THEO+住信SBIネット銀行のメリット・デメリット、ロボアドバイザーの運用実績

カメでもわかる投資塾

THEO+住信SBIネット銀行

銀行に定期預金をしていても、利息がほとんど付かない時代に突入しています。

そのような中で、将来にそなえて投資信託や株式投資で資産運用を始める人も多いです。しかし、多くの人にとって資産運用はハードルが高く難しい存在です。

こうした問題を解決したのが、ロボアドバイザーのTHEO(テオ)です。

THEO(テオ)は「投資一任サービス」と呼ばれる新しい資産運用のひとつで、運用に必要なすべての作業をロボアドバイザーが自動的におこなってくれる仕組みです。

ロボアドバイザーの登場によって、投資の知識を持たない方や、資産運用に割く時間がない方でも安定的な利回りを確保することができるようになりました。

THEO(テオ)はこれまで直販口座での受付となっていましたが、金融大手のSBIグループと提携し、住信SBIネット銀行からの口座開設申し込み・ダイレクトログインが可能です。

THEO+[テオプラス] 住信SBIネット銀行によって、より安心してロボアドバイザーによる資産運用を実現できます。

THEO(テオ)のさらに詳しい情報こちら

1万円から資産運用をおまかせ

ロボアドバイザー

THEO+[テオプラス] 住信SBIネット銀行は、シンプルさを追求したロボアドバイザーで、「おまかせ運用(THEOにおまかせ)」が基本設計となっています。

最初にいくつかの項目を入力するだけで、年齢や運用資産などから自動的に最適な運用方針を決定してくれます。

THEO+[テオプラス] 住信SBIネット銀行が提案する運用方針に納得できたら、その方法で資産運用をスタートするのが最も良い選択です。

もちろん、ロボアドバイザーの提案に納得がいかなければ、運用方法を「カスタマイズ」して使うこともできるので、運用の方針にこだわりを持ちたい方でも使えます。

運用方法が決定したら、あとはTHEO+[テオプラス] 住信SBIネット銀行が資産運用を代行してくれます。

世界のETFに分散投資

世界分散投資

運用方針が決まったあとは、THEO+[テオプラス] 住信SBIネット銀行に入金をするだけで、理想的な資産運用がスタートします。

THEOが投資対象としているのは、世界のETF(上場投資信託)です。

ETFには、世界の株式に投資するもの、債券に投資するもの、不動産やゴールドに投資するものなど、数多くの種類があります。

THEOは、これらのETFの中から中立的な立場で最も低コストで最適なものを自動的に選び出し、自動買付を行います

つまり、私たちはTHEO+[テオプラス] 住信SBIネット銀行を通じて自動的に、

  • 最適な資産配分で分散投資
  • 世界中に分散投資
  • 低コストな商品だけに投資

が実現できます。

これまで、こういった仕組みはファンドラップという商品が人手を使ってオーダーメイドで行っていましたが、THEOは231通りのパターンから最も良い資産設計を選び出し、その方針に沿った運用を行ってくれます。

もちろん、これらには人手はいらずロボットが自動で行うため、同じサービスを低コストで提供することが可能となっています。

ETFの自動積立を1万円から

積立

ETF(上場投資信託)は、多くの個人投資家が好んで選択する投資商品です。なぜなら、一般的な投資信託に比べて手数料が非常に低く設計されているからです。

しかし、ETFは「積立」ができません。ETFで積立をしたい場合は、毎月自分で、手動で注文を出す必要があります。

また、ETFは世界中に何千種類も存在するため、投資について熟知している人でも

  • どのETFを組み入れるのが一番良いか?
  • どれくらいの比率で資産構成するのが良いか?

を決めるのは簡単なことではありません。

一方で、THEO+[テオプラス] 住信SBIネット銀行であれば、世界中のETFの中から最適なものを、最適な構成比率で自動買付してくれます。

また、通常は難しい「ETFへの自動積立」もTHEOであれば実現できます。

THEO+[テオプラス] 住信SBIネット銀行は1万円からスタートできるロボアドバイザーです。

ロボアドバイザーの中には最低投資金額が10万円を超えるものも珍しくありません。

THEOもこれまではスタートするのに最低10万円が必要でしたが、現在はその金額が引下げられ、たった1万円から先進的なロボアドバイザーによる資産運用を開始できます。

資産配分の見直し(リバランス)もおまかせ

リバランス

資産運用を続けていると、当初設定した資産構成比率が少しずつ崩れてきます。

例えば、最初は株式50%、債券50%の構成だったとしても、株式が極端に値上がりし、債券が値下がりすると、いつの間にか極端に株式比率の高い資産構成になってしまっているのです。(資産運用は常に「時価」で評価するため)

こうした「資産構成のズレ」が生じた時に、値上がりして割高になった株式を一部売却し、そのお金で割安になっている債券を買い増しし、当初の資産構成比率(この場合は株式、債券50%ずつ)に戻すことを、リバランスといいます。

例えるならば、庭の芝生の伸びを常に監視し、定期的に手入れをしなければならないのと同じです。

リバランスは、定期的に資産の状況を監視しなければならないことや、売買をする必要があることから、初心者にとっては難しい作業です。また、投資の初心者でなくても面倒な作業であることに変わりありません。

THEO+住信SBIネット銀行では、毎月リバランスを行ってくれます。もちろんリバランスは自動的に行われます。

面倒なリバランス作業も、THEOにおまかせしておくだけで、毎月細かく調整してくれるため、常に最適なポートフォリオを維持することが可能です。

庭の芝生が伸びきる前に、毎月定期的に刈り取ってくれ、常に最適な形を維持してくれるのは、ロボアドバイザーならではのメリットです。

手数料は年率1%のみ

1億人の投資術 管理人の評価

THEO+住信SBIネット銀行は、資産運用に必要なあらゆる作業をすべて自動的におこなってくれます。

しかし、これらのすべての作業は「手数料 年率1%+税」というシンプルな料金の中に含まれます。

各種サービスの手数料や為替手数料、ETFの売買手数料、そして投資信託などで生じる信託報酬など、あらゆる手数料をコミコミで「年率1%+税」で行ってくれるのが、THEO+住信SBIネット銀行の特徴です。

ロボアドバイザーに対する意見を見ていると、投資経験者の中には「1%の手数料は高い、自分でETFを買ったほうが良い」という意見をたまに見かけます。

これは真実であり、THEO+住信SBIネット銀行の年率1%+税という手数料は、投資の世界では決して安いわけではありません。

しかし、この考え方に対して私はこのように考えています。

▶ファンドラップに比べると安い
ロボアドバイザーは当初、個人の運用方針をヒアリングし、人手を使ってハンドメイドの運用方法を決定する「おまかせサービス」のファンドラップに代わる商品として生み出されました。

ファンドラップはトータルコストとして年率3%以上が必要になることもあり、手数料の高さがデメリットとしてあげられていました。

THEOのようなロボアドバイザーは、ファンドラップで「人手」が必要な部分をロボットによって自動化することで、手数料を1%+税まで引き下げることに成功。

ファンドラップに対抗する商品として考えると、低コストであることは間違いありません。

▶資産設計やリバランス、ETFの買付を自動化
投資経験者が意見する通り、ロボアドバイザーにお任せするよりも「自分で毎月ETFを買ったほうがより低コストで運用できる」のは間違いありません。

しかし、投資初心者にとって、自分の最適な資産構成を考えたり、それに合わせて毎月定期的に手動でETFを買付したり、定期的な資産の見直しやリバランスを行うのは大きな負担です。

まして、ETFの積立を10年、20年と続けていく場合、20年間ずっと毎月手動で買い注文を出し続けなければならないのは現実的ではありません。

投資経験者のように、「資産運用を人生の中でとても重要なこと」として考えている人にとっては、自分自身でETFを買付し、少しでも低コストな運用を目指すことを私はおすすめします。

しかし、投資初心者や、「自分の人生で資産運用よりも多くの時間を割きたいことがある」人にとっては、資産運用にかける時間も負担も少ない方が良いのです。

THEOはこうした「大切な時間を資産運用以外のことに使いたい人」向けの商品です。

THEOにまかせておけば、毎月の自動積立で10年でも20年でも、最適なETFを自動的に買付してくれます。

この手軽さを手に入れるための手数料としての「年率1%+税」は決して高い数字ではないと思います。

ちなみに、運用資産が3,000万円を越えると、3,000万円を越える部分についての手数料は年率0.5%と通常の半額になります。

THEOはどれくらい儲かるか利回りを予想

利回り

ロボアドバイザーでの資産運用で、最も気になるポイントは「どれくらい儲かるか?利回りはどの程度になるのか?」という質問だと思います。

結論からいうと、THEO+[テオプラス] 住信SBIネット銀行の実質利回りは大体、年率3%~5%に落ち着くと考えています。

まず、THEOは231通りの運用パターンが存在し、まさに十人十色の運用方針があります。運用する人によって投資方針は違いますから、リスクを抑えて保守的に運用したい人と、リスクを取って大きく増やしたい人では結果が異なるのは当然です。

THEOによると、過去10年弱のシミュレーションによるリターンは、年率4.8%になるとのこと。(手数料控除前のリターン)

しかし、THEOには上記で述べた「年率1%の手数料」が必要ですから、実質的な年率利回りは3.8%だと考えて問題ないと思います。

買うタイミングや運用期間によっても結果は異なるため、年率3%~5%という実質利回りは保証されるものではありません。

しかし、金融庁が公表しているデータを見ても、長期・分散・積立投資を続けることで、長期的には年率2%~8%の利回りに落ち着くことが試算されていることから、THEOによって平均で4%程度の年率リターンが得られるという予測は概ね正しいと思います。

長期積立分散投資による投資収益率
出典:金融庁
※短期的には儲かったり損したりというばらつきが生じるが、長期・分散・積立をすると長期的には投資は儲かることを示している。

仮に、上記の資料の下限となる年率2%の結果になったとしても、定期預金と比べれば圧倒的な利回りで運用できることになります。

ちなみに、THEOが公表しているデータによると、2017年7月20日の時点では、利用者の75.6%が6%以上のリターンをあげており、元本割れとなっているのはわずか8.4%の人に過ぎないことがわかっています。

私自身のリターンも、約1年間の運用ですでに17%以上になっています。

THEOが破綻した場合でも安心

投資初心者の方には、THEOを運営している「お金のデザイン」社が倒産してしまった場合の元本保証を気にされている方もいると思います。

しかし、投資商品は基本的にすべて「顧客資産と会社の資産は分別管理」することが義務付けられています。

つまり、お金のデザイン社の業績が悪くなったからといって、THEOの顧客預り金が流用される心配はなく、運営会社が倒産しても顧客資産は安全に守られます。

また、運営会社が倒産した時にもし資金が返還されない事態になっても、「日本投資者保護基金」によって最高1,000万円までが補償される仕組みです。

もちろんこれは、運用結果で損失を被った場合に適用されるものではありませんが、少なくとも運営会社の破綻に関する心配はしなくても良いということです。

THEO(テオ)のさらに詳しい情報こちら

ウェルスナビ for 住信SBIネット銀行との違い

ロボアドバイザー

住信SBIネット銀行は、2種類のロボアドバイザーを提供しています。

1つが「THEO」であり、もう一つが「ウェルスナビ」です。

どちらも優れたロボアドバイザーで人気です。また、どちらも手数料は同じなので、個人的には両方試してみて気に入った方を選択しても良いと思います。

ロボアドバイザー業界では2大巨頭と呼ばれる、THEOとウェルスナビですが、その違いについてわかりやすくまとめます。

THEO+[テオプラス] 住信SBIネット銀行」と「ウェルスナビ for 住信SBIネット銀行」の決定的な違いは、最低投資金額が1万円か30万円かの違いです。

ウェルスナビは最低投資金額30万円が必要で、投資経験者の割合が多いロボアドバイザーです。一方で、THEO(テオ)は最低1万円からスタートでき、投資未経験者が多くなっています。

資産運用が初めての方や、少額からスタートしたいと考えている方にとっては、敷居の低いTHEOの方が始めやすいです。

また、毎月の自動積立もTHEOなら1万円以上1円単位で細く設定できます。(ウェルスナビは1万円以上1,000円単位で積立金額を設定)

運用方法については、THEOはとにかく細かく売買を行い、ウェルスナビは王道の運用方法を貫いています。

THEOが行う投資戦略は、

の3つが特徴的です。

私自身、THEOのポートフォリオを見て思うことは、とにかく分散投資を積極的におこなうため、保有するETFの数が多いです。

THEOはこれらを微調整し、自動運用をおこなってくれます。

また、インデックス運用に勝ると言われている先進的な「スマートベータ戦略」を取り入れているのもTHEOの大きな特徴です。

対するウェルスナビは、

  • インデックス運用
  • 5通りの運用方針
  • リバランスは6ヶ月ごと、または資産構成比率が5%乖離した場合

という戦略を取っています。

私のウェルスナビのポートフォリオを見て感じることは、保有するETFを必要最小限に減らし、最小の構成で王道の資産運用を行っている印象です。

THEOに対してウェルスナビは、必要最小限でスマートな王道の運用を行うイメージがあります。

このように比較すると、いろいろやってくれそうなTHEOの方がよいと感じるかもしれません。

しかし、投資戦略はどちらが優れているとは言いづらいのが本当のところで、あくまでも参考程度の情報にしか過ぎないことを覚えておいてください。

THEOの採用しているスマートベータ戦略も、理論的にはインデックス運用よりも優れていると言われていますが、本当にそうなのかどうかは未来になってみないとわかりません。

インデックス運用は古臭い運用方法なのですが、歴史ある運用方法なので、最適な運用方法の1つであることを歴史が証明しています。

手数料はどちらも年率1%+税(運用残高が3,000万円を越える部分については年率0.5%+税)でまったく同じです。

敷居の高いウェルスナビには、DeTAXという節税機能が搭載されています。

これは、利益が出た時に、損失が出ている資産を売却し、確定利益を相殺することで、税金の支払いを自動的に先送りする節税機能です。こうした特殊な運用を行ってくれるのは、ウェルスナビならではです。

また、ウェルスナビ for 住信SBIネット銀行は初期投資30万円が必要ですが、お釣りを投資に回せる「マメタス」というアプリを利用できるのもメリットです。

THEOとウェルスナビの違いについては下記の記事でも詳しく解説しています。

THEO+[テオプラス] 住信SBIネット銀行のメリットは?

THEO+住信SBIネット銀行のメリット

THEO(テオ)には直販口座と、THEO+[テオプラス] 住信SBIネット銀行があります。

しかし、両者の違いはほとんどありません。基本的にはどちらも同じサービスなので、運用結果はまったく同じとなります。

THEO+[テオプラス] 住信SBIネット銀行はすでに住信SBIネット銀行の口座を持っている人向けのサービスです。

住信SBIネット銀行の口座を持っていない人は直販口座の選択をおすすめします。大きく違うのは口座開設までのスピードです。

▶現在、住信SBIネット銀行の口座を持っている人
THEO+[テオプラス] 住信SBIネット銀行に申し込むことで、最短翌日の口座開設が可能。最も早くTHEOの利用を開始できる。

また、ロボアドバイザーに月末10万円以上 or 月末100万円以上の入金をすることで、住信SBIネット銀行のスマートプログラムの会員ランクがアップする。

住信SBIネット銀行の口座からダイレクトログインできるので、少し安心感がある。

▶住信SBIネット銀行の口座を持っていない人
THEO(テオ)の直販口座を選ぶことで、最短2営業日での口座開設が完了する。住信SBIネット銀行の口座を持っていない人にとっては、こちらのほうが口座開設が早い。

現在、住信SBIネット銀行の口座を持っていない人が、新たに銀行口座を開設してからTHEO+[テオプラス] 住信SBIネット銀行に申し込んだ場合は、最も口座開設までの日数がかかる。

違いといえば上記くらいのもので、基本的にはすべて同じとなります。

ちなみに、私自身はTHEOの直販口座で運用しています。

THEO(テオ)のさらに詳しい情報こちら

住信SBIネット銀行の公式サイトはこちら