「読書専用の端末」として使うのが望ましいです。

一度買った電子書籍は半永久的に保存可能

クラウド本棚

Kindleは、Amazon Kindleストアで本を購入する必要があります。例えば、楽天の電子書籍ストアで購入した本を、Kindleで読むことはできません。

しかし、Kindleストアには業界最大規模の電子書籍の取扱があるため、大抵の本はすべてKindleストアで購入可能です。(またAmazon Kindleは洋書の取り扱いにも強みがあります)

Kindleストアで一度購入した電子書籍(コンテンツ)は、半永久的に保存可能です。

購入履歴をAmazonが管理してくれていますので、電子書籍リーダーを買い替えた場合や、他の端末で本を読みたい時も、何度でも再ダウンロードできます。

iPhoneやAndroidでもKindleアプリが提供されています。

コンテンツは一度購入すれば、複数の端末にダウンロードできます。また、「どこまで読んだか?」も同期しますので、端末を替えても続きから読み始めることが可能です。

例えば、自宅ではKindle Oasisで本を読み、電車の中ではiPhoneのKindleアプリを使って、本の続きを読むということができます。

Kindle本体の容量がオーバーした時は、端末内の本のデータを削除して、容量を確保します。

容量に空きができたら、Kindleストアから別の本のデータをダウンロードできるため、容量は事実上無制限です。

端末内のデータを削除しても、購入履歴は残っているので、何度でも再ダウンロードが可能となっています。

外出先でもその場ですぐ本が買える

モバイル回線

Kindle OasisとPaperwhiteには、

  • Wi-Fiのみ
  • Wi-Fi + 無料3G(または4G)

の2つのラインナップが用意されています。

※3G・4Gとは? = 携帯電話の通信回線のことです

もちろん、無料3Gが付いている方が価格は高くなるのですが、私としては無料3G付きの機種を強くおすすめします

3G(または4G)付きの機種は、いつでもどこでもインターネット通信が可能です。(通信料はAmazonが負担してくれますので完全無料、契約手続きも不要です)

繰り返しますが、電子書籍リーダーはスマホのような高性能端末ではありませんので、できることは限られます。

しかし、無料3G・4Gが付いていると、どこでも

  • 本の購入・ダウンロード
  • Wikipediaで意味を調べる(1タップ)
  • 気になった部分をSNSシェア・メール転送
  • 簡単なWEBブラウジング

といったことができるようになります。

例えば、友人・知人と話をしていて「おすすめされた本」をその場ですぐに買うこともできますし、会社の帰りに電車の社内広告で気になった本をその場で購入し、すぐに読み始めることも可能です。

「読みたい」と思った時にすぐ購入・読み始められるのが、3G付きKindleの良いところです。

また、読書中にわからない用語や読めない漢字が出てきた時は、その部分を指でなぞるだけですぐ「Wikipediaや漢字辞典」が表示されます。

こうした読書体験は電子書籍ならではであり、紙の本では実現できなかったことです。

本を読んでいる最中に気になった箇所があれば、その部分を引用してSNSに投稿したり、自分あて(または友人あて)にメール送信できます。

自分へのメール送信機能は、簡単なメモとしても使えます。

気になった部分は指でなぞるだけで「ハイライト(本に線を引く)」することもできますが、メールで送っておくことで、後からその一文について、深く考えるきっかけが作れます。

3G・4G付きのKindleは価格が大きく上がるので、躊躇してしまいがちです。しかし、使ってみた感想として私は「3G回線付きの方が絶対に良い」と思いました。

電子の持ちが良く、軽い

充電器不要

電子書籍リーダーの画面に採用されている「電子ペーパー」は省電力です。

よって、Kindle Oasisも電池の持ちがすこぶる良いです。本を読まずに放置しておいた場合で、1ヶ月以上バッテリーが持ちます。

1日あたり数時間の読書をする方なら、2週間に1度くらいのペースで充電が必要です。

温泉などで国内旅行に行く時はもちろん、1週間の海外旅行に行く程度なら、充電器は不要です。

特に、Kindle Oasis(と新しいKindle Paperwhite)は温泉でも防水カバー不要でそのまま使えますから、「読書し始めるまでのストレス」がありません。

重さも気になりませんので、女性の方でも片手だけで操作できます。

Kindle Oasisには、タッチやスワイプによるページめくりの他に、物理的な「ページめくりボタン」が付いています。(結構便利です)

私は以前、物理ボタンのないKindle Paperwhiteを使っていましたが、こちらも特にストレスなく片手操作ができました。

Kindle Paperwhiteの方が物理ボタンがない分、サイズが小さいのでスーツのポケットなどにも入れやすいと思います。

紙の本も買っています

書庫

私の場合、今では新しく購入する本の8割くらいが電子書籍です。

電子書籍の方が、ハイライト機能で線を引いた部分の管理が楽なので、後々サイトの記事などで引用するときにも便利です。

そして何より、電子書籍は何冊買っても「部屋のスペースを一切とらない」というメリットがあります。

紙の本を100冊買うと、本棚のスペースを確保するのが大変ですが、電子書籍リーダーなら1つの端末に実質無制限の書籍を保存しておけます。(端末内の容量が一杯になっても、何度でも再ダウンロードできるため)

とはいえ、今でも紙の本を買うこともあります。

私が現在、紙の本を買うシーンには以下のようなものがあります。

  1. 電子書籍の取り扱いがない本を買う時
  2. 中古の本を買う時
  3. 本屋さんで手にとって欲しいと思った時
  4. 紙の本としてコレクションしたい時

4.の「紙の本としてコレクションしたい時」は、たいてい同じ本を2回読む場合です。

電子書籍で読んで、とても良かった本を読み返すタイミングで、紙の本を購入することが多いです。

Kindle OasisとPaperwhiteの違い

Kindle PaperwhiteとKindle Oasis

現在、電子書籍リーダーのKindleには大きく3つの機種があります。

  • Kindle
  • Kindle Paperwhite
  • Kindle Oasis

以前は防水機能を搭載しているのは「Kindle Oasis」のみだったのですが、最近のリニューアルに伴い「Kindle Paperwhite(キンドル ペーパーホワイト)」にも防水機能が付きました

機種名は同じでも、Kindleは定期的にグレードアップしています。

通常の「Kindle(キンドル)」は低価格なのが魅力です。しかし、内蔵ライトや3G・4G回線が付いていないため、おすすめできません。(私がKindleのここが良い!と思っている機能が省かれてしまっている)

よって、もし今から電子書籍リーダーを選ぶのであれば「Kindle Oasis」または「Kinele Paperwhite」のどちらかが良いと思います。

私自身、今のKindleは2台目です。

以前、Kindleや他の電子書籍リーダーを購入して使わなくなってしまった方でも、3G・4G回線やライトの付いている「新しいKindle」を書い直す価値は十分あると思います。

両者の比較は以下の通りです。

項目 Kindle
Paperwhite
Kindle
Oasis
内蔵ライト 5段階の明るさ 12段階の明るさ
物理ボタン なし あり
防水機能 あり あり
3G・4G(モバイル回線) 4G(速い) 3G(普通)
画面サイズ 6インチ 7インチ
容量 8GB or 32GB 8GB or 32GB
価格 普通 高い

価格は、ストレージ容量や3G・4Gの有無、そして画面ロック時の広告の有無によって変わります。

フルスペック(32GBストレージ・3G(または4G)回線付き・広告なし)のモデルで、

  • Kindle Paperwhite:22,980円
  • Kindle Oasis:40,980円

となっています。

「ディスプレイサイズが少し小さい」、「物理ボタンがない」といったデメリットはありますが、価格差を考えると、今から選ぶなら「Kindle Paperwhite」の方が良いかもしれません。

重量も若干ではありますが、Paperwhiteの方が軽いです。

Kindle Paperwhite 公式サイト

Kindle Oasis 公式サイト

ストレージ容量は多いほうが良い?

ストレージ容量は実質無制限

Kindle OasisとPaperwhiteでは、ストレージ容量を

  • 8GB
  • 32GB

の2つから選べます。

ストレージ容量は多いに越したことはありませんが、前述のように、Kindleでは一度買ったコンテンツは何度でも再ダウンロード可能です。

容量が一杯になったら、不要なコンテンツを端末内から削除して、読みたい本を再ダウンロードしなくてはならない手間はかかりますが、それでも問題がなければ、価格優先の8GBモデルでも良いと思います。

なお、Amazonでは8GBと32GBの目安を以下のように説明しています。

  • 8GB:マンガ約130冊・書籍数千冊
  • 32GB:マンガ約650冊・書籍数千冊

電子書籍において、「マンガ」はとても容量を必要とするコンテンツです。

つまり、マンガをほとんど読まない人であれば、8GBモデルを選んでも特に問題はないということです。

ビジネスや投資といった「文字中心の本」を読むことが多い方は、8GBモデルで十分だと思います。

ただし、私が強くおすすめする「3G・4G搭載モデル」は強制的に、容量32GB・広告なしモデル(フルスペック)となっています。

価格は割高になりますが、3G・4G搭載モデルはとても便利ですので、携帯回線の付いたモデルの選択をおすすめします。

3G・4Gありを選ぶべきか?

3G・4G回線があるとすぐ読める・すぐ買える

Kindle OasisとPaperwhiteには、「Wi-Fiモデル」と、「Wi-Fi+3G(または4G)モデル」があります。

Wi-Fiモデルは、Wi-Fi環境がある場所でなければ本の購入やダウンロード、Wikipediaによる用語の検索ができません。

一方、3Gまたは4G付きなら、どこでも自由にインターネット通信ができます。通信料は購入価格に含まれていますので完全無料です。(別途、回線の契約なども一切不要です)

3G回線よりも4G回線の方が速いです。

Kindle Oasisは3G、新しいKindle Paperwhiteには4G回線が採用されています。

私は3GのOasisを使っていますが、速度面でストレスを感じたことはありません。(本のダウンロードもすぐに終わります)

これに関する答えは絶対に「あり」を選んだ方がよいです。

理由は上記で述べた通りです。

3G・4G回線が付いていることで、読みたいと思った時にすぐ本を買って、その場で読み始めることができるというのは、想像以上に大きなメリットです。

また、Kindleストアではサンプルの「立ち読み」もできますので、気になった本を試しにチェックする時にも適しています。

広告の有無

考える

広告に関しては人によって意見が分かれると思います。

私自身は「広告なしモデル」しか買ったことがありませんので、「広告ありモデル」がどのような内容なのかは不明です。

広告はロック画面やライブラリ下部に表示され、読書中には一切表示されません

Amazonの説明を要約すると、広告ありモデルの場合、ロック画面に広告が表示されるようです。

  • ロック画面・ライブラリ下部に広告を表示。読書中に広告は一切表示されない
  • Kindle月替わりセール、キャンペーン情報、パーソナライズされたおすすめ商品を表示

読書中に広告が表示されないなら、価格の安い「広告ありモデル」でも良さそうです。

しかし、「広告ありモデル」のKindleには「パーソナライズされたおすすめ商品」が表示されるというのが少し気になります

少し極端な例ですが、アダルトではなくても、少しエッチな要素を含むマンガを熱心に読んでいるとします。

もしそれがパーソナライズされ、ロック中に関連書籍の広告が表示されたとするとどうでしょうか。

家族に見られると変な疑いをかけられてしまうかもしれませんし、カフェや会社でもKindle端末を放置しにくくなってしまいますよね。

こうした理由から、私としては「広告なしモデル」をおすすめします。(パーソナライズ広告を非表示にできるなどがあれば教えてください)

管理人の感想

管理人の評価

  1. 目が疲れない
  2. いつでも欲しい本がすぐに読める
  3. 風呂や温泉でも読める

この3点が、私がKindle Oasisを買ってよかったと思う最大の理由です。

冒頭でも述べましたが、上記3つの利点によって、私の読書時間は大きく伸びましたし、気になっていた目の疲れもかなりマシになりました。(Kindleで本を読む時間が増えた分、スマホを触る時間が減ったこともあります)

iPhoneやiPadでも、無料のKindleアプリをインストールすれば電子書籍は読めます。

しかし、目の疲れや風呂場への持ち込み、また1週間程度の旅行なら充電器が不要という手軽さはいずれも、スマホでは実現できないKindleならではの強みです。

こうした強みが、読書好きの私にとってはピタッとハマり、電子書籍の専用リーダーを未だに愛用し続けている理由なのだと思います。

Kindle Oasis、そして新しくなったKindle Paperwhiteは、価格以上に価値のある、良い商品であることを、私が自信をもっておすすめします。

Kindle Oasisの購入はこちら

Kindle Paperwhiteの購入はこちら

株式投資や資産運用の初心者におすすめしたい入門書は、次の記事にまとめています。あわせてご覧ください。

最後まで読んでいただきありがとうございました

0件のコメント

コメントを投稿する